節約 社長

課税

新人経営者が税金の滞納を避けるため期中に打つべき対策

新人経営者が税金の滞納を避けるため期中に打つべき対策

 起業したばかりの人は、売上や利益を伸ばすことも重要ですが、もう一つ気をつけなければならないことがあります。消費税を筆頭に、税金の滞納に気をつけなければなりません。税金から故意に逃れて時効を... 

【最新】仮想通貨(ビットコイン)の所得区分・課税範囲・確定申告の対象者を大公開

【最新】仮想通貨(ビットコイン)の所得区分・課税範囲・確定申告の対象者を大公開

 国税庁が仮想通貨取引のうち、ビットコインの取引により発生した所得に対する課税関係について明らかにしました。このうち、ビットコインの所得区分・課税範囲・確定申告の対象者について詳細をお届けい... 

カジノ法案成立から1年経過…5種類のギャンブルに対する現在の課税措置をおさらい

カジノ法案成立から1年経過…5種類のギャンブルに対する現在の課税措置をおさらい

 昨年の12月に、総合型リゾート整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。現時点で日本にカジノは存在しませんが、もし誘致が決定するとギャンブルとみなされる競技全体に対する課税方式が変更さ... 

ノーベル賞で経済学賞の受賞者のみが賞金から税金を支払わねばならぬワケ

ノーベル賞で経済学賞の受賞者のみが賞金から税金を支払わねばならぬワケ

 今年も10月2日からノーベル賞の受賞者発表が始まりました。日本国の居住者が賞金を受け取った場合、900万スウェーデンクローナ(約1.25億万円)の賞金には税金が原則としてかかりません。ただし、ノーベ... 

スタッフへ自社商品を社内販売するなら割引率を30%程度に留めておくべき理由

スタッフへ自社商品を社内販売するなら割引率を30%程度に留めておくべき理由

 普段一生懸命働いてくれるスタッフたちに、貴方は常日頃から感謝しています。頑張りに応えてサービスの意味も込め、従業員に自社商品を破格の安値で気前よく社内販売してあげたいと思っているかもしれま... 

税金を避けて国を転々とする“パーマネントトラベラー”ってどんな人達?

税金を避けて国を転々とする“パーマネントトラベラー”ってどんな人達?

 パーマネントトラベラーとは節税を目的として、1年間に居住地を数か国転々と移動する人々のことです。彼らは、滞在するそれぞれの国で非居住者とみなされる日数しか滞在しないよう予め計算し、国をまたい... 

従業員や役員への貸付金が給与課税されるか否かは特例基準割合◯%で変わる

従業員や役員への貸付金が給与課税されるか否かは特例基準割合◯%で変わる

 従業員や役員にとって、自分の現時点での資力ではどうにもできない、突発的なトラブルが生じたときに、彼らが信頼できる人間ならば、経営者が会社を通じて、低い金利で金銭の貸付を許可することがあるで... 

免税事業者からの仕入れは消費税のかかる課税仕入にしなくてOK?!

免税事業者からの仕入れは消費税のかかる課税仕入にしなくてOK?!

 課税売上高が1,000万円以下の免税事業者と取引している場合、免税事業者が消費税を支払わないならば、自分たちの仕入れも課税仕入の対象とならないのではないか?という疑問が沸き起こります。実際にはど...