節約 社長

経営

あなたの努力に設計図はありますか?正しい努力をしてやっと日本の8万番目

あなたの努力に設計図はありますか?正しい努力をしてやっと日本の8万番目

 経営者の努力は正しい設計図に基づいて行われる必要があります。正しい設計図の無い努力の果てにあるのは、「頑張る」作戦のみであり、どんなに本人が「努力と考えている行動」も全て空回りに終わります... 

こうして店は潰れた 105年の歴史を閉じた地域土着スーパー「やまと」

こうして店は潰れた 105年の歴史を閉じた地域土着スーパー「やまと」

 山梨県の峡北地区を中心に、全盛期の2008年には16店舗のスーパーマーケットを運営し、売上高64億円を売り上げていた「やまと」が2017年末に倒産しました。なぜ、これほどの短期間で「やまと」は潰れてし... 

社員への権限委譲は「誰でも良い」「全員へ権限移譲」だと失敗する

社員への権限委譲は「誰でも良い」「全員へ権限移譲」だと失敗する

 多くの中小企業経営者が、社員への権限委譲について悩んでいます。全員に権限委譲しようとすれば、チェックや報告を受けるだけでも膨大な時間が必要となり、一定割合の人材に権限委譲しても、自分よりも... 

大塚家具の経営革新は周回遅れ~久美子社長が犯した最大の失敗とは?

大塚家具の経営革新は周回遅れ~久美子社長が犯した最大の失敗とは?

 支援者であるTKPから追加出資を断られたことにより、銀行との株持ち合い解消、赤字覚悟の在庫一掃セールなど、とにかく現金を作ることに追われている大塚家具。久美子社長の経営革新は客観的に見て周回遅... 

自営業者との結婚が嫌煙されやすいワケ 結婚したければ会社に経営を入れろ

自営業者との結婚が嫌煙されやすいワケ 結婚したければ会社に経営を入れろ

 自営業者との結婚はどうしても周囲から反対されやすいものです。確かに10年で生き残っているのは10社に1社くらい。相手の方にしても、その親御さんにしても、不安を感じるのは当たり前の話です。しかし、... 

雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

 日本人のサラリーマンの殆どの人は、ビジネスに対する自己投資、つまりは勉強をしません。単純な作業ができるようになっただけなのに、仕事ができると思い込んでますが、勉強をしていないので、いつも難... 

経営なんて習わなくてOK!大谷翔平方式・マンダラチャートで経営はできる

経営なんて習わなくてOK!大谷翔平方式・マンダラチャートで経営はできる

 名将と言われる社長も過去には全く経営の方法など知りませんでした。彼らはチャレンジの結果として大きな借金を背負ったり、下請け生活で味わった苦い経験から、目標設定の大切さを知り、それをクリアす... 

【経営の七不思議】儲かっている会社が即戦力の人材を求めないワケ

経営の七不思議】儲かっている会社が即戦力の人材を求めないワケ

 「業界経験者を雇えば仕事を教えなくても済む。」中小企業の経営者の多くはそう考えるかもしれません。確かに、資源の限られた環境の中で、人を育てるのは至難の業です。しかし、人材育成を諦め、単純に... 

正社員が減っていくのは必然?!部署ごと消滅も当たり前の時代

正社員が減っていくのは必然?!部署ごと消滅も当たり前の時代

 経営者にとって、正社員を雇うことは、「その社員と結婚する」くらい重い意味を持ちます。一方で、インターネットの出現はどんどん仕事を楽な方向に、自動化する方向に進んでおり、頭を使って考えること... 

恥ずかしがらず「ありがとう」を伝えよう『ありがとう経営のススメ』

恥ずかしがらず「ありがとう」を伝えよう『ありがとう経営のススメ』

 上司から部下への「ありがとう」は、あらゆる場面で使える魔法の言葉です。「ありがとうね!」の一言だけで、部下の心は開きます。もしかすると、「ありがとう」と思っていても、貴方が部下に伝えきれて... 

一流の経営者として稼ぐために必要な能力「やり抜く力」とは

一流の経営者として稼ぐために必要な能力「やり抜く力」とは

 アンジェラ・ダックワース著『やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』には、成功者の多くが「グリット」(やり抜く力)が強いことが書いてあります。アンジェラが米国陸軍士官... 

