売るランディングページを制作するための5つのポイント

集客

こんにちは。ブリッジワークの高橋です。

サービス業を営むメンバーから、「Webサイトでランディングページを作ったのですが、全然反応が取れないので、一度見てもらえますか」という問い合わせをいただきました。

ランディングページとはWebサイト上で、例えば購入とか、予約とか、サンプル請求とか、資料請求とか、具体的な行動を求めるページのことを言います。

販売ページとかセールスページとか呼び方はどうであれ、目的にしているのは行動ですから、基本になるのはセールスメッセージということになります。

売るランディングページの5つのチェックポイント

そこで今回は、この「売るランディングページの5つのチェックポイント」と題して、ランディングページの反応がイマイチだなぁと思うときに、確認してほしいポイントを5つ紹介したいと思います。

①ヘッドライン

まずセールスメッセージである以上、1番目はやはり「ヘッドライン」です。

「キャッチコピー」とも呼ばれますが、セールスのメッセージというのはとにかく読んでもらえなければ何もおきません。
どんなに素晴らしい商品であれ、相手に読むという行為をしてもらえなければ、望む結果は得られません。
その武器になるのが「ヘッドライン」です。

特にWebサイトの場合は、ヘッドライン1つで、反応が2倍になったり、3倍になったりということは全然珍しくありません。
ですから、この「ヘッドライン」は最初に確認すべき点です。

②オファー

ヘッドラインの次に確認しなければいけないことは、「オファー」です。

「オファー」というのは、そのページであなたが提示している取引の条件のことです。
この取引の条件が魅力的でなければ、行動は起きません。

たとえば、買い物に行って、ある商品がいいと思っても、得られる価値と価格を比較して、価格よりも得られる価値の方が多く感じられなければ財布を開けません。

これはランディングページでも同じで、Webサイトの場合は、具体的にこのオファーに応じてくれた時に、具体的な行動を取ってもらうわけです。

そして、注文ボタンとか、注文を取る方法はとてもわかりやすく表示してください。
注文ボタンの色を変えただけでも、反応が変わってしまったりするので、このオファーと注文ボタンをcall to action と言ったりしますが、必ずセットに考えてください。

③入り口と出口を一つに絞る

3つ目は、入り口と出口を1つに絞る。

読んでほしいターゲットをあっちの人もこっちの人もと欲張ったら絶対にダメです。
必ず入り口を一つに絞る。そしてとってほしい行動を1つに絞る。
ターゲットとそのターゲットに取ってほしい行動を1つにしましょうと言うことだけなのですが、複雑にしてしまう人がとても多くいます。
これはWebサイトに限らず、セールスメッセージの絶対条件です。

不要なリンクを絶対張らない

これもよくやってしまうのですが、入り口と出口の間に不要な出口をたくさん作る、要するに不要なリンクを絶対に張らないことです。

良かれと思って、その情報の提供先などのリンクを張っている人がいますが、営業している途中で、「トイレに行きますか」と聞いてることと同じようなことです。
自分のセールスに集中してください。
せっかくこのページに来てくれたのに、途中で出てしまうようなリンクを絶対に張ってはいけません。

自分のサイト内のリンクでもダメです。

ランディングページの目的は最後に注文ボタンを押してもらうことです。あるいは電話をしてもらうことです。
そのために不要なリンクで注文の機会を逃すのは絶対ダメです。

④デザイン

4つ目はデザインです。
スマホフレンドリーと言われている昨今、多くのビジネスがスマホで検索されます。
特にB2Cのビジネスの場合はほとんどスマホで検索されます。
スマホの小さな画面でセールスのメッセージを読ませなければいけないわけですから、デザインはすごく重要です。

デザインの一番重要なポイントは読みやすいかどうかということです、
業者さんに頼んで、作成してもらった販売ページは、必ずPCとスマホとタブレットで必ずチェックしましょう。

特に自分のターゲットがスマホの人がほぼ8割だとしたら、PCを多少犠牲にしてもいいから、スマホできれいに見えないと意味がないので、この辺りを気を付けて下さい。

⑤導線とのマッチング

5番目は導線とのマッチングです。
どうやってこのランディングページに連れてくるかかということです。

例えば広告を使って、今日初めて来た見知らぬ人との出会いで、このランディングページがあるのか、それともすでにあなたの商品やあなたのことを知っている人で、例えばブログ記事をシークエンスにして、ランディングページに連れてくるのか、誰をどんなルートでどのようにランディングページに連れてくるのかによって作り方が全然変わります。

例えば、ブログの縁でランディングページへ連れてくるのであれば、セールスページはブログの前半の部分で十分伝わっているはずですから、ランディングページはなるべくストレートに商品の紹介に入っていったほうがいいわけです。

広告を出して、ランディングページに誘導してきた場合は、作り方が変わります。
もっと厳密に言うと同じ広告でも、PPC広告で連れてくるのとFacebook広告で連れてくるのとでは属性が違いますから、ランディングページの作りは変わらなければいけません。

例えばお金を借りたいというときに、バス停で並んでいる見知らぬ人に頼むのと家族や友人に頼むのとでは、頼み方が全然違いませんか。
使う言葉遣いも違えば、伝える内容も伝える順番も全部変わるじゃないですか。

これを忘れがちですが、ランディングページも同じことです。

まとめ

今回は反応が取れるランディングページの作り方についてでした。適切なヘッドラインに、魅力的なオファーと適切な注文ボタン、そして3つ目は入り口と出口を1つにする、4つ目はデザイン、5つ目は導線とのマッチングということです。

ランディングページを作る場合はこの5つを確認してみてください。

売るランディングページ5つのポイント
集客ITマーケティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長