社内報制作者に求められる俯瞰的で社内の多様性を認める視点

社内報の作成に求められる経営的な視点と役割

 はじめまして。

 日本で唯一の総務・人事専門誌『月刊総務』の編集長を勤めております、豊田健一と申します。

 さて、総務部門で行われる業務の一つに「社内報の制作」があります。

 皆さんの会社でも、従業員の皆さんへ向けて社内報の制作を行われているのではないでしょうか。

 社内報はその役割について、いろいろな捉え方があります。

  • ・「社内報は経営の戦略的ツール」である
  • ・「社内報はタテ・ヨコ・ナナメのコミュニケーション・ツール」である
  • ・「社内報は会社の中枢神経」である

 経営の視点から見ると、大体この3通りで社内報の役割を捉えている方が多いようです。

社内報は俯瞰的な視点から作られる必要がある

 さて、社内報とはそもそもどのようなものなのでしょうか?

 社内報はどうあるべきなのでしょうか?

 更にはどうすると、社内報の効果を高めることができるのでしょうか?

 これらの質問に答えるためには、幾つかの考えるべきポイントがあります。

 まずは、社内報をどこまで遡って考えながら作成するかについては、次元をあげて考えて行く必要があります。

 社内報、社内広報、社内コミュニケーション、というように経営の上位概念に遡り、そこから俯瞰的に社内報について考えていく必要があるのです。

 次に、トータルで考えることが重要になります。

 次元をあげることにも繋がりますが、 社内コミュニケーションの全てのツール、メディアの中での位置づけ、役割を考えていくべきなのです。

  社内コミュニケーション・ツール、全てのツールの中での優位性を把握し、 逆にその限界も把握することもポイントです。

 コンテンツの内容と、ターゲットとなる読者、それぞれに適したツールの選択も必要となります。

働いている人の多様性を踏まえることが最重要

 最後に「働く人」という視点が、社内報を作成する上では一番重要になります。

  人の積み上げが組織となり、その集合体が企業となるからです。 その最少単位である「人」をどのように捉えるか、これが最も大切なポイントなのです。

 画一的に捕らえるのではなく、社内で働く従業員それぞれが異なった価値観を持ち、関心・興味の対象も違う、ということを認識しなければなりません。

 私達は皆、グローバル化の進展により、異なった文化の中で育ってきた個々人です。

 誰ひとりとして、同じ従業員はいないという事実をしっかりと把握することが、社内報の制作者には求められます。

 次回以降は、どうすれば良い社内報を制作できるか?という話題で、複数回のコラムをお届けしたいと思います。

効率化
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
『月刊総務』編集部

私達は日本で唯一の総務・人事専門誌『月刊総務』を運営しております。

総務部門の指針として読まれてきた『月刊総務』は、2013年に創刊50年を迎えました。

私たちは総務部門を、サービス部門ではなく戦略部門だと考えています。

社会の変化が激しい今、企業のナビゲーター役へとその役割を変えようとしている総務部門。その価値を改めて問い直し、今後の総務のあり方に迫るべく、その<考え方>と<企業事例>、<実務ノウハウ>を柱としたリアリティーのある誌面づくりを目指しています。

〜『月刊総務』ってこんな雑誌〜

▼ 2つの特集
総務の「今」と「これから」に大切なテーマを専門家の知見や企業事例で解説します。

▼ 総務のマニュアル
完全保存版の実務・ノウハウ集です。具体的な実施手法、規程や書式の雛形まで用意します。

▼総務の引き出し
総務や人事のご担当者が日々直面されるあらゆるシーンについて最新トピックスを公開します。

▼多くの他社事例
「トップインタビュー」や「総務の現場」等で多くの企業を取材し紹介しています。

『月刊総務』編集部をフォローする
節約社長