不動産経営最大のリスク「家賃滞納」から身を守る大家が意識する4つのこと

不動産経営最大のリスク「家賃滞納」から身を守る大家が意識する4つのこと

 不動産経営は「不労収入がある」「手間を掛けずに儲けられる」など、とかく美味しい話が持ち上がりやすい業種です。しかし、実際に長年、不動産経営をしてきた人間からすれば、そんな美味しい話はありま... 

本当の働き方改革って「指示の要らぬ働き方をするチーム作り」こっちじゃない?!

本当の働き方改革って「指示の要らぬ働き方をするチーム作り」こっちじゃない?!

 昨今の働き方改革で重視されているのは、AIによる労働生産性の向上、労働時間の短縮など、目に見える「スキル」的なものに依存した改善ばかり。でも、本当は、従業員が自ら考え、自ら動くようになれば、... 

一度目と二度目の不渡りの違い〜二度目の不渡りで会社は必ず倒産しちゃうの?

一度目と二度目の不渡りの違い〜二度目の不渡りで会社は必ず倒産しちゃうの?

 世の中ではよく、「一度目の不渡りは大丈夫でも、二度目の不渡りは致命的」と言われています。では、一度目と二度目の不渡りでは意味合いにどのような違いがあるのでしょうか?また、二度目の不渡りを起... 

誰も指摘やアドバイスをくれない「アホ」な経営者の7つの壁

誰も指摘やアドバイスをくれない「アホ」な経営者の7つの壁

 社長の役割は会社のトップとして最終的な決断を下し、責任を持つことにあります。実質的に会社のトップである以上、社員を含めて周囲の人は社長が間違えていても指摘してくれる人や、アドバイスをくれる... 

マーケティング最大の敵は「諦め」自らの意思でビジネスを動かせ!

マーケティング最大の敵は「諦め」自らの意思でビジネスを動かせ!

 各種メディアを使った情報発信、広告、既存客へのニュースレター、販促…マーケティング活動は本当に骨が折れるのに、成果につながりにくいものです。なので、一度始めてもほとんどの人が途中で挫折して止... 

統制型?委譲型?あなたはどちらのタイプで経営をしていますか?

統制型?委譲型?あなたはどちらのタイプで経営をしていますか?

 指揮系統がトップダウンの統制型経営、方向性とビジョンだけを共有して後は社員に任せる移譲型経営。あなたはどちらのスタイルで会社を経営されていますか?どちらの経営スタイルを取るにしても、メリッ... 

業績停滞期は次の成長タイミングに向けた準備期間〜実践してほしいことベスト5

業績停滞期は次の成長タイミングに向けた準備期間〜実践してほしいことベスト5

 会社の業績が永遠に右肩上がりの状態を保つことはまずありません。右肩上がりの時が一定期間続いたら、必ず停滞期が訪れます。ここで下を向いてしまう経営者の方もいらっしゃいますが、停滞期は見方を変... 

「自分の天職ってなんだろう?」なんて悩んでいるうちは成功しない

「自分の天職ってなんだろう?」なんて悩んでいるうちは成功しない

 今やっている仕事は本当に自分が一生かけてやって良い仕事なのか?本当にこれが自分のやりたかった仕事なのか?勤め人であろうと、経営者であろうと、多くの人がこの問題に悩んでいます。確かに「好きな... 

「稼げない」と思った時にチェックすべき売上を構成する5つの要素

「稼げない」と思った時にチェックすべき売上を構成する5つの要素

 稼げないことほどビジネスオーナーの存在意義を無価値にするものはありません。そして、稼げていない時は、売上を構成する要素のどこかにズレが生じています。その要素は、商品・場所・価格・タイミング... 

税理士はお金のプロ?税金のプロ?経営のプロ?活かすも活かさぬも社長次第

税理士はお金のプロ?税金のプロ?経営のプロ?活かすも活かさぬも社長次第

 会社を作ると必ず顧問契約を税理士さんと結ばなければいけない。こう考えている方って結構多いと思います。では、税理士さんが絶対不可欠な業務とは一体何なのでしょうか?また、税理士さんについて「任... 

