節約 社長

金融機関

北海道民は固定ローンがお好き?エリア別で大きく変わる住宅ローンシェア

北海道民は固定ローンがお好き?エリア別で大きく変わる住宅ローンシェア

 低金利時代の今、国内全体でどんな金利タイプのローンが使われているのか詳細を調べると、地域別で選択肢がくっきり分かれていることが判明しました。選択肢が地域別で分かれる理由は、県民性というより... 

デメリットほぼ無し!雑収入を売上に計上すると銀行の評価があがるよ!

デメリットほぼ無し!雑収入を売上に計上すると銀行の評価があがるよ!

 イレギュラーな収入ゲットしたぜっ!エヘッ!みたいなこと、皆さんの会社でも1年に1〜2回はあると思います。通常、この収入は雑収入として営業外収益に計上されますが、売上に計上することで銀行の評価を... 

M&Aの相談に行くなら銀行が最強なワケ〜それでも駄目なら…

M&Aの相談に行くなら銀行が最強なワケ〜それでも駄目なら…

 M&Aを検討しているのにアドバイザーがいないなら、まずは銀行に相談してみるのはいかがでしょうか?彼らは、取引先の中から貴方のマッチング先を探してくれますし、融資の交渉にも乗ってくれ、更にはファ... 

科学雑誌ニュートンが出資法違反&民事再生~預かり金と出資金の違い

科学雑誌ニュートンが出資法違反&民事再生~預かり金と出資金の違い

 日本の大衆向け科学雑誌のパイオニア『ニュートン』を発行するニュートンプレスが、民事再生を申込んだことが話題となっています。このニュースの前に同社の「預り金受け入れ」による出資法違反も露見し... 

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

 中小企業にはびこる粉飾決算という悪習。多くの企業が似たような手口で粉飾に手を染めます。今は大丈夫でも、一度道を踏み外して、そのまま起死回生を計れないと大変なことになります。架空の冷凍マグロ... 

資金調達時に金融機関が必ず事業計画への記載を求める4つの点

資金調達時に金融機関が必ず事業計画への記載を求める4つの点

 資金調達を行うためには、事業計画の作成が不可欠ですが、金融機関は、企業の事業計画の説明と達成について、明確なコミットメントを求めています。そこで本稿は、金融機関が企業に求める事業計画の中で... 

担当者が500万円程度と言った案件で1000万円の融資を決めた裏技とは?!

担当者が500万円程度と言った案件で1000万円の融資を決めた裏技とは?!

 担当者が500万円程度と言った案件で、1000万円の融資がおりた?!この話にウソはありませんが、提示の倍額融資を成功させた経営者は、融資交渉を上手く行かせるための裏技など一つも使いませんでした。で... 

金融機関との融資交渉で生まれる3つの副次的メリットとは?

金融機関との融資交渉で生まれる3つの副次的メリットとは?

 経営者として金融機関から融資を受けることは、キャッシュの改善や信用力の増加など、お金の部分で多くのメリットを生みます。しかし、融資交渉を経験することは、事業に客観性と具体性が生まれ、相手の... 

ハッピー倒産ハッピー融資を実現する「経営者保証に関するガイドライン」を使い倒せ

ハッピー倒産ハッピー融資を実現する「経営者保証に関するガイドライン」を使い倒せ

 2013年に金融庁が「経営者保証に関するガイドライン」を制定しましたが、その内容はまだ浸透していません。そのせいか、インチキ金融ブローカーが暗躍したり、制度をうまく利用できずに銀行との融資交渉... 

知的財産を持つなら金融機関と事業性評価を通じた連携を取ろう

知的財産を持つなら金融機関と事業性評価を通じた連携を取ろう

 知的財産を持つ企業にとって、金融庁が金融機関に対して事業性評価を行うよう通達している今はチャンスです。多くの金融機関、特に地方銀行や信用金庫において、知的財産による事業性評価を行う機運が高... 

経営者が消費者金融を資金調達で使うメリットはあるのか?

経営者が消費者金融を資金調達で使うメリットはあるのか?

 マイナス金利の導入により銀行からの融資が降りやすくなったと言われていますが、融資相談に数ヶ月の期間を要する場合もあります。その間に会社で入用となった時、消費者金融がパッと思い浮かぶ方もいる... 

銀行融資を受ける際に出てくる信用保証協会って何モノ!?

銀行融資を受ける際に出てくる信用保証協会って何モノ!?

 銀行融資を受ける際に必ず現れるのが、信用保証協会です。信用保証協会とは、企業が金融機関から「事業資金」を調達する際に、保証人となって融資を受けやすくなるようサポートする一般社団法人のことで... 

