節約 社長

顧客

既存客を失わぬために〜この3つの質問が顧客離れを防いでくれる 

既存客を失わぬために〜この3つの質問が顧客離れを防いでくれる 

 あれほど仲の良かったカップルが離婚します。厄介なのは小さな不満が積もり積もったパターンで、感情の糸がもつれているので、お互いを非難し揉めます。でも、ビジネスの世界で小さな不満を募らせたお客... 

限りなく売上が『永遠の0(ゼロ)』の開業時は下請けに組み込まれぬチャンス

限りなく売上が『永遠の0(ゼロ)』の開業時は下請けに組み込まれぬチャンス

 開業当初の方は、「全く売れなくて、仕方がなく下請け構図の中に入るしかない」という経験をします。しかし、売上が限りなく『永遠の0(ゼロ)』で続くように思える時こそ、下請け構図に入らないで、事... 

貴方にお金を払わない人はお客様ではありません〜相手にするだけ心が壊れる

貴方にお金を払わない人はお客様ではありません〜相手にするだけ心が壊れる

 起業してから10年経って生き残れる確率は10%程度。生き残れなかった人の状態をよく観察すると、彼らが如何に”タダ仕事”を受けていたかがわかります。商売上、最大の資産は「お金を払ってくれるお客様」... 

ホリエモンさんは起業なんて簡単って言うけれど…会社続けるのはやっぱり難しい!

ホリエモンさんは起業なんて簡単って言うけれど…会社続けるのはやっぱり難しい!

 AIの台頭による仕事の自動化、雇用情勢を巡る法律の変更、それに伴う働き方の多様化など様々な要因が重なり、今年の春は起業ブームが起きそうです。「起業なんて簡単」とホリエモンさんをはじめ、起業家... 

五輪のメダリスト達から学ぶ 人を動かす広告に秘められた「2つのE」の力

五輪のメダリスト達から学ぶ 人を動かす広告に秘められた「2つのE」の力

 どんなに辛くて惨めな思いをしても諦めず、ついにはオリンピックの舞台で栄冠を手にしたメダリスト達。彼らを行動に駆り立てたのは、コーチの理屈でも大量のデータでもなく、「悔しい」と「嬉しい」とい... 

自分にとって望ましくない嫌な客は最初から断ると決めて良いか?

自分にとって望ましくない嫌な客は最初から断ると決めて良いか?

 自分たちの価値観や商品に合わない客は最初から断りたい、これは商売をやっている方なら誰もが思うことです。一方で、顧客の選別基準を考える時は、単純に「〜な人に今持っている商品を売る」と考えたの... 

「社会の底辺の人とは関わってはいけません」顧客選択は商売の命

「社会の底辺の人とは関わってはいけません」顧客選択は商売の命

 去年の夏、akiさんという方が書いた「社会の底辺の人とは関わってはいけません」というブログが炎上しました。この炎上に一番共感した層の人、それは経営者でした。たしかに、商売では「質の高い顧客との... 

いきなりステーキの肉マイレージ制度が成功した2つの理由〜えこひいきマーケティングのススメ

いきなりステーキの肉マイレージ制度が成功した2つの理由〜えこひいきマーケティングのススメ

 日本人は「和をもって尊しとなす」よろしく、商売においても、「お客様はみんな平等」「みんな同じように扱うのが良い商売人」と考える傾向があります。しかし近年、顧客別にサービスを差別する「えこひ... 

接客業のHP・ブログで伝えるべきは、商品・サービス以上に「誰がやってるか」

接客業のHP・ブログで伝えるべきは、商品・サービス以上に「誰がやってるか」

 ホームページやブログから直接お客様に問い合わせをもらいたのに、なかなかもらえないという方はいらっしゃいますか?もし、そのような状況なら自分のホームページやブログをもう一度振り返って見てくだ... 

あなたのお客様はお金持ちですか?一般大衆に嫌われても顧客選択で妥協するな

あなたのお客様はお金持ちですか?一般大衆に嫌われても顧客選択で妥協するな

 事業を始める時、1番最初に考えるべきは商品・サービスというのが常識ですよね。しかし、キミアキ先生は商品・サービスを考える前に、どのような顧客層を狙った仕事をするべきか考えるように勧めます。な... 

新規顧客のリピートを実現させる古典的、かつ誰も本気でやっていない方法

新規顧客のリピートを実現させる古典的、かつ誰も本気でやっていない方法

 新規顧客を1件(1人)獲得するための諸費用を積み上げると、大抵のケースでは驚くほど大きな金額になります。つまり、利益を出すためには、1度購入してもらった顧客に必ずリピーターとなってもらう必要が... 