売上を今より上げたかったら、見たほうが良い数字は日々の売上ではない。

売上を今より上げたかったら、見たほうが良い数字は日々の売上ではない。

 スポーツの世界でも、音楽の世界でも、学問の世界でも、一流と呼ばれる人たちは例外なく「毎日続けていること」を持っています。ビジネスの世界で売上を上げたかったら「毎日続けること」は、「毎日、数... 

ご存知ですか?潰れそうな会社が最後に実践する「ホープ・マーケティング」

ご存知ですか?潰れそうな会社が最後に実践する「ホープ・マーケティング」

 人は時に明らかに不合理なことを平気でやったりします。たとえば、自らのビジネスが目の前で沈もうとしているのに「何もしていない」人があまりにも多くいます。ある調査によると、廃業してしまったビジ... 

凡人に非凡な仕事を達成させたかったら「教え過ぎるな・指示するな」

凡人に非凡な仕事を達成させたかったら「教え過ぎるな・指示するな」

 社長の仕事の1つは、「人を動かす」ことです。しかし、どうすれば凡人に非凡な仕事をやってもらえるよう動かせるのでしょうか?社員が自ら考えて動くよう、動かすことができるのでしょうか?大小併せて... 

中小企業の社長が「あえてKY(空気読まない)」ほうが上手くいくワケ

中小企業の社長が「あえてKY(空気読まない)」ほうが上手くいくワケ

 小さな会社が勝利を掴み取るためには、自分が勝てる土俵を見つけて、そこで徹底的に戦う必要があります。ところが世の中には「空気」というものが蔓延しており、空気を読んで動くことが重んじられてます... 

目標を100%達成するのは簡単だ!現実を見据えた目標設定“SMART”の法則

目標を100%達成するのは簡単だ!現実を見据えた目標設定“SMART”の法則

 4月の新期入りは新たな目標を設定するにはちょうど良いタイミングです。ただ、設定した目標のほとんどは達成されること無く、忘れ去られてしまいます。なぜなら、それが現実的な目標ではなく、なぜ達成す... 

社員も顧客も7割は自発的になんか行動しない どうやったら彼らを動かせる?

社員も顧客も7割は自発的になんか行動しない どうやったら彼らを動かせる?

 社員も顧客も大抵は思ったように動いてくれません。こちらに強く言われても動かないし、コミットメントさせても持続しないものです。そこで大事なのが、「相手が行動できる環境を作る、相手が動く環境を... 

ホリエモンさんは起業なんて簡単って言うけれど…会社続けるのはやっぱり難しい!

ホリエモンさんは起業なんて簡単って言うけれど…会社続けるのはやっぱり難しい!

 AIの台頭による仕事の自動化、雇用情勢を巡る法律の変更、それに伴う働き方の多様化など様々な要因が重なり、今年の春は起業ブームが起きそうです。「起業なんて簡単」とホリエモンさんをはじめ、起業家... 

【ビジネス限定】自分は運が悪いと嘆いている人達に共通していること

【ビジネス限定】自分は運が悪いと嘆いている人達に共通していること

 ビジネスは世界で一番おもしろいゲームです。ゲームをクリアするためには、経験だけに頼らず、いかに良い形でクリアするか学習しなければなりません。ところが、自分はいつも運が悪いと嘆いている人は、... 

起業は失敗する2018〜計画がずさんだと大金ぶっこくよ(体験あり)

起業は失敗する2018〜計画がずさんだと大金ぶっこくよ(体験あり)

 起業しても10社に9社は消えていき、経営を入れて勝ち戦を仕掛けても残るのは2社に1社。起業とはそれくらい難しいものです。そのため私達は損切りのラインを明確に決めて、倍々ゲームで粗利を増やせないな... 

あなたのビジネスを阻害する「批判」と「羞恥心」どう克服したら良いだろうか?

あなたのビジネスを阻害する「批判」と「羞恥心」どう克服したら良いだろうか?

 ビジネスを始める時、その出鼻をくじくのが、他人の批判と、自らの羞恥心です。他人の批判を気にするあまり萎縮してチャレンジできない、自らの羞恥心を気にするあまり自己開示できない、こうなると待ち... 

超衝撃の真実!99パーセントの経営者や起業家は〇〇〇〇をやっていない!

超衝撃の真実!99パーセントの経営者や起業家は〇〇〇〇をやっていない!

