海外の成功例に学ぶ YouTube動画で自社を節約アピールせよ!

集客

 日本ではまだ見慣れないが、海外では中小企業やベンチャー企業がYouTubeを無料活用し、動画で支持者を獲得する成功例が続出している。検索エンジン会社(google,yahoo等)が動画を優遇するようになっているため、TVや新聞よりもお得に効果的なプロモーションを行えるチャンスが広がっている。

スポンサーリンク

YouTubeの時代 中小企業にチャンスあり

 ウェブサイトの数は日々莫大なペースで増え続けており、競争は激化し続けている。
 
 サイト自体は無料で作れる時代になったが、検索エンジン(google,yahoo等)から人を集客するための広告費は年々コストがあがっており、結果が出るかわからないSEO対策に莫大なコストをかけることも大きなリスクとなっている。
 
 そこでオススメしたいのがYouTube動画を作成し、効果的に自社プロモーションを行うことである。
 
 最近、Googleでキーワード検索を行うとYouTube動画が一番上に出てくることが多くなったと感じないだろうか?
 
 実はスマートフォンの利用拡大と共に、検索エンジンがYouTube動画を高く評価するようになっているのである。

 インターネット利用人口が全世界で30億人を超え、動画は言葉を超えて共有できる価値あるコンテンツのため、インターネット上で高く評価される傾向が継続すると見込まれる。

 YouTube動画の領域は、中小企業にとって広告コストを抑え、自社を効果的にアピールできるWeb上のブルーオーシャンなのだ。

スポンサーリンク

YouTube動画で成功したトイレの臭い消し

 海外ではスタートアップ企業が自社アピールの場にYouTubeを選択し、商品をヒットさせた例が既に数多くある。
 
 筆者の大好きな成功例を一つあげる。

Poo Pourri(プープリ)〜トイレの携帯臭い消し〜

節約社長
画像:poopourri社HPより http://www.poopourri.com/

 プープリは英国の演劇学校に通う生徒が開発した、トイレで用を足す際に使用するオイルベースの消臭スプレーである。
 
 使用方法はトイレの前にシュッと便器へ一吹きするだけだ。通常の消臭スプレーが有する「やってしまった後に臭いを消す」という概念に対して、プープリは「事前に臭いを防ぐ」というコンセプトで商品を作ったことが見事にあたった。
 
 商品が良いものであるのはもちろんだが、プープリ大ヒットの理由はYouTube動画で自社商品を効果的にアピールできたことにある。

 英語でわかりにくい方もいらっしゃるかもしれないので、動画で上品なイギリス女性が「上品なイギリス英語」でどんなことを話しているか、以下簡潔に紹介する。
 
節約社長
「たった今私が落とした半端ないアレ・・・あなたはきっと信じられないことでしょう。」
節約社長
「出来ればなかったことにしたい。私の洞穴がモンスターを産み落としてしまったことなど。」
節約社長
「かぐわしきこの香り・・・まるで300頭の牛がイナナク牧場のようですわ」
節約社長
「プープリなら、アレのハズカシイ臭いを発生源からカット。彼氏との関係もうまくいきますわ。」

 日本人にはわかりにくいかもしれない、イギリス人のツボをおさえた動画は、実に3,000万回以上の再生回数をこれまでにたたき出し、それに伴いプープリも450万本以上の販売を記録している。

スポンサーリンク

成功の入り口はFun!顧客を楽しませよう

 日本ではYouTube動画から中小企業の商品ヒットが生まれた例がまだまだ少ない。単なる自社PR動画や商品の機能説明をする動画など、自己満足で終わっているものばかりだからだ。
 
 重要なのはターゲット(ペルソナまで描き)に、自社または商品の特徴を、どのように楽しんで知ってもらえるか?という顧客視点からの動画作成である。自社のファンになってもらうためには、まずFun(楽しんでもらう)を体験してもらうことが必要なのだ。

 TVや新聞、Web文字広告に比べれば、YouTube動画で見込み客を作るのにかかるコストは現時点で限りなく小さく、ファンを作るという意味でリターンは大きい。
 
 もちろんプープリほど手の込んだ広告を作ることは難しい場合もあるが、アイデア次第で顧客にFunを与え自社(商品)をアピールすることは十分可能である。
  
 まだまだ中小企業の効果的な導入事例も少ないため、今のうちから施策を組むことは懸命だ。

集客
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長