節約 社長

雇用保険

社内恋愛の末に社長がスタッフと結婚…どんな労務手続きが必要ですか?

社内恋愛の末に社長がスタッフと結婚…どんな労務手続きが必要ですか?

 激務の屋台骨を支えてくれる身近なスタッフとパートナー関係になるのは自然な話。既婚の社長さんから話をお伺いしていると、結構な割合で自社で働いていたスタッフと結婚されるケースは多いようです。た... 

高く付く社員か?安く済む外注か?消費増税で経営者が否応なしに迫られる選択

高く付く社員か?安く済む外注か?消費増税で経営者が否応なしに迫られる選択

 消費税が8%にあがり、中小企業の経営陣の考え方に明らかな傾向が現れ始めています。それは、高く付く社員を雇うより、安く済む外注へ業務をシフトさせる傾向です。なぜ、このような流れが生まれ始めてい... 

取締役が兼務役員とみなされ雇用保険や助成金の対象となるため必要な2つの条件

取締役が兼務役員とみなされ雇用保険や助成金の対象となるため必要な2つの条件

 法人の取締役であっても、労働者としての身分性が強い人は、労働者としての身分性が強い「兼務役員」とみなされ、雇用保険の適用を受けたり、助成金申請の頭数として数えることができます。しかし、兼務... 

学生インターンやアルバイトのために助成金は申請できる?

学生インターンやアルバイトのために助成金は申請できる?

 学校に通いながら、自社で一生懸命に働くインターンの学生を見ると、彼らの教育を更に充実させたいと感じて、助成金の申請を検討する経営者の方がいらっしゃるかもしれません。ところで学生を対象として... 

名ばかり役員の雇用保険だけは守ってあげたい!兼務役員とは?

名ばかり役員の雇用保険だけは守ってあげたい!兼務役員とは?

 取締役は労働者ではなく、使用者の指揮命令下に置かれてもいないため、労働の対価として賃金を受取ることがありません。代わりに受け取るのが役員報酬ですが、賃金も労働条件も変わらないのに、保険に入... 

5万円ケチって最大で300万円の損 労災保険に入らないリスク

5万円ケチって最大で300万円の損 労災保険に入らないリスク

 日本には、雇用保険・健康保険・厚生年金保険・労災保険という、4種類の保険制度があります。この中で労災保険と、他の3つの保険には加入対象の部分で決定的な違いがあります。労災保険は、如何なる業種... 

法人を解散し「個人成り」を決断したほうが良い3つの局面

法人を解散し「個人成り」を決断したほうが良い3つの局面

 個人事業主が法人を設立することを「法人成り」と言います。法人成りには節税対策の幅が広がることや、社会的な信用が増すこと等、様々なメリットがあります。逆に法人の経営者が、会社を解散し「個人成... 

他社の社長を従業員雇用する際に雇用保険を払う必要はある?

他社の社長を従業員雇用する際に雇用保険を払う必要はある?

 法律はある程度の事態が起きることを予想して作られていますが、時として法律も想定しない事例が現場ではよく生じます。その一つが「別の会社の代表取締役を労働者として雇用する場合、雇用保険へ新たに... 

産前産後休業期間中の保険料免除制度を有効活用しよう

産前産後休業期間中の保険料免除制度を有効活用しよう

 産前産後に休暇を取るなんて不届き者め!なんていう時代はもう終わりました。2014年4月から、産前産後休業期間中の保険料免除制度がスタートしたからです。産休中の厚生年金保険料および健康保険料...