3年で軌道に!ビジネスのスタートアップを快適にする3つの流儀とは?

起業

こんにちはブリッジワークの高橋です。

これからビジネスを始める。というときに何か心に留めておくべきことはあるでしょうか。
これは、ある方から頂いた質問です。
ビジネスのスタートアップの時期に、絶対に忘れてはいけないのは「フルアクセル」と言うことです。
これは本当に私の主観ですが、ビジネスを始めて、3年で軌道に乗せることができないと、かなり高い確率で沈没してしまいます。この時期に目の前に現れてくるのは壁ばかりです。
壁にぶつかったと言いますが、この時期に出てくるのは壁ばかりです。その壁を次々とぶち破ってきっかけをつかまなければいけないわけです。

スポンサーリンク

スタートアップの流儀

もう本当にがむしゃらにやって、次は、次は、という姿勢が必要です。

この時期は手持ちのデータがゼロです。
だからいろいろやってみて、結果を見る、データを増やす。
とにかくこういったことがとっても重要な柱です。

誰にでもあることで、これ以外にもビジネスを始める時に考えておいて欲しいことは山ほどありますが、次の3つを選んでお伝えさせていただきました。

流儀その1 迷わない

1つめは、迷わない。常に迷わない。

残念ながらビジネスの正解をもっているのはお客様だけです。僕たちの中にはないわけです。
ただ僕たちが頭を悩ませていても正解は分かりません。
だからとにかくやってみる。

aかbかを迷ったら、aもbもやってみて、結果を見るということです。
その結果はデータです。

データが増えれば増えるほど確率が上がってきます。
だからまあこの時期は本当に迷わないでください。

動きながら迷っている人はいないわけです。
迷ってしまうと行動が止まります。なので、ここは迷わずとにかくやって結果を見る。

そして、結果を見る。データを増やすということに専念してもらえればと思います。

流儀その2 常に顧客側から見る

2つ目は、常に顧客側から見る。

ビジネスのスタートアップの時期は、私はこんな理想を実現したいとか、私は使命を持ってビジネスを行いますとか、どうしても自分が前に出てしまいます。
その心意気はOKです。

でも、売り手の理想や理念や使命にお金を払ってくれるお客さんはいません。

お客様の願望を満たすことで対価を受け取る、これがビジネスの本質です。

先に来るのはお客様の願望を満たすことなんです。

これができて初めて理想だのが実現できるわけじゃないですか?
ですから起点は常にお客様の側にあります。

僕たちがビジネスを見るときには、必ず自分が自分がではなくて、お客様はどうかということを考えていかなければいけません。

流儀その3 常に次に何をするかを考える

3つ目は、常に次に何をするかを考える。

ビジネスの目的は常連客を量産することです。

あなたのファンをとにかくたくさん作ることですが、お客様はいきなり常連客にはなってくれません。
いきなりファンにはなってくれません。
だから次に常連客に至る階段を作るということです。

・問い合わせをいただいたら、次に何をするか。
・初めて購入してくれたら、次に何をするか。
・断られたら、次に何をするか。

この次にこれから得る仕組みをつくっていく。
スティーブジョブズが言う「点と点を線にする」という結果につながるわけです。

スポンサーリンク

3つの流儀を心に留める

3つの流儀をお伝えさせていただきましたが、いかがでしょうか。

これからビジネスを始める方、もっともっとビジネスを成長させたい方、ビジネスのやり直しが必要な方。
いろいろな方がいらっしゃるかもしれません。

でもこの3つを少しでも心に留めておいてください。
この3つを心に留めておいていただけるとスタートアップを快適に過ごせるんじゃないかと思います。

今回はビジネスのスタートアップを快適にする3つの流儀。
このような内容でお伝えしてみました。

 
起業
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長