節約 社長

資金調達

大塚家具の2年前と今を会計のプロが冷静に比較分析!そろそろ「あれ」しないと…

大塚家具の2年前と今を会計のプロが冷静に比較分析!そろそろ「あれ」しないと…

 東京商工リサーチのレポートによると、赤字が続く大塚家具は、手元のキャッシュが大幅に減っているようです。貸借対照表を見ると、2年前は赤字でも健全だった財務体質が、著しくバランスを崩していること... 

社長が選挙に立候補⇒会社のお金で供託金を支払うことは可能?

社長が選挙に立候補⇒会社のお金で供託金を支払うことは可能?

 先だって衆議院が解散し、連日選挙関連のニュースでもちきりです。立候補者が事前に納める供託金は衆議院小選挙区で一人当たり300万円。しかも一定上の得票数を集めなければ全額没収されてしまいます。議... 

事業計画書を作成しよう〜資金調達以外に手にすることが可能な3つのメリット

事業計画書を作成しよう〜資金調達以外に手にすることが可能な3つのメリット

 事業計画書について多くの方は、「資金調達を受けたければ作らざるを得ない資料」と考えているようです。しかし、私達は事業計画書を作成することで、事業理解力、情報伝達力、進捗管理力という、3つの能... 

海外展開なら成功利払いでOK!最大5億円調達可能なグローバルニッチトップ支援貸付

海外展開なら成功利払いでOK!最大5億円調達可能なグローバルニッチトップ支援貸付

 グローバルな事業展開にチャレンジしようとすると、国内事業に比して投資回収までの期間が長期に渡り、投資回収までの元本返済や利払いが大きな負担となるケースがあります。そこでお勧めしたいのが、海... 

クラウドファンディングの基本を徹底解説!5つのパターンを覚えておこう

クラウドファンディングの基本を徹底解説!5つのパターンを覚えておこう

 「クラウドファンディング」という資金調達手段はご存知でも、自分がクラウドファンディングをやることはないだろう、と考えている人のほうがまだ多いのではないでしょうか?ただ、個の時代において、ク... 

政策実施機関なのに民間の投資会社〜中小企業投資育成株式会社とは?

政策実施機関なのに民間の投資会社〜中小企業投資育成株式会社とは?

 あまり知られていない資金調達手段の1つに、「中小企業投資育成株式会社」からの出資受け入れという方法があります。中小企業投資育成株式会社とは、国の政策実施機関でありながら、民間の株式会社として... 

最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

 ビジネスが軌道に乗りはじめると、どこかの段階で「資金調達」を円滑に行えないと、ビジネスが小さいまま、おまけに資本力のあるライバルに市場を奪われる、という事態が生じてしまいます。経営の独立性... 

節税優先の会社は儲からないし潰れやすい。そのガチな理由を教えましょう!

節税優先の会社は儲からないし潰れやすい。そのガチな理由を教えましょう!

 世の中には様々な節税対策商品が存在しますが、経営者の中には節税対策商品マニアか?というほど、節税に対して躍起になる方がいます。しかし、キミアキ先生は、「節税優先の会社は儲からないし潰れやす... 

新規事業で資金が必要!ならば私募債で資金調達するのはいかがでしょう?

新規事業で資金が必要!ならば私募債で資金調達するのはいかがでしょう?

 ある程度の収益は見込めているけれど、手元の資金だけで賄うことが難しそう。けれど、スピーディにまとまった資金が必要となる。新規事業を始めようとする時には、こんなケースがあります。このような時... 

注目浴びる資金調達手段・ファクタリングとは?そのメリットとデメリット

注目浴びる資金調達手段・ファクタリングとは?そのメリットとデメリット

 資金調達方法といえば、銀行借り入れや増資、手形取引が一般的です。しかし、ここ最近、もう1つの資金調達方法であるファクタリングに注目が集まっています。ファクタリングとは、未回収の売掛金をファク... 

経営者の借金〜良い借金VS悪い借金ではどんな部分に差が出るの?

