節約 社長

販売

あなたの商品はお客様が必要なもの?欲しいもの?タイプ別・最強アプローチ方法

あなたの商品はお客様が必要なもの?欲しいもの?タイプ別・最強アプローチ方法

 私達が販売する商品やサービスは消費者の原始的欲求レベルで必ず、「欲しいもの」か「必要なもの」として認識されています。あなたの商品やサービスにおいて、どちらの属性が強いとしてもやるべきことは1... 

【サービスを売る人向け】なぜもっとやらないの?と感じる効果的な販売手法

【サービスを売る人向け】なぜもっとやらないの?と感じる効果的な販売手法

 リアルなモノ、商品を販売する現場では割とよく使われているのに、サービスを販売する現場ではあまり使われていない販売手法があります。それは、「テイクアウェイセリング」という希少性を打ち出した販... 

ごちゃごちゃと御託を並べるな!そんなもの、消費者には伝わらない!

ごちゃごちゃと御託を並べるな!そんなもの、消費者には伝わらない!

 手塩にかけて作り上げた商品やサービスをいざ販売しようとする時、私達はつい商品の特徴やこだわりについて、あれこれと御託を並べたくなるものです。しかし、特徴を説明する御託の殆どは消費者に伝わら... 

インターネットで販売開始1日目から商品を販売し売上を立てる必殺術

インターネットで販売開始1日目から商品を販売し売上を立てる必殺術

 インターネットを開始して1日目から商品を販売して売り上げを立てる?そんなことは可能なのでしょうか?宇田さんは、1)売るべき商品は既にある、2)売った際の利益がある程度大きい、という2つの条件が... 

「対面型営業パーソン受難の時代」に営業担当者は何を磨くべきか

「対面型営業パーソン受難の時代」に営業担当者は何を磨くべきか

 1990年代以降「あらゆるものがネットで売れるオンライン時代」が到来したことで、セルフサービス型の購買行動が主流となりつつあります。ゆえに対面販売は一歩間違えると消費者の購買意欲を減退させる行... 

「お買い得感=安売り」って誰が決めた?安売りせずにお買い得感を出す2つの方法

「お買い得感=安売り」って誰が決めた?安売りせずにお買い得感を出す2つの方法

 「お買い得感を出すためにはもっと安く売らないとダメだ」という言葉を聞いたことはありませんか?「安売り」と「お買い得感」という言葉を、多くの人は混同したり、セットで考えますが、両者は似ている... 

販売につながる情報発信をする際に欠かせない3つのポイント

販売につながる情報発信をする際に欠かせない3つのポイント

 良い商品やサービスであっても、売れないものが多いのはなぜなのでしょうか?時代が追いついていない、売る場所を間違っている、などの理由も確かに考えられます。しかし多くの場合、商品やサービスが売... 

マーケティングにおいて顧客に確実に嫌われる5つの行動

マーケティングにおいて顧客に確実に嫌われる5つの行動

 マーケティングの鉄則は、「顧客の立場にたって考えよう」というものですが、売り手の立場にいる時、私達はどうしても売る側の立場で、自分本位な行動をとってしまいがちなものです。しかし、顧客は自分... 

優秀なキャッチコピーを判断する物差しに「かっこ良い」は無い

優秀なキャッチコピーを判断する物差しに「かっこ良い」は無い

 ヒットしたキャッチコピーを見ていると、キャッチコピーはかっこ良くなければならないのか?と考える人がいます。しかし、キャッチコピーは結果として格好良くなくても、買ってもらえるなら優秀なキャッ... 

上手なお世辞はコストを掛けずに売上増へ貢献する必殺武器

上手なお世辞はコストを掛けずに売上増へ貢献する必殺武器

 世間一般的に、お世辞は相手の好意を下げてしまう行為と見なされています。しかし、お世辞ほど相手の承認欲求を満たして、気分をよくするための行為もありません。実際にある自動車販売会社では、お世辞...