 99パーセントの経営者や起業家が真剣に取り組んでいないことがあります。それは広告・宣伝、つまり、情報発信と広告です。「えっ?やってるよ!」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、本当は真剣に... 

路面店主義〜1階の路面に『店』を持てばネットの時代はなおさら稼げるよ!

路面店主義〜1階の路面に『店』を持てばネットの時代はなおさら稼げるよ!

 どんな商売も目立つ場所で行わなければ、新しいお客さんとコンタクトをする機会に恵まれず、次第に上手くいかなくなります。特に、お店を作るなら路面に面した場所に出店するのが鉄則です。インターネッ... 

助成金を申請する前に会社として準備しておきたい4つのこと

助成金を申請する前に会社として準備しておきたい4つのこと

 助成金の給付を受けるということは、会社の将来的な目標を掲げ、目標を達成して会社を新たなステージに引き上げるために、国から手段としてお金を受け取ることを意味しています。従って、助成金の申請を... 

「社会の底辺の人とは関わってはいけません」顧客選択は商売の命

「社会の底辺の人とは関わってはいけません」顧客選択は商売の命

 去年の夏、akiさんという方が書いた「社会の底辺の人とは関わってはいけません」というブログが炎上しました。この炎上に一番共感した層の人、それは経営者でした。たしかに、商売では「質の高い顧客との... 

「信長の野望」が遊んで学べる最強のビジネス教材と言える3つの理由

「信長の野望」が遊んで学べる最強のビジネス教材と言える3つの理由

 『信長の野望』が遊んで学べる最強のビジネス教材?!本当にそうなんです。実はこのゲーム、ハーバード大学の大学院のMBA経営学修士の教材にもなっています。では、なぜ「信長の野望」が遊んで学べる最強... 

戦国最強の武将・「武田信玄」式の経営法を現代の会社経営に応用してみよう

戦国最強の武将・「武田信玄」式の経営法を現代の会社経営に応用してみよう

 自分の命とひきかえに武将たちが戦争を繰り広げた戦国時代は、経営者の心を惹きつけてやみません。特に、戦国最強の武将と言われる武田信玄は、武田二十四将という有能な部下達を抱え、多くの戦を勝ち抜... 

ドラマ「陸王」に学べ!中小企業を再成長させるイノベーションの起こし方

ドラマ「陸王」に学べ!中小企業を再成長させるイノベーションの起こし方

 どんな市場も製品も事業も必ず、成長を経た後に衰退期を迎えるため、企業を存続させ、再成長させるためにはイノベーション(革新)を起こす必要があります。しかし、多くの企業はこれまでの事業やモノに... 

こんな成功者の本は読むな!“自称”成功者が書いた本の特徴

こんな成功者の本は読むな!“自称”成功者が書いた本の特徴

 ビジネスで成功していく上で自ら学習するのは非常に重要なことです。学習の代表例と言えばビジネス書を読むことですが、中でも成功者の本を読むと様々な気付きを得ることができます。ただし、成功者にも2... 

「60歳になってからビジネスにチャレンジするなんて無理ゲー」は本当か?

「60歳になってからビジネスにチャレンジするなんて無理ゲー」は本当か?

 60歳になってからビジネスにチャレンジするなんて「無理ゲー」。世間の常識はもしかするとこんな感じかもしれません。自分自身も今までの人生を振り返ると後悔だらけの人が多いことでしょう。しかし、... 

仕事もボーリングも一緒。やるべきことはセンターピンを狙うだけ

仕事もボーリングも一緒。やるべきことはセンターピンを狙うだけ

 ボーリングで勝つための鉄則といえば、センターピンを狙うことです。左右のピンを勢い良く倒したところで、倒れるピンの本数は限られており、一方でセンターピンを倒せば他のピンも効率よく倒れる可能性... 

若い社長はわからないかも!小切手って何?使うメリットとリスクは?

若い社長はわからないかも!小切手って何?使うメリットとリスクは?

 ネットバンクが普及したこともあり、使われる機会が減ったと言われる小切手。若い経営者の中には、小切手をテレビドラマで見ただけで、実際の使い方を知らない方もいらっしゃることでしょう。そこで本稿... 

