節約 社長

領収書

【初心者向け】請求書と領収書は両方揃わないと取引を認められない場合がある?

【初心者向け】請求書と領収書は両方揃わないと取引を認められない場合がある?

 会計書類の代表的なものといえば、請求書と領収書です。この2つの書類はどのような目的で発行されているのでしょうか?また、請求書と領収書は補完関係にありますが、片方しか書類が無い取引は認められ... 

オークションサイトやフリマアプリで個人から購入した商品の正しい費用計上方法

オークションサイトやフリマアプリで個人から購入した商品の正しい費用計上方法

 ネットオークションサイトやフリーマーケットアプリなど、個人から商品を購入できるサービスが増えています。事業者の中には、事業で使用するものを購入するため、これらのサービスを使う方もいるかもし... 

「宛名の無い領収書を当店は発行しません!」お店の主張は正しいか?

「宛名の無い領収書を当店は発行しません!」お店の主張は正しいか?

 何らかの理由で、領収書に宛名を入れないでと頼んだにも関わらず、お店から「宛名を入れない領収書は発行できません」と断られた経験はありませんか?お店の判断は正しいのでしょうか?法律の原則論を踏... 

確定申告の準備に際して、高額領収書が無い・もらい忘れた場合の対応策3選

確定申告の準備に際して、高額領収書が無い・もらい忘れた場合の対応策3選

 個人の年度は12月末日で締め切り。そろそろ確定申告の準備を始めていらっしゃる方もいることでしょう。いざ書類を整理し始めると、航空券や新幹線代、旅費など、比較的大きな出費をした領収書をもらって... 

【年末に向けて】思った以上に利益が出そうな個人事業主に有効な3つの節税対策

【年末に向けて】思った以上に利益が出そうな個人事業主に有効な3つの節税対策

 今年も残すところあと3ヶ月を切りました。個人事業者の方は、そろそろ今年の利益について着地点が見えてくる頃です。懸命に取り組んだ結果、思った以上に利益が出ている場合、仕事にも有用な形で行える節... 

税務署さんいらっしゃ~い☆原価計上で脱税を疑われるケースはこの4つだ!

税務署さんいらっしゃ~い☆原価計上で脱税を疑われるケースはこの4つだ!

 税務調査で調査官がまず目をつけるのは売上ですが、これと同じくらい目をつけられるのが「原価」です。中小企業では粉飾決算がよく行われていますが、売上と同じくらい会社の数字、特に利益に対してイン... 

カード会社が発行する利用明細を領収書として使ってもOK?原則論と例外論

カード会社が発行する利用明細を領収書として使ってもOK?原則論と例外論

 カードで支払いをすると、毎月決まった日にカード会社から利用明細書が郵送されてきますよね。この明細書を見れば、カードで支払ったことが明らかに分かるので、領収書は不要じゃない?という意見の方も... 

それ経費にしないと損です!確定申告で申告するか悩む4つの費用

それ経費にしないと損です!確定申告で申告するか悩む4つの費用

 確定申告の締め切りまであと一ヶ月ですが、知識がなくて申告漏れしていたり、「これって申告するのマズイかな〜」という領収書を持っていたりしませんか?そこで本稿は、確定申告で申告するか悩む代表的... 

【禁断の接待】ぶっちゃけ、ソープランドの領収書って経費で落とせるの?

【禁断の接待】ぶっちゃけ、ソープランドの領収書って経費で落とせるの?

 厳しいビジネスの世界…きれいごとだけでは済まない場合もあります。大きな取引先の上役が欲ボケおっさんで、飲み会の席で派手に盛り上がり、これまたヤラシイ口調でソープランド接待を希望してきたなんて... 

【悲報】領収書無くした!「予約完了メール」は領収書代わりになる?

【悲報】領収書無くした!「予約完了メール」は領収書代わりになる?

 インターネットで注文した商品やサービスについて、領収書が発行されないケースは多々あります。このような場合に、「予約完了メール」「注文確認メール」といったものを、領収書代わりに利用することは... 

個人事業主は12月が年度末〜確定申告に備え事前点検するべき項目

個人事業主は12月が年度末〜確定申告に備え事前点検するべき項目

 慌ただしい師走を走り抜け、ホット一息つかれた場面からもしれませんが、個人は1月~12月が所得税の計算期間ですから、自営業・フリーランスなど、個人事業主の方にとっては会社にとっての「年度末」と同... 

ボロボロの領収書や印字が消えた領収書って無効になるの!?

ボロボロの領収書や印字が消えた領収書って無効になるの!?

 読者の皆さんは、保管していた領収書がボロボロになっていたり、印字が消えている、という経験をされたことがありませんか?確定申告の準備を始める時期になると、領収書を見返される方も多くなりますが... 

領収書は何年保管する必要ありか?赤字会社は特に要注意すべし

領収書は何年保管する必要ありか?赤字会社は特に要注意すべし

 出費したお金を経費として損金算入するためには、領収書を必ず保管していなければなりません。この領収書について多い質問の一つに「何年間くらい、領収書を保管する必要があるか?」というものがありま... 

大事な書類に押す印鑑がシャチハタだとダメなのはなぜか?

大事な書類に押す印鑑がシャチハタだとダメなのはなぜか?

 役所に提出する書類や契約書などでシャチハタを使おうとすると、「シャチハタではダメ!」と言われる場面がよくあります。なぜ大事な書類への押印をする時は、シャチハタの使用が好ましくないのか?意外... 

会社設立に掛かる費用は何ヶ月前の分まで経費にできる?

会社設立に掛かる費用は何ヶ月前の分まで経費にできる?

 会社を立ち上げる時は、様々な準備を経た上に、何かと費用がかかるものです。しかも費用は設立前から発生するため、この際にかかる費用は「創業費」として経費算入が認められます。ただし、「会社設立よ... 

3次会接待の経費算入は無理ゲー?交際費にまつわる噂を斬る!

3次会接待の経費算入は無理ゲー?交際費にまつわる噂を斬る!

 接待費用には、様々な噂があります。「3次会は交際費で落とせない」「アルコールが入ると会議費で落とせない」「キャバクラや風俗店へ行った費用は交際費で落とせない」などの噂です。実際のところはどう... 

レシートで経費は落ちないって本当?ズバリお答えしましょう。

レシートで経費は落ちないって本当?ズバリお答えしましょう。

 多くの経営者が悩む問題、それは経費の証拠書類として「レシートはダメなのか」というものです。答えを先にお伝えすると、レシートは経費の証拠書類になります。しかも領収書よりも証拠能力が高いのです... 

領収書はスキャン対応 税制改革大綱で進む会計電子化

領収書はスキャン対応 税制改革大綱で進む会計電子化

 昨年末に決定された政府による”平成27年度の税制改正大綱”に基づく国会審議の目玉は、企業の会計電子化である。中でもインターネットの普及率が限りなく100%に近づいたことに鑑み、領収書の電子化に注目... 

確定申告を振り返る 脱税行為は絶対やめよう

確定申告を振り返る 脱税行為は絶対やめよう

 愛人を秘書にして給与で損金を多めに出した、経費として使用した飲食代を多めに計上して経費を割増する、私用で訪れた旅行地を出張として経費精算する、今年も確定申告時期にこんな話を多く聞いた。「脱... 

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

 約30年前に作られた「マルサの女」という映画で描かれる脱税の手口は、21世紀に入ってもそれほど変わっていない。経営者は事業を始めた時点で国税局にとって身元のわかる脱税の容疑者としてマークされて...