節約 社長

賞与

決算賞与を支給するために満たすべき3つの要件と踏まえるべきデメリット

決算賞与を支給するために満たすべき3つの要件と踏まえるべきデメリット

 決算賞与とは、会社で定められている賞与、たとえば、夏・冬の2回とは別に、決算月に支給する賞与のことを言います。決算賞与は、要件をきちんと満たせば全額が損金となり節税効果が高く、利益を従業員に... 

従業員がみんな欲しがる退職金と賞与〜2者の性格はどう違う?

従業員がみんな欲しがる退職金と賞与〜2者の性格はどう違う?

 就業規則で、同じ相対的記載事項(作るか作らないかは企業が決めて良いルール)として記載される、退職金と賞与。両者は従業員のモチベーションを大きく左右する報奨ですが、その重みには天と地の差があ... 

休職中の社員へボーナスを渡す義務はある?傷病手当金との調整にもご注意を

休職中の社員へボーナスを渡す義務はある?傷病手当金との調整にもご注意を

 ボーナスについて会社側が昨今抱えるようになった悩みの一つに、休職者にボーナスを支払うべきか?という問題があります。この点、法律はボーナスの与え方について何も規定を設けていないので、会社が自... 

ボーナスの起源は江戸時代?!夏と年末それぞれに起源があった!

ボーナスの起源は江戸時代?!夏と年末それぞれに起源があった!

 今ではほとんどの会社で当たり前のように支給されている賞与。読者の皆様はその起源が、近代日本以前の江戸時代にあったことをご存じですか?江戸時代の夏季賞与と年末賞与にはそれぞれの起源があり、渡... 

意味の無い節税で損したくないなら会社に残る現金を常に意識しよう

意味の無い節税で損したくないなら会社に残る現金を常に意識しよう

 キャッシュが尽きたら会社は倒産します。しかし、節税に走る経営者の多くは、節税が目的化してしまい、キャッシュを増やしたり残すという目的を忘れてしまうようです。そうならぬためには、常に「「売上... 

アルバイトさんから「賞与貰えないなら訴える」と言われた!なぜ?

アルバイトさんから「賞与貰えないなら訴える」と言われた!なぜ?

 あるところに、Aさんという働き者のアルバイトさんが働くBという会社がありました。経営者のCさんも、ゆくゆくは彼を正社員にしようと考えています。ところがAさんとCさんはボーナスシーズンに大モメしま... 

中小企業の役員報酬〜2つの合法的な支払い方法を知って沢山給料をもらおう

中小企業の役員報酬〜2つの合法的な支払い方法を知って沢山給料をもらおう

 企業が役員に報酬を支払う場合は、国が定める基本的な決まりごとを守らねば、企業と役員がダブルで税金を取られるなど、手痛いペナルティが設けられています。そこで本稿は、中小零細企業の実態に即した... 

忘年会に不参加の社員へ代わりに食事券渡したら「損した!」と切れられた…なぜ?

忘年会に不参加の社員へ代わりに食事券渡したら「損した!」と切れられた…なぜ?

 何らかの理由により忘年会に参加できない社員がいた場合、その社員をねぎらうために経営者が代わりに金券を渡すことがあります。しかし、後になってから、社員に「◯千円もらったはずなのに、お金が差っ引... 

JAつやまで残業代未払い6億の訴訟!鍵となる管理監督者とは?

JAつやまで残業代未払い6億の訴訟!鍵となる管理監督者とは?

 岡山県津山市のJAつやまで、正職員の3分の2にあたる200人超が、残業代の未払い等を含んだ、約6億円をJA側に求めていることがわかりました。JA側は支払いの一部を免除するため、一部職員を残業代の... 

一長一短・短時間正社員を雇うことのメリットとデメリット

一長一短・短時間正社員を雇うことのメリットとデメリット

 ユニクロの4時間社員制度の導入など、短時間正社員という雇用形態が、数年前から注目されるようになりました。短時間正社員制度の導入によって、企業にはどのようなメリットが生じるのでしょうか?また、... 

7つのポイントを抑え労災事故が発生した際に慌てず対処しよう

7つのポイントを抑え労災事故が発生した際に慌てず対処しよう

 労災事故が少ない方が良いのは当然のことですが、万が一に、労災事故が起こった場合でも慌てないよう、最低限のルールを知っておくことは、経営者にとって賢明です。労災事故が起こってしまった時に慌て... 

就業規則の雛形利用で節約のはずがウン百万の損…一体なぜ?

就業規則の雛形利用で節約のはずがウン百万の損…一体なぜ?

 インターネットや書店等では、簡単に就業規則の雛型を入手することができます。特にお金を節約したい創業時に、多くの方がモデル就業規則を使って自社の就業規則を作ります。ところが安易にモデル就業規... 

キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

 賞与や昇給は労働者の大きな関心事です。しかしながら、経営者には本来「賞与を支払うか否か」「昇給をするか否か」が自由裁量として与えられ、条件を就業規則等で通知すれば良いことになっています。こ... 

清原容疑者の保釈金を会社が経費で捻出することは可能?

清原容疑者の保釈金を会社が経費で捻出することは可能?

 麻薬取締法で逮捕された清原和博容疑者は、初犯であることから3月中旬の保釈が観測されていますが、保釈金は1千万程度になると予想されています。彼は著名人であると共に会社の経営者でもあります。会社... 

役員と従業員の“いいとこ取り” 使用人兼務役員のメリット

役員と従業員の“いいとこ取り” 使用人兼務役員のメリット

 法人の役員でありながら、従業員(総務部長、工場長、事務局長など)としての肩書きをお持ちの方のことを、税法の世界では使用人兼務役員(以下、兼務役員)と呼びます。一定の制限はありますが、使用人... 

売上目標・人件費の決め方をボーナスシーズンに考えよう

売上目標・人件費の決め方をボーナスシーズンに考えよう

 経営者にとって賞与の時期に悩ましいのが「そもそも、自社の現状売上で人件費(賞与)をどれくらい計上するのが適正かわからない」という問題です。多くの経営者は賞与を与えるための目標設定を「売上」...