だまされる側の経営者となるなかれ!ドラゴン桜に学ぶ「信用の力」

だまされる側の経営者となるなかれ!ドラゴン桜に学ぶ「信用の力」

 マンガ『ドラゴン桜』では、元暴走族の弁護士・桜木先生が落ちこぼれ生徒たちに世の中の冷酷な仕組みを伝えたうえで、「このままだとお前らは負け組だ」と発破をかけ東大合格を目指すよう諭しました。同... 

350人中350番のビリからスタート〜今は凄い社長も起業当初はみんな黒歴史だらけ

350人中350番のビリからスタート〜今は凄い社長も起業当初はみんな黒歴史だらけ

 今は凄い社長も起業当初は大体みんな黒歴史だらけです。スキルも無ければ経験も無い。ただの作業員上がりにスマートな仕事なんか出来やしない。でも、仕事が無いと死ぬから必死で仕事を貰おうとする。だ... 

自社に優れた営業メソッドやノウハウがある場合、これを特許で守ることは可能か?

自社に優れた営業メソッドやノウハウがある場合、これを特許で守ることは可能か?

 世の中には、画期的な「営業メソッド」「営業ノウハウ」などを生み出し、これによって販売を拡大している会社があります。これらは、コンピュータを介在させた「ビジネスモデル特許」で守る必要がありま... 

40過ぎで儲かってない社長が下克上で年間4千万の利益を出すため今からすべきこと

40過ぎで儲かってない社長が下克上で年間4千万の利益を出すため今からすべきこと

 ドラマ化もされた「下克上受験」は、「40歳を超えるともうここからは人生は変えられない」と考える親が、子供を医学部へ受からせるべく勉強させるという辛辣なテーマの話でした。翻って、40歳を過ぎて儲... 

ビジネスのチャレンジに失敗は無い。あるのは学習か成功のみだ。

ビジネスのチャレンジに失敗は無い。あるのは学習か成功のみだ。

 どんな人であってもチャレンジしてなかなか上手く行かないと、ついついこれまでを否定して萎縮してしまい、何もしたくない気持ちにもなり、次のチャレンジから逃げたくなるものです。では、失敗してもク... 

「ビジネスはお金が全てじゃない」は甘ったれ経営者のザレ言

「ビジネスはお金が全てじゃない」は甘ったれ経営者のザレ言

 「ビジネスはお金が全てじゃない。お金よりも大事なものがあるはずだ。」とおっしゃる経営者の方もいらっしゃいます。しかし、島倉さんはこれを真っ向から否定。ビジネスが顧客に提供した価値をお金でも... 

勤め人からいきなりビジネスオーナーになる手っ取り早い方法

勤め人からいきなりビジネスオーナーになる手っ取り早い方法

 自分が勤め人でありながら、起業開業とかしたいんだけれども、一体どういうふうな長期計画を立てて良いか分からない。それならば、勤め人をやりながら、ビジネスオーナーや投資家になる手段を選ぶのはど... 

お店の看板にちょこっと一工夫加えるだけで顧客を激増させる施策

お店の看板にちょこっと一工夫加えるだけで顧客を激増させる施策

 店舗を運営している場合、大抵お店の看板を出すことになりますが、その多くは変更されず静的な状態にあり、更には事務的な情報しか掲載されていません。しかし、看板に「変更可能な数字パネル」をはめて... 

ステージアップのタイミングに起きやすい2つの現象〜違和感への対策は?

ステージアップのタイミングに起きやすい2つの現象〜違和感への対策は?

 自分の活躍する舞台が変わりそう、大きな環境の変化が待ち受けている、こんなときは、高揚感と共に不安やマイナスイメージが膨らむ時でもあります。なぜこのような現象が起きるのでしょうか?ステージア... 

最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

最大6億円!の低利融資が受けられる日本政策金融公庫の「新事業育成資金」

 ビジネスが軌道に乗りはじめると、どこかの段階で「資金調達」を円滑に行えないと、ビジネスが小さいまま、おまけに資本力のあるライバルに市場を奪われる、という事態が生じてしまいます。経営の独立性... 

偶然を楽しめ〜偶然の出会いや偶然の発見は行動した者のみに湧き出る

偶然を楽しめ〜偶然の出会いや偶然の発見は行動した者のみに湧き出る

 ビジネスで成功した人を見て、「あの人は偶然そういうチャンスに巡り合ったから、運が良かったんだよ。」という人がいます。しかし、偶然の出会いや発見は、行動した人のみに対して「湧き出る」ものであ... 