テクニックに溺れるな!融資を受ける上で一番大事なこと

テクニックに溺れるな!融資を受ける上で一番大事なこと

 企業が融資による資金調達を行うことは、健全な身体を維持するために必要となる、豊富な食事や水分を摂取するのと同じような行為です。融資を受けるには様々なテクニックがありますが、要するにお金を必... 

確定拠出年金制度が改定 企業に加わる新たな負担とメリット

確定拠出年金制度が改定 企業に加わる新たな負担とメリット

 確定拠出年金とは、自ら運用することで、掛け金が一定で将来の年金が変動するという年金制度で、日本国内で既に550万人もの人々が運用を行っています。先月末、この年金制度に大幅な改正が加えられること... 

弁護費用より高くつく 税金に詳しくない弁護士の税金トラブル

弁護費用より高くつく 税金に詳しくない弁護士の税金トラブル

 弁護士の方々は法律の専門家ではあるものの、税金についてはそんなに詳しくない方が多いのも事実です。ところが民法で争う問題の殆どは「お金が絡むトラブル」です。お金が絡むトラブルを解決する過程で... 

クックパッドのお家騒動に学ぶ「会社の経営権は誰のものか」

クックパッドのお家騒動に学ぶ「会社の経営権は誰のものか」

 クックパッドの経営方針を巡るお家騒動では、創業者で4割以上の議決権を有する筆頭株主と雇われ経営陣・従業員による対立構図が、鮮明なものとなっています。大株主とプレイヤー側で、経営方針の対立が起... 

会社設立時の資本金額はどの程度が適正?4つの観点から考察

会社設立時の資本金額はどの程度が適正?4つの観点から考察

 新米経営者が会社設立時に悩む問題の1つが「資本金の金額を幾らにするか?」というものです。資本金は流動性が低いものであるため、出資であろうと貸付であろうと、無計画な金額決めでは、生活に困ったり... 

マイナス金利で影響を受ける生命保険を春のうちにチェックせよ

マイナス金利で影響を受ける生命保険を春のうちにチェックせよ

 マイナス金利が導入されましたが、普段の生活に大きな影響を及ぼしていると感じている人は、まだ少ないかもしれません。しかし、「貸す」「預ける」「殖やす」という行為に対しては、今は完全なアゲンス... 

創業者を気にするな!2代目が家族経営を引き継ぎ生き残る術

創業者を気にするな!2代目が家族経営を引き継ぎ生き残る術

 2代目・3代目の社長さん達が、創業者から会社を引き継ぐ時に抱える悩みは、思いの外似たものとなります。従業員による創業者との比較、自らが創業していない故に資金繰り面で弱いなどのものです。これ... 

経歴詐称のショーンK氏 違約金が発生したら誰がどう支払う?

経歴詐称のショーンK氏 違約金が発生したら誰がどう支払う?

 数々の報道番組に出演していたショーンK氏の経歴詐称疑惑が話題となっています。まだ憶測の段階ですが、出演者側の問題で契約が破棄になるため、多額の違約金が発生する可能性も報じられています。これら... 

個人で税務調査の対象になりやすいランキング10位はこれだ!

個人で税務調査の対象になりやすいランキング10位はこれだ!

 個人事業主にとっての一大イベントである確定申告が終了しました。申告を元に税務調査が始まるわけですが、個人事業主であっても税務調査が無いということはありません。個人事業主で税務調査に入られや... 

無借金経営は危険だらけな幻想 中小金融機関の融資枠を大切に

無借金経営は危険だらけな幻想 中小金融機関の融資枠を大切に

 無借金経営を目指して、金融機関との取引を避ける中小企業の社長は数多く存在しますが、この思想には大きなリスクが2つあります。1つ目は予測だにしない市場の減速による資金繰りの悪化に耐えられないこ... 

ハネ資金:手を出すと麻薬のようにハマる融資とは

ハネ資金:手を出すと麻薬のようにハマる融資とは

 ハネ資金とは、企業がもともと抱えている借金を返済するために必要とされる「新たな資金」を指す言葉、もっと簡単に言えば「借りたカネを返すために借りるカネ」です。業績が大幅に良くなることが見込ま... 

メインバンクはどう選ぶ?金融機関別メリット・デメリット

メインバンクはどう選ぶ?金融機関別メリット・デメリット

 メインバンク選びは多くの場合、会社に近い場所に支店があったことや、個人口座があるから、といった理由で開設されます。しかし融資や財産の保全・資産運用を考えるようになったときは、どのような金融... 

通知預金を紹介する金融機関とは手を切るべし

通知預金を紹介する金融機関とは手を切るべし

 一昔前まではよく使われていた形式だったが、現在ではあまり見かけなくなった預金口座が「通知預金」口座だ。法人の利用を想定した仕組みになっているが、利息収入には法人税もかかり、現在では利用者へ...