経営者の借金〜良い借金VS悪い借金ではどんな部分に差が出るの?

 経営者であっても「借金は嫌だ」と感じる方は沢山いらっしゃいます。しかし、ビジネスが上手くいき急拡大する際など、借金したほうがプラスになるケースは数多くあります。借金をする場合に大事なのは、... 

M&Aの相談に行くなら銀行が最強なワケ〜それでも駄目なら…

M&Aの相談に行くなら銀行が最強なワケ〜それでも駄目なら…

 M&Aを検討しているのにアドバイザーがいないなら、まずは銀行に相談してみるのはいかがでしょうか?彼らは、取引先の中から貴方のマッチング先を探してくれますし、融資の交渉にも乗ってくれ、更にはファ... 

知的財産による資金調達が更に簡単に!知財金融(ちざいきんゆう)って何?!

知的財産による資金調達が更に簡単に!知財金融(ちざいきんゆう)って何?!

 知的財産を金融取引に利用することで、銀行から融資を受けるような金融取引の一環行為を、「知財金融(ちざいきんゆう)」と言います。従来、知財金融において、知的財産は、担保価値のあるものとみなさ... 

科学雑誌ニュートンが出資法違反&民事再生~預かり金と出資金の違い

科学雑誌ニュートンが出資法違反&民事再生~預かり金と出資金の違い

 日本の大衆向け科学雑誌のパイオニア『ニュートン』を発行するニュートンプレスが、民事再生を申込んだことが話題となっています。このニュースの前に同社の「預り金受け入れ」による出資法違反も露見し... 

【平成29年度版】東京で創業するなら必ず受けておきたい資金面の三大優遇制度

【平成29年度版】東京で創業するなら必ず受けておきたい資金面の三大優遇制度

 創業時はとにかく資金調達面の苦労が尽きないもの。創業を検討しているなら、創業前にどのような形で資金調達したら良いか入念に下調べし、創業と同時に資金調達活動を行う必要があります。創業時の融資... 

【塵も積もれば山となる】お金をかけずに節約して少額売掛金を回収する3つの方法

【塵も積もれば山となる】お金をかけずに節約して少額売掛金を回収する3つの方法

 少額の売掛金が発生して費用が未回収となっている場合、「小さな額だから」と放おっておくことがよくあります。しかし、たとえ少額とは言え、塵も積もれば山となり、ゆくゆくは資金繰りに大きな影響を与... 

銀行から資金調達できない破綻懸念先とは?今すぐ出来る信用格付けチェック方法

銀行から資金調達できない破綻懸念先とは?今すぐ出来る信用格付けチェック方法

 銀行は融資審査の際に「信用格付け」を一つの基準として、会社を6つの債務者区分で評価しています。この中でも「破綻懸念先」と評価された会社は、銀行と取引が事実上できないため、格付けをあげるための... 

日本企業が金融業で稼ぐ中、海外の企業が金融業からの撤退を始めている事実

日本企業が金融業で稼ぐ中、海外の企業が金融業からの撤退を始めている事実

 日本を代表する大企業の多くは、本業以外に金融業で収益の屋台骨を支えている特徴を持ちます。対して、世界的な潮流としては、韓国のポスコやアメリカのGEに代表される世界企業で、金融業からの撤退が始... 

資金調達時に金融機関が必ず事業計画への記載を求める4つの点

資金調達時に金融機関が必ず事業計画への記載を求める4つの点

 資金調達を行うためには、事業計画の作成が不可欠ですが、金融機関は、企業の事業計画の説明と達成について、明確なコミットメントを求めています。そこで本稿は、金融機関が企業に求める事業計画の中で... 

なぜトヨタは円高でも強いのか?海外進出した他企業との違い

なぜトヨタは円高でも強いのか?海外進出した他企業との違い

 為替の円高傾向が強いにも関わらず、トヨタの業績は上方修正されることが見込まれています。海外進出してもうまく行かず、多額の為替差損を計上している企業と同社の違いは、各国通貨による資金調達を可... 