もう夢に日付を入れても叶わない。偶然の変化に応じる者のみが最後に笑う。

もう夢に日付を入れても叶わない。偶然の変化に応じる者のみが最後に笑う。

 居酒屋のワタミを創業した渡邉美樹さんの本で推奨されている考え方の1つに、「夢に日付を!」というものがあります。夢をいつまでに達成すると日付を入れ、これを実行するために行動の具体的な日付まで設... 

5千人VS15万人でも圧勝☆経験に頼らない経営者の見本・大村益次郎

5千人VS15万人でも圧勝☆経験に頼らない経営者の見本・大村益次郎

 時は幕末。長州藩の医者の家系に生まれ、実戦経験が無いにもかかわらず、第二次長州征伐で15万人の幕府軍に対してわずか5千人で挑み、圧勝した軍師がいました。大村益次郎です。大村益次郎は、少数精鋭な... 

儲かる会社はザックリ予算組みして儲けてる。儲かる社長の思考回路

儲かる会社はザックリ予算組みして儲けてる。儲かる社長の思考回路

 会社としての純利益が数千万円単位で出てくると、中小企業でも「儲かっている」実感が湧いてくるものです。キミアキ先生は、数千万円単位の純利益を出す事業を作れるか否かは、最初に立てる作戦で決まる... 

サラリーマン時代のビジネスで起業し失敗する人が共通して見落としていること

サラリーマン時代のビジネスで起業し失敗する人が共通して見落としていること

 サラリーマン時代と同じ業種のビジネスで起業する場合、それなりに経験があって、知識、技術、ノウハウがあるから成功する可能性が高い、と思う人が多いようです。しかし、初めて見るとなぜか上手くいき... 

世界に出なくても国内で十分に勝てる〜個人商売の情報発信・5つの基本方針

世界に出なくても国内で十分に勝てる〜個人商売の情報発信・5つの基本方針

 インターネット社会が発展したことで、私達はみな個人で好きなように情報発信を行えるようになりました。このことは、個人で事業を営む人や、零細企業にとって、またとないチャンス。個の時代を生き抜く... 

キーワードは「ぶつける」繰越欠損金を活用した4つの節税対策

キーワードは「ぶつける」繰越欠損金を活用した4つの節税対策

 繰越欠損金とは、会社が赤字の状態となったときに、これを翌年以降に繰り越すことで、翌年以降の利益と相殺できる赤字額のことです。繰越欠損金の計上は9年間しか認められておらず、使いきれなかった場合... 

新規開業するなら万年赤字企業を相手に戦えば案外勝ち残りやすい

新規開業するなら万年赤字企業を相手に戦えば案外勝ち残りやすい

 小資本ビジネスでは「スタートから10年の生存率が1割」と考えられていますが、その10年を黒字で終えた会社は更に強くなり戦うのが大変な相手となります。一方で、10年の節目を赤字で終えた会社は経費削減... 

中小企業に蔓延する「中小企業病」の典型的な4つの特徴と改善策

中小企業に蔓延する「中小企業病」の典型的な4つの特徴と改善策

 世間的には「与えられた役割しかやれない」大企業病にフォーカスが集まりがちですが、中小企業にも中小企業病という特有の病気があります。中小企業病にかかっている会社は、社長に権限が集まりやすい一... 

ミッション・理念・ビジョン・クレドはそれぞれ何を意味するの?

ミッション・理念・ビジョン・クレドはそれぞれ何を意味するの?

 経営は、ミッションと理念、それからビジョンにクレドも大切だと言われており、これを解説する本も書店に沢山並んでいますが、その定義を聞かれるとなかなか答えられないものです。似ているようで微妙に... 

縮小し続けるカメラ市場で毎年2桁成長を続ける会社がやってること

縮小し続けるカメラ市場で毎年2桁成長を続ける会社がやってること

 わずか8年で市場規模が半分以下となった市場、それはコンパクトカメラ市場です。しかし、縮小し続けるコンパクトカメラ市場にあって、毎年顧客数と売上を伸ばし続ける会社があります。それは、シュッピン... 

