当選26人!NHKから国民を守る党が躍進した理由に学ぶ圧倒的差別化

マーケティング
スポンサーリンク

こんにちは島倉です。

今回は、統一地方選でNHKから国民を守る党から26人も当選できた理由、そこから得られるビジネスのヒントについて話をしたいと思います。

NHKから国民を守る党の躍進をビジネスに生かそう

NHKの実態

NHKから国民を守る党とは初めて聞くとなんだ思うかもしれませんが、今NHKが本当にひどいことになっています。

偏向報道とか、日本を貶めるような報道ということもありますが、それ以前にNHKと受信契約をしますが、その契約業務がメチャクチャなんです。

NHKの職員が来るわけではなく、下請け会社に発注しています。その下請け会社がどういった人かと言うと、本当に筋の悪い人を雇っているわけです。

家に訪問するのに、早朝とか、夜10時などの遅い時間に訪問したり、チャイムを何回も鳴らしたり、恫喝、脅迫をしたりしています。

NHKでは大きく報道されませんが、女性の家に行ってレイプしたり、泥棒したり、そんな事件が山ほどあります。

ですから、NHKの人だからといって信じてはダメ、というのはもう常識になっています。

NHKから国民を守る党・党主の立花孝志はアイディアマン

NHKから国民を守る党の党首は、元NHK職員である立花孝志さんです。

この立花さんはちょうど私がYoutubeをはじめたころから気になっていました。

最初は今より、もっと過激でした。

NHK集金人が怒鳴ったり、私人逮捕したりという動画がありますので、「立花孝志」で検索するか、NHKから国民を守る党で検索すればいくらでも出てきます。ぜひ一度動画を見てみてください。

 

なぜNHKから国民を守る党が躍進したのか

NHKから国民を守る党はシングルイシューを取り上げた

まず、NHKから国民を守る党を躍進させた勝因の一つ目は、シングルイシューを掲げて大衆に訴えかけたことです。

シングルイシューというのは、たった一つの政策、要するにスクランブル放送のことを言っています。

水道や電気など生活に必要なインフラは、お金を支払わなかったら止められてしまいます。

NHK受信料はそこまで生活に必要ではないののに、テレビを持つ人全員が払わないといけない仕組みになっています。ただし、電波はお金払えなかったら止めることが出来ます。

スクランブル放送という技術があるからです。

ところがNHKはとにかく金が欲しいから、この技術を入れようとしません。

あらゆる人にお金を払うよう迫って、集金人を送り、契約を無理やり取ってきているわけです。

このイシューにフォーカスして、NHKから国民を守る党は躍進しました。

トレンドを掴んだYoutubeの活用

2つ目の勝因はYoutubeをうまく使ったことにあります。

立花孝志さんは初期の頃からYouTubeを使って、意識されてユーチューバー的な活動をされていました。

チャンネル登録者数も13万人いらっしゃるので、Youtubeの再生回数も非常に多く、ネットで多くの人が見て共感しているので、地域によっては今回ほとんど選挙活動をしていないのに当選しています。

立花さん自身もYoutubeの貢献が大きかったというようなことをおっしゃっています。

決定的な勝因は圧倒的な差別化、圧倒的な売り

ここから何を読み取るかですが、このNHKから国民を守る党の決定的な勝因は、圧倒的な差別化、圧倒的な売りにありました。

例えば自民党、立憲民主党の政策を見てください。

「NHKから国民を守る」とは誰も言っていません。

これは、圧倒的な差別化で圧倒的な売りです。

そして他の政党が苦手なYoutubeをうまく使ったので、うまくいったんです。

これがマーケティングです。これで拡散していったわけです。戦略としては優れたアイディアマンのやり方だと思います。

NHKから国民を守る党の手法はビジネスでも同じように使える

新しいトレンドを活用する

選挙もビジネスも全く一緒です。

圧倒的な売りを作って拡散させていくYoutubeは、あらゆるビジネスで有効です。

以前みんなユーチューバーになるべきだという話をしたらものすごい批判が来ましたが、私はむしろ全国民がユーチューバーになるべきだと思っています。

ビジネスをしている人はYoutubeを活用すべきだと思います。

なぜなら、明らかに見ている視聴者がテレビからYoutubeに移ってきているので、スポンサーもYoutubeにものすごい広告を投下してるわけですし、Youtubeでみんな稼いでるわけです。

それだけYoutubeに金が動くということはそこに視聴者がいるということです。

圧倒的な売りをアピールする

ただ、それには先ほども言った通り圧倒的な売りを作ってから拡散させていく必要があります。

ビジネスでも政治でもどんな分野でも稼ぐ方法は一緒です。

今回のNHKから国民を守る党の勝因は、圧倒的な差別化ポイントを使ってYoutubeを使い倒したことにあります。

ぜひ、あなたのビジネスでもこのノウハウを活かしていただければと思います。

 
マーケティング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

1974年生まれ。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了 MBA。さらに、博士課程に進学して、博士号取得。博士号取得後、外資系・国内独立系コンサルティング会社を経て、株式会社マーキュリーコンサルティングを設立。

経営コンサルタント業界の異端児として、全国延べ1600社以上の会社やひとりビジネスを支援する。また、財団法人埼玉県中小企業振興公社をはじめ、各都道府県中小企業振興支援センターの専門家として、中小零細企業の経営支援や独立・創業支援をする傍ら、全国の大学、商工会議所、商工会、青年会議所、金融機関などの主催による講演会の講師として活躍し、あらゆる業界で勝ち組企業や成功者を生み出している。更にトップアフィリエイターとしても活躍。キャンペーンの報酬ランキングに常に上位ランキングしている実績を持つ。現在、年収1億円起業家を輩出するため、日々コンサルティングに奔走している。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

個別コンサルティングお申込みは、こちらから

完全放置アフィリエイト塾お申込みは、こちらから

パーフェクトマインド口座お申込みは、こちらから

島倉大輔をフォローする
節約社長