節約 社長

財務諸表

粉飾無しで期末決算を黒字化したい社長が講じるべき利益を増やす3つの具体策

粉飾無しで期末決算を黒字化したい社長が講じるべき利益を増やす3つの具体策

 決算月が近づいてきて、利益対策に頭を悩ませている社長さんもいらっしゃるでしょうが、同じように赤字対策に神経を使う社長さんも多いのでは?特に金融機関からの借入をしている、これから借入をしたい... 

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

中小企業に粉飾決算がはびこるのはなぜか?粉飾決算が今後しにくくなる理由

 多くの中小企業が粉飾決算に手を染めています。にも関わらず、これらの企業は自分たちのやっていることに対して、「生き残るためには仕方がないこと」「みんなやっている」というくらいにしか考えていま... 

粉飾決算をやっている会社が銀行融資を受けることは可能か?その行く末は?

粉飾決算をやっている会社が銀行融資を受けることは可能か?その行く末は?

 マイナス金利政策が導入されていることで、銀行融資を受けることが比較的簡単になっています。ただし、銀行も回収できる見込みがなければ融資に応じないため、赤字企業が粉飾決算を実行して融資を受けよ... 

大塚家具の2年前と今を会計のプロが冷静に比較分析!そろそろ「あれ」しないと…

大塚家具の2年前と今を会計のプロが冷静に比較分析!そろそろ「あれ」しないと…

 東京商工リサーチのレポートによると、赤字が続く大塚家具は、手元のキャッシュが大幅に減っているようです。貸借対照表を見ると、2年前は赤字でも健全だった財務体質が、著しくバランスを崩していること... 

楽天がフリーテル買収〜目を背けたくなる超赤字事業をなぜ楽天は買った?

楽天がフリーテル買収〜目を背けたくなる超赤字事業をなぜ楽天は買った?

 先週、格安スマホサービスを提供する楽天モバイルが、プラスワン・マーケティングから同事業(ブランド名:フリーテル)を5億2000万円で買収することを発表しました。しかし、その財務状況は債務超... 

銀行が融資判断を行う際に決算書を見てチェックする3つのポイント

銀行が融資判断を行う際に決算書を見てチェックする3つのポイント

 思い切った投資が必要だったり、急なピンチでまとまったお金が必要になった際は、金融機関からの借入が欠かせません。ただし、彼らも商売としてお金を貸すわけですから、相手が確実に返済してくれるとこ... 

【似て非なる】経営者なら知っておきたい脱税と粉飾決算の違い

【似て非なる】経営者なら知っておきたい脱税と粉飾決算の違い

 粉飾決算と脱税、両者はどちらも不当に利益を増す行為であり、社会に対して「ウソ」をついている共通点があります。しかしながら、両者は似て非なるものです。脱税とはどのような行為なのか?粉飾決算と... 

管理会計が出来ない経営者に好業績の未来はない

管理会計が出来ない経営者に好業績の未来はない

 事業者は法人であれ個人事業主であれ会計帳簿を作成し、確定申告をします。その際に、1年分の成績を決算書に取り纏めるのですが、その数字を経営に活かせているかというと、全く使用していないというの... 

半沢直樹のように銀行が企業の味方となる事業性評価とは

半沢直樹のように銀行が企業の味方となる事業性評価とは

 銀行や銀行員に対して多くの中小企業経営者は、「晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を取り上げる」「融通が利かない」と嫌気しています。しかしながら、特に地方銀行は、銀行がこれまでの様に保障や担保... 

法人成りで事業主に生じる3つのメリットと3つのデメリット

法人成りで事業主に生じる3つのメリットと3つのデメリット

 個人事業主が株式会社や合同会社、社団法人等の法人格を持つようになることは「法人成り(ほうじんなり)」と呼ばれています。法人成りする場合に生じる3つのメリットと3つのデメリットをご紹介いたしま... 

不正会計で揺らぐ東芝の元・経営陣と徳川慶喜の共通点

不正会計で揺らぐ東芝の元・経営陣と徳川慶喜の共通点

 東芝の3,000億円とも見積もられる経営陣からの組織的な不正会計指示には、過去三代の社長が関わったと言われています。部下にチャレンジさせるまではいいものの、その後の数字(結果)に責任を追わない姿... 

中小企業の経営者は2割の「決算書」を読みこなせれば良い

中小企業の経営者は2割の「決算書」を読みこなせれば良い

 利益を出しているにも関わらず「漠然としたお金」の悩みに苦しんでいる経営者が存在する。このケースでは決算書を読みこなせるようになることで、問題解決できると考えている場合も多い。しかし決算書を2... 

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

 約30年前に作られた「マルサの女」という映画で描かれる脱税の手口は、21世紀に入ってもそれほど変わっていない。経営者は事業を始めた時点で国税局にとって身元のわかる脱税の容疑者としてマークされて...