トヨタ創始者の豊田喜一郎に学ぶ「経営者はビジョンを持て」の意味

トヨタ創始者の豊田喜一郎に学ぶ「経営者はビジョンを持て」の意味

 「経営者はビジョンを持たないとダメだ」とよく耳にすることはありませんか?ビジョンとは、はっきりイメージできる「夢」であり、曖昧なものでありません。一方で大きな夢を持っても、そんなことはどう... 

社長が本当に変わって死に物狂いのスイッチが入るのは潰れそうになってから

社長が本当に変わって死に物狂いのスイッチが入るのは潰れそうになってから

 夏休みの宿題って、なぜか休み終了直前になるまで、本腰を入れられなかった記憶はありませんか?社長もたとえ赤字会社を経営し、解決すべき問題があっても、会社が潰れそうになるまで、本気で自分を変え... 

社長、損してOKです!特別損失を出して決算改善ってどういうこと?

社長、損してOKです!特別損失を出して決算改善ってどういうこと?

 金融機関との融資交渉にあたっては、良い決算書を提示する必要があります。しかし、何も考えていない税理士を雇ったりしている会社では、営業費用や経常費用に多くの費用を計上しすぎて、営業利益や経常... 

事業が花開いてお金が儲かり始めたら考えるべき2つのこと

事業が花開いてお金が儲かり始めたら考えるべき2つのこと

 ある事業がついに花開き、会社に大きな利益をもたらしてくれるようになったら、考えるべきことが2つあります。1つ目は税金が増えることによる資金繰りをどうするか?、2つ目は事業の方向性をどうするか... 

小さくても強くて楽しい高収益の零細企業がやっている4つのこと

小さくても強くて楽しい高収益の零細企業がやっている4つのこと

 少ない人数で運営されているため、見た目にはあまり派手に見えなくとも、経営者や社員の一人ひとりが優秀で、外部とも良いお付き合いをしている高収益の零細企業が増えてます。これら小さくても強い零細... 

渡米してNYで靴磨きから始めてミリオネラになった69歳日本人「大社長」の教え

渡米してNYで靴磨きから始めてミリオネラになった69歳日本人「大社長」の教え

 キミアキ先生はある時に知己の縁から、渡米してNYで靴磨きから始めて、やがて数々の事業で成功したDANさんという大社長と知り合うようになりました。御年69歳になる大社長の心がける成功哲学、それは自ら... 

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

 人は自分の経験してきたことや知っている知識の中で、目の前の対象物を把握したがる、利用可能性ヒューリスティックといい性向を持ちます。人間にとって考えることや想像することは重労働なのです。たと... 

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

 あなたは「あなたの会社にとって最強の競合はどこですか?」と聞かれた時に、どの会社を最初に思い浮かべますか?多分多くの人は、商圏が同じ同業他社を思い浮かべるのが普通かもしれません。しかし、私... 

インチキ経営コンサルタントと真っ当な経営コンサルタントの違いは?

インチキ経営コンサルタントと真っ当な経営コンサルタントの違いは?

 世の中には経営コンサルタントを名乗る人が沢山存在します。ところが、同じコンサルタントでも、「インチキ系コンサルタント」と「真っ当なコンサルタント」では、対応が全く違うものになります。そこで... 

キャッシュが尽きたらサヨナラ〜売上を捨てて減収増益を目指す作戦で復活

キャッシュが尽きたらサヨナラ〜売上を捨てて減収増益を目指す作戦で復活

 販売不振に陥っている企業が、いきなり増収増益を目指すことは非常に困難を極めます。現実的には、「売れない物の売上を捨て」「売れる物をより多く売る」一時的な減収増益の方針を取る決断を行わなけれ... 

自分の夢や目標を紙に書き出せば成功に近づくって本当ですか?

自分の夢や目標を紙に書き出せば成功に近づくって本当ですか?

 「夢や目標をノートに書き出すと成功に近づく」と多くの人が考えています。しかし、アメリカのとある大学が卒業生を追跡調査した結果によると、3%の成功した人に分類された人は、これらを行うのはもち... 

「マインド」でビジネスは差別化できない〜求められるのは継続的な実践

「マインド」でビジネスは差別化できない〜求められるのは継続的な実践

 「マインドが良ければビジネスは成功する」「マインド・リセットで新たな活路を!」ここ最近、世の中にはこのように、マインド次第でなんでも出来るという考え方が流行っています。しかし、ビジネスを成... 

