貴方の会社は税務署に5段階の評価でランク付けされている

税務調査
スポンサーリンク

 全国に法人は約250万社以上存在しており、毎年その全部について、税務調査をすることは不可能です。ところで、税務署ではその法人に対してランク付けをしておりまして、そのランクにもとづいて調査に行く法人を選定していることをご存じですか?5段階にわかれる評価をご紹介いたします!

貴方の会社が税務局にランク付けされている?

 いよいよ税務調査のシーズンが近づいてまいりました。

 全国に法人は約250万社以上存在しており、毎年その全部について、税務調査をすることは不可能です。

 そこで、税務署ではその法人に対してランク付けをしておりまして、そのランクにもとづいて調査に行く法人を選定しているのです。

 ランクは大きく5段階で格付けされており、それぞれの意味合いも様々なものに別れます。

 ぜひ、チェックしていきましょう!

 貴方の会社は何ランク!?

税務署が税務調査にあたって付けるランキング

1)Aランク

 Aランクに格付けされているのは、「優良申告法人」と呼ばれる法人です。

 このランクは、毎年億単位の利益を計上し、過去数回の税務調査では特に否認事項もなく、帳簿の保管方法や経理体制が整備されている法人に対して、税務署長が優良であると認めた法人です。

 Aランクになると、5年に一度のペースで税務調査が行われ、いわゆる表敬訪問という形で実施されます。

 税務署の担当者も、疑う目線で来るわけではないので、非常に調査が楽です。

 ただし、この認定を受けるのは、現在ではかなり難しく、各税務署の法人数の5%未満であるといわれております。

2)Bランク

 Bランクに格付けされているのは、準優良申告法人と呼ばれる法人です。

 このランクは、Aランクとほぼ同一規模の法人で、概ね税務署の担当者も好意的に見てくれる法人です。

 ペース的には3~5年で調査が行われ、特に問題がなければ、Aランクに格上げされる法人です。

3)Cランク

 Cランクに格付けされているのは一般法人です。

 ここに位置される法人が最も多く、いわゆる特に利益などが大きくもなく、過去の税務調査でも数点の指摘を受け、修正申告を提出しているが、脱法行為などの逸脱した行為はやっていない法人です。

 一度、重加算税の対象となるような行為を指摘された場合には、次のDランクになる可能性もあるので、十分に注意したいところです。

4)Dランク

 Dランクからは、少し雲行きが怪しい、問題のある法人です。
 
 過去数回にわたって、重加算税の対象となる行為を繰り返した法人がここに位置します。
 
 このランクになると、1~3年おきに税務調査に来られ、調査官も「何かやっているな!」という目線で見てきます。

 そうなると、AランクやBランクでは見逃してくれることも、容易には見逃してくれません。

5)Eランク

 このランクになると、完全に疑いをかけられた、「特に問題のある法人」です。

 毎年税務調査が入ります。

 しかも、かなり疑って来るし、調査官の人数も、調査の日数も十分に取ってくるため、重箱の隅までつつかれることになります。

 Aランク同様、数的には全体の5%未満ですので、普通に会計処理をしていれば、まずこのランクにされることはないでしょう。

重加算税の対象になることは絶対に避けよう

 皆さんの会社がどの位置にいるのか、ある程度理解されたうえで税務調査に臨まれるのが、税務調査を乗り切りコツとなります。

 なお、ランクの説明でお解かりかと思いますが、とにかく“重加算税”の対象になることは絶対に避けることです。

 この履歴は税務署に残り、それが引き継がれることになるからです。

税務調査
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
株式会社C Cubeコンサルティング

株式会社C Cubeコンサルティング/税理士法人C Cube
代表取締役/代表税理士 清水 努
昭和41年(1966年)10月28日生まれ(ひのえうま)

C Cube(シーキューブ)は銀座に創業20年の実績を持つ経営コンサルティングが強みの
会計事務所グループです。
『惚れられるサービスを心がける』を経営理念・社長信念とし、企業の経営者にとって
良き参謀役であるために、社長自らが行動し全力で伴走中。

毎週金曜日に社長ブログ『孤独な経営者の為の元気力』、月曜日に『知って得する!1分で読める税務・労務・法務の知恵袋』を配信中

株式会社C Cubeコンサルティングをフォローする
節約社長