優秀な◯◯さんが辞めたくらいで会社が潰れることなんて無い!

朝会社に行くと従業員全員が会社を辞めていた

 今日は、従業員さんが辞めても会社が倒産しないワケというのを、話のテーマにしてみようと思います。

 もう10年以上前の話になりますけれど、とある会社さんの顧問をやっていた時のことです。

 従業員さんが6人いたんですけれども、社長が朝会社へ行ったら、その従業員さん6人とも全員が置き手紙をして、一斉に辞めていたという会社さんがあったんですよ。

 まぁ社長さんもビックリですよね、6人全員に一気に辞められた訳ですから。

 ですが、その会社さんは今でも経営してらっしゃいます。今は従業員さんが20人弱位ですかね。そのくらいの規模になって、無事に生き残っています。

赤字企業の従業員によく見る典型的な癖とは?

 従業員さんが辞めても、それが直接的な原因となって会社が潰れるという現象は、理由は後で話しますが、実は非常に少のうございます。

 ところが、従業員さん側は「オレが辞めたら、この会社終わりだぞ!」みたいな感じで働いてらっしゃる方も、結構多いのでは無かろうかと思います。

 中小企業は7割が赤字企業なんですが、赤字企業に勤める典型的な従業員さんの特徴というのがあります。

 それは、「社長は分かってない」みたいなことを、事ある毎に言う癖があることです。

 例えば居酒屋でも、よくこの手の話をしている従業員さんをお見かけします。

 「〇〇さんや自分たちはわかっているんだけれど、社長はわかってないよな〜」みたいな話が出るのですが、これは典型的な赤字企業に勤める従業員さんの口癖なんですよ。

 それでですね〜、赤字のまっただ中にある中小企業の従業員さんは、本当にこういう話が大ッ好きなんですね。

  自分たちは分かっている。

  〇〇さんも分かっている。

 この〇〇さんが、結構どこの赤字企業にもいらっしゃいまして、

  〇〇さんが辞めたらうちもオシマイだぁぁ!この人が会社を辞めたら絶対会社が潰れてしまうぅぅ〜!

 というようなことを、本気で考えてしまっているんですね。

◯◯さんがいないと従業員達が困る本当の理由

 なぜこのようなことが起きるのかというと、従業員さんの立場の時は、確かにこういうことを思う時っていうのがあるんですよね。

 というのは、従業員の作業レベルで物事を見ていますから、〇〇さんていうのは、大体が自分たちのリーダーであったり、仕事が早い人であったりする訳です。

 従業員さんから見ると、その〇〇さんがいなくなってしまうと、仕事(作業)が回るのかどうなのか、不安で仕方ない訳なんですよね。

 仕事や作業が回らなくなるから、要するに自分も困るっていうね。

 〇〇さんがいなくなったら自分も困るという、そういうレベルでしか物事を見られないですから。

 これが普通の中小零細企業の従業員さんなんですよ。

 ところが作業が回らなくても、会社は潰れません!!

 この事実は、大企業にいるほど理解できる事です。

 何故かと言うと、大企業にはストライキがあるからです。ストライキが起こって作業が止まることがありますから。

 でも、ストライキごときで、数日会社が止まったところで、会社は潰れません。

 中小零細企業の従業員さんはストライキやったりしませんから、わからないんですね。

 作業が回らないくらいで会社は潰れないし、中小零細企業でやっている仕事なら、外注使えば簡単に済むんですよ。

 外注に出して、例えば経費が2割多くかかったって、経営者側としてはそんなことナンってこと無いんですから。

 それを理解せずに文句を言ったところで、社長さんと従業員さんのすれ違いで生じた溝は埋まりません。

社長が新規を取れる会社は自動修復能力を持つ

 それからもう一つ、組織には修復能力が備わっています。

 誰が辞めてもどんなエースが、どんなスーパースターが辞めても、組織というのは面白いもので、3ヶ月もすれば自然に自動修復しちゃいます。

 この現象が起こる会社には、ある特徴があります。

 既存の取引先というのは必ず取引量が減っていきますから、新規を必ず取るのが会社の使命です。

 自動修復できている会社で、この新規の営業を取っている人は誰かというと、中小零細企業の場合は社長です。これに会社の看板、会社の信用、この3本柱があれば、会社は簡単に自動修復しちゃいます。

 新規の営業を取って回っているのが社長だとしたら、会社の看板も社長のもの、会社の信用も社長のものですから、会社の誰かが辞めたくらいで潰れる訳がありません。

 でも、自分どうしても営業出来ないな〜、不得手だな〜、って言うんだったら、やっぱり営業のできる素直で優秀なナンバー2を横に付けたほうが良いと思います。

 要は、将来のあなたの会社の後継者候補ですわ。そういう人に決済の一部とか権限を渡してチャレンジしてもらって、成功したらちゃんと対価を払ってあげましょう。

 「お前に将来任せるからな。今はお前のケツは俺が拭くから、失敗を恐れずどんどんチャレンジしてくれ!」っていう感じで…外から見るとなんかイケてないヒモみたいなんだけれど(笑)、それで良いんです。

 ちゃんと本人を認めてあげて、育ててあげてください。大将は今のところ俺なんだけれど、一軍率いる将軍はお前だよって。

 ですから、社長さん方で、東京の都心の方ではあまり見かけませんが、ちょっと離れたところに行くと、変な従業員さんに妙に気を使いながら、経営している社長さんがいらっしゃるんですけれど、はっきり言います。

 別にその人が辞めても、会社なんて潰れないですから。

 そこまで気を使って、カンチガイ社員を置いておく必要は全く無いですから、本当に自信を持って経営をしてくださいね。

 
経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タナカキミアキ

売らない営業マン タナカキミアキ

YouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」で、
中小企業経営のこと、起業のこと、経理のことを、
顧問先法人100社・個人事業者50名を抱える現場目線で
お話しています。

所有資格:

日商簿記検定1級
全経簿記検定上級
全商簿記検定1級で簿記検定3冠王、
税理士
簿記論・財務諸表論で簿記4冠&簿財番長
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナー
かわいらしい秘書検定2級
普通自動車に普通自動二輪
みんなの安全を守る甲種防火管理責任者
珠算3級
よく分からん情報処理検定2級

…などプチ資格オタク

妻は「あおば会計税理士法人」代表税理士の田中朝代。

18歳の時に簿記1級のクラスで出会って、
15年後になぜか結婚しました。

中小零細企業の経営に関しては夫婦揃ってめっぽう詳しいので、
ガンガン講義やっていきます!

田中でよか人用 
直通電話:03-5942-8225
E-Mail:kimi@kimi3.com
 
「起業酔話」月間再生時間9,000時間(毎日300時間)突破!感謝です!

「起業家たちによろしく」も絶好調!

あおば会計税理士法人
野方事務所 中野区野方3-30-5-1階 03-5942-9982
沼袋管理部 中野区沼袋3-2-12-1階 03-5942-8225

タナカキミアキをフォローする
節約社長