クラウドファンディングで実現する3つの資金調達形態

クラウドファンディングで実現する3つの資金調達形態

 これまで金融機関や知り合いしか資金調達手段が無かった中小企業にとって、クラウドファンディングの台頭は非常に良いニュースです。一括りにクラウドファンディングといっても、その資金調達形態は3つ... 

担当者が500万円程度と言った案件で1000万円の融資を決めた裏技とは?!

担当者が500万円程度と言った案件で1000万円の融資を決めた裏技とは?!

 担当者が500万円程度と言った案件で、1000万円の融資がおりた?!この話にウソはありませんが、提示の倍額融資を成功させた経営者は、融資交渉を上手く行かせるための裏技など一つも使いませんでした。で... 

投資家に減税、出資される側に資金調達のメリットをもたらす「エンジェル税制」

投資家に減税、出資される側に資金調達のメリットをもたらす「エンジェル税制」

 出資する投資家には減税効果をもたらし、出資される中小企業は資金調達を受けられる、「エンジェル税制」という経済産業省が設けた制度をご存じですか?年間で利用している企業数は10数社程度と言われて... 

プログラミングが出来ないIT業界の大投資家クリス・サッカ

プログラミングが出来ないIT業界の大投資家クリス・サッカ

 プログラミングも知らず、投資の勉強を学生時代にしたわけでもなく、オマケに自分でインターネットサービスを作ったこともないのに、IT業界の大投資家となったクリス・サッカをご存じですか?彼がどのよ... 

介護事業を始めるメリットと開業時にコケないための資金調達術

介護事業を始めるメリットと開業時にコケないための資金調達

 介護事業は、軌道に乗れば安定的なリピートにより、先が読みやすいビジネスモデルです。ところが、介護事業を開業したばかりの時は、全く先が読めないのが現場の実状です。「資金があるから大丈夫」と、... 

新たな販促手法として活用できる「クラウドファンディング」

新たな販促手法として活用できる「クラウドファンディング」

 中小企業が一般的に利用できる資金調達手段は、金融機関からの融資もしくは親や友人に頭を下げてお金を借りる以外にはありませんでした。しかし、クラウドファンディングの台頭は、個人からの個口出資を... 

アマゾン利用停止&閉鎖処分!キャッシュリスクから会社を守れ

アマゾン利用停止&閉鎖処分!キャッシュリスクから会社を守れ

 ますますの拡大を続けるAmazonのECサイトを法人として利用することは、企業にとって効率的に売上をあげる飛び道具となります。一方で何らかの理由で利用停止と閉鎖処分を食らった場合、キャッシュインで... 

新創業融資の裏に隠れた自己資金・担保不要の資金調達方法

新創業融資の裏に隠れた自己資金・担保不要の資金調達方法

 創業期の資金調達方法として、最も知られているのは「新創業融資」制度です。しかし、政策金融公庫による、もう一つの創業期の資金調達方法も見逃せません。それは「中小企業経営力強化資金」という制度... 

先読みの経理で毎月100万円今より多く会社にお金を貯めよう

先読みの経理で毎月100万円今より多く会社にお金を貯めよう

 中小企業経営者の多くは経理に対して、「お金を生まない部門」というイメージを抱いています。しかし、キミアキ先生はある能力が経理の人間にあれば、経理部門からお金が生まれると言います。なぜ経理が... 

AIによる融資審査が銀行の中小零細に対する融資に及ぼす影響

AIによる融資審査が銀行の中小零細に対する融資に及ぼす影響

 先日のニュースで、新生銀行がAIにより融資可能額を算出し、取引明細などデータ活用をすることが明らかになりました。都市銀行も既にAIとビッグデータの活用を模索しており、融資判断にAIを導入する動... 

夢だけで会社は続かない!創業時の融資は◯ヶ月以内に受けよ!

夢だけで会社は続かない!創業時の融資は◯ヶ月以内に受けよ!

