節約 社長

賃金

【実務の話】労働トラブルの70%は◯◯を交付すれば防げる案件ばかり

【実務の話】労働トラブルの70%は◯◯を交付すれば防げる案件ばかり

 労働トラブルの一番の原因は労働条件通知書を交付しないことに端を発します。従業員を採用したのに労働条件通知書を交付しないのは、結婚したにも関わらず婚姻届を提出していない夫婦になるのと同じこと... 

内定者研修の実費・交通費は誰が持つ?賃金の支払いは必要か?

内定者研修の実費・交通費は誰が持つ?賃金の支払いは必要か?

 既に内定者研修を始めている企業も多いようですが、内定者研修を実施することになったとき、費用は誰が負担するべきなのでしょうか?内定者と会社の間では「解約留保権付雇用契約」が既に結ばれている状... 

取締役が兼務役員とみなされ雇用保険や助成金の対象となるため必要な2つの条件

取締役が兼務役員とみなされ雇用保険や助成金の対象となるため必要な2つの条件

 法人の取締役であっても、労働者としての身分性が強い人は、労働者としての身分性が強い「兼務役員」とみなされ、雇用保険の適用を受けたり、助成金申請の頭数として数えることができます。しかし、兼務... 

社員が健康診断を受診する時間に会社は賃金を支払うべきか?

社員が健康診断を受診する時間に会社は賃金を支払うべきか?

 会社で受ける健康診断は大きく4つに分けることが可能です。「健康を守ることは自己管理で行うべきだ」とはよく言いますが、それぞれの健康診断の種類に応じて、受診している時間の賃金支払いはどう実行... 

有給休暇を取らせない企業の節約は既に時代錯誤の考え方だ!

有給休暇を取らせない企業の節約は既に時代錯誤の考え方だ!

 社員に有給休暇を十分に消化してもらうことは、中小企業の経営者に大きな負担として覆い掛かります。しかし、有給休暇を取得させない方法など、もはや今の時代にはありません。ギリギリの人員や経費でや... 

社員の退職時は有給休暇を買い取り節約とリスクオフの両立を!

社員の退職時は有給休暇を買い取り節約とリスクオフの両立を!

 有給休暇の買取りは、法律では原則的に認められていませんが、退職時に限って例外的に買取りが認められます。なぜかといえば会社にとっては、そのほうがメリットが大きくリスクを防ぐことができるからで...