MAやAIを駆使してもコミュニケーションに心がこもってなければ顧客は離れていく

MAやAIを駆使してもコミュニケーションに心がこもってなければ顧客は離れていく

 マーケティングオートメーションやAIの「チャットボット」のように、人とのコミュニケーションを代行してくれるサービスが普及しつつあります。しかし、コミュニケーションに心がこもってなければ顧客の... 

「クレームを言ってきたお客様こそ大切にしろ!」を真に受けるな

「クレームを言ってきたお客様こそ大切にしろ!」を真に受けるな

 ビジネス書を見ると、「クレームを言ってくるお客様ほど大切にしなさい」「クレームの中にあなたの会社が成長するヒントがある」という言葉が多くあります。ただし、クレームを言ってくるお客様の中には... 

年数いってるのに「とにかく新規客を獲得しろ」と言ってる企業はヤバい

年数いってるのに「とにかく新規客を獲得しろ」と言ってる企業はヤバい

 ビジネスにおいて新規顧客の獲得は非常に重要な行動です。しかし、ある程度の年数を経て事業を運営しているのに、売り上げがなかなか上がらず、新規顧客の獲得が最優先となっているなら、それは少しマズ... 

スターウォーズ生誕40周年〜ファンが映画を愛して止まぬもう1つのワケ

スターウォーズ生誕40周年〜ファンが映画を愛して止まぬもう1つのワケ

 今日、5月25日は、スター・ウォーズシリーズ第1作『スター・ウォーズ』が、ちょうど40年前にアメリカで初公開された日です。オタク心をくすぐるキャラ、家族愛に満ちたストーリー、はもちろん、同シリー... 

覚えやすいブランドネーミングを構成する3つの要素と8つのチェックポイント

覚えやすいブランドネーミングを構成する3つの要素と8つのチェックポイント

 商品やサービスをブランドとして認知してもらうためには、まず覚えやすいネーミングを付ける必要があります。顧客は「見た目」、「読み方」、「意味」の3つの構成要素でネーミングを覚えます。この3つ... 

ライバルとの違いを明確にするバリュープロポジションの抽出方法

ライバルとの違いを明確にするバリュープロポジションの抽出方法

 たとえ良い商品やサービスを開発しても、売れるとわかればライバルは皆真似をすることでしょう。従って私達は常に、顧客に対して「どのような価値を提供しているか」ということについて、ユニークなポジ... 

一条流がんこラーメン総本家に学ぶ小さな企業が熱烈な支持を受ける術(すべ)

一条流がんこラーメン総本家に学ぶ小さな企業が熱烈な支持を受ける術(すべ)

 30年以上に渡って、場所を転々としながらも、その場所毎に大行列を生み出す「一条流がんこラーメン総本家」というラーメン屋があります。がんこラーメンのファンは、ラーメンそのものはもちろん、お店... 

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

 人間は基本的に怠け者です。たとえば、昼夜を問わず働く勤勉な人がいたとしても、その人はかわりにプライベートでは楽をしたいと考えるはずです。部屋の掃除をアウトソーシングしたり、自分では料理を作... 

ネットで売れる人と売れない人の違いをダイエットに例えよう

ネットで売れる人と売れない人の違いをダイエットに例えよう

 ブログのかお・宇田さんは、インターネットで売れる人と売れない人では、考え方に大きな違いがあると言います。その違いは、インターネットの仕組みが「まず与える」ことから始まっていることを理解して... 

何か儲かること無い?という口癖が貴方からお金を遠ざける

何か儲かること無い?という口癖が貴方からお金を遠ざける

 ビジネスは、一人で金銭のやり取りが成立するものではなく、お客様がいないと絶対に成立しません。悩みを解決し、欲望を満たし、希望を叶えることでしか、お客様はお金を払ってくれるないからです。「何... 

ガリガリ君に学ぶ 商品の値上げ時にやって良いこと悪いこと

ガリガリ君に学ぶ 商品の値上げ時にやって良いこと悪いこと

 アイス・ガリガリ君の、60円から70円への値上げが各所で話題となっています。中でも社員総出の「お詫びCM」が大反響であり、 「値上げ」逆手に動画再生回数は、4月13日時点で142万回を超えて、公表を博し... 

社長そこはケチっちゃ駄目! ケチは◯◯を失うコスト削減

社長そこはケチっちゃ駄目! ケチは◯◯を失うコスト削減

 コスト削減は重要な経営課題です。しかしコストを下げることでお客様の満足度を下げてしまっては、結果的には客数が減少し売上が立たなくなります。お客様を失うコスト削減は「節約」ではなく、単なる「...