 どんなに壮大で優れたビジネスモデルがあったとしても、創業時の資金調達を疎かにすると、会社は継続が困難になります。そこで大事なのが、創業時に融資を受けるべく動くことです。特にその期間は◯ヶ月以... 

思わぬ落とし穴あり!親戚から資金調達を受けるデメリット

思わぬ落とし穴あり!親戚から資金調達を受けるデメリット

 「金融機関からの借入を起こすよりも、親戚からお金を借りたほうが楽」確かにそうかもしれません。親戚からお金を借りる場合、銀行のように審査もいりませんし、担保すら要らない、いわゆる信用貸しのケ... 

なぜ創業50年の今になってコメダ珈琲は上場するの?上場することのメリット・デメリット

なぜ創業50年の今になってコメダ珈琲は上場するの?上場することのメリット・デメリット

 5月26日にコメダ珈琲が東京証券取引所に株式上場を承認され、ついに上場を果たすようです。1968年の創業から50年が経過した今、なぜコメダ珈琲は上場に踏み切るのでしょうか?上場するメリットとデメリッ... 

福岡市内のスタートアップ企業は融資保証料が脅威のゼロに!

福岡市内のスタートアップ企業は融資保証料が脅威のゼロに!

 平成28年より福岡市内でスタートアップ企業が融資を受ける際は、保証料がゼロとなる制度が発足しました。これから創業をお考えであれば「保証料とは何か?」という疑問に当たることもあるでしょうから、... 

キミアキ先生直伝!銀行融資のイロハと融資をうまく受けるコツ

キミアキ先生直伝!銀行融資のイロハと融資をうまく受けるコツ

 中小企業が存続するために、経営の命綱となるのが資金調達、つまるところ銀行融資です。ところが多くの経営者が「銀行融資をうまく受けるコツと融資のイロハ」を、あまり知らないのが実状です。そこで本... 

会社設立時の資本金額はどの程度が適正?4つの観点から考察

会社設立時の資本金額はどの程度が適正?4つの観点から考察

 新米経営者が会社設立時に悩む問題の1つが「資本金の金額を幾らにするか?」というものです。資本金は流動性が低いものであるため、出資であろうと貸付であろうと、無計画な金額決めでは、生活に困ったり... 

銀行格付けもUP!軽い決算書を作るための具体的な5ステップ

銀行格付けもUP!軽い決算書を作るための具体的な5ステップ

 中小企業にとって、簡素化された決算書を作成することは、会社の経営判断を迅速に行う上でも、銀行からの評価をあげる上でも、非常に重要なことです。しかし殆どの企業はそれが出来ていません。キミアキ... 

無借金経営は危険だらけな幻想 中小金融機関の融資枠を大切に

無借金経営は危険だらけな幻想 中小金融機関の融資枠を大切に

 無借金経営を目指して、金融機関との取引を避ける中小企業の社長は数多く存在しますが、この思想には大きなリスクが2つあります。1つ目は予測だにしない市場の減速による資金繰りの悪化に耐えられないこ... 

半沢直樹のように銀行が企業の味方となる事業性評価とは

半沢直樹のように銀行が企業の味方となる事業性評価とは

 銀行や銀行員に対して多くの中小企業経営者は、「晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を取り上げる」「融通が利かない」と嫌気しています。しかしながら、特に地方銀行は、銀行がこれまでの様に保障や担保... 

あぁ無情 借入って経費にできないの!?

あぁ無情 借入って経費にできないの!?

 借入の目的が前向きな理由であれ、後ろ向きな理由であれ、会社で借りたお金はいずれ返さなければなりませんが、返済金をなんとか経費として損金算入できないだろうか?と考える方がかなり多くいらっしゃ... 

オシャレすぎるLED電球がクラウドファンディングで1,200万円超の資金調達に成功

オシャレすぎるLED電球がクラウドファンディングで1,200万円超の資金調達に成功

 オシャレすぎる白熱電球型LED電球「Siphon(サイフォン)」を開発する名古屋のビートソニック社がクラウドファンディングサイト「Makuake」で合計1,200万円以上の資金調達に成功したことが話題となってい...