商売上手な人達と付き合いたければまずは粗利◯千万円を目指せ

商売上手な人達と付き合いたければまずは粗利◯千万円を目指せ

 商売を上手く行かせる大原則は、「商売上手と付き合う」と付き合うことです。従って、商売上手な人とお付き合いをしたいと思ったら、自分も最低限の商売上手になる必要があります。一つの目安として「粗... 

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

マグロ屋の社長がマグロ在庫の架空計上で粉飾!?その末路はこうだ!

 中小企業にはびこる粉飾決算という悪習。多くの企業が似たような手口で粉飾に手を染めます。今は大丈夫でも、一度道を踏み外して、そのまま起死回生を計れないと大変なことになります。架空の冷凍マグロ... 

サラリーマンとしての経験は本当に起業後でも役に立つものか?

サラリーマンとしての経験は本当に起業後でも役に立つものか?

 起業を検討する人がよく抱く疑問の一つに「起業にサラリーマン時代の経験は生きるか?」というものがあります。ところがキミアキ先生は、サラリーマンの時の経験は、多くの人が思っている以上に役に立た... 

未来が不安な人に知ってほしい「未来は今、この瞬間に決まっている」という事実

未来が不安な人に知ってほしい「未来は今、この瞬間に決まっている」という事実

 多くの経営者は、将来に対する不安がつのりがちで、少しでも不安を無くしたいと考えようとします。不安をなくすためには、「今、この瞬間に自分が未来を決めている」という事実を知る必要があります。英... 

高学歴な経営者の元に高学歴で優秀な社員が集まりやすい理由

高学歴な経営者の元に高学歴で優秀な社員が集まりやすい理由

 仕事の出来る出来ないは、運動神経のようなもので、学歴が仕事の出来る出来ないの判断基準とは言えません。では、なぜ大企業は高学歴の人間を集めたがるのでしょうか?その合理的な理由に触れながら、中... 

「人罪」ではなく「人財」を社内に生み出す社長のあり方とは

「人罪」ではなく「人財」を社内に生み出す社長のあり方とは

 昨今の新人研修では、「人材」から「人罪」や「人在」とならないように、という講釈をたれる研修屋さんが増えています。しかし、新人が「人罪」や「人在」となる根源には、「人罪」や「人在」のみならず... 

「エネルギー保存の法則」から考える「プラスな言葉」の重要性

「エネルギー保存の法則」から考える「プラスな言葉」の重要性

 弾んでいるボールは、地面にぶつかって跳ね上がることを繰り返すうちに、次第に跳ね上がりかたが弱くなり、ついには地面に止まってしまいます。このように、エネルギー保存の法則のよると、エネルギーは... 

永遠なるコロンブスの卵・ビジネスは仕組が先か?売上が先か?

永遠なるコロンブスの卵・ビジネスは仕組が先か?売上が先か?

 経営者間において起こる論争の一つに「ビジネスは仕組みが先か?それとも売上が先か?」というものが挙げられます。確かに日本国内の成功事例を見れば、ビジネスモデルは優れた企業が多いですし、アメリ... 

利回り20%!「変なホテル」が「当たり前のホテル」になる日

利回り20%!「変なホテル」が「当たり前のホテル」になる日

 日本国内でも既に、従来は人間がやっていた仕事をロボットが代替している、実際のケースが存在します。その一つが、長崎県のハウステンボス内にある「変なホテル」です。受付からクロークまで、ほぼ全て... 

会社を成功させたいなら社長は現場に出るな!社長の本分とは?

会社を成功させたいなら社長は現場に出るな!社長の本分とは?

 中小零細企業の多くは、社員と社長の距離が非常に近いため、社員さんも社長が作業する姿が見えると、「あ!一緒に汗かいてくれてる!」と思ってくれるものです。ところが、会社の規模に関わらず、社長の... 

名曲・365歩のマーチが経営者に与える普遍的な4つの金言

名曲・365歩のマーチが経営者に与える普遍的な4つの金言

 「三百六十五歩のマーチ」(さんびゃくろくじゅうごほのマーチ)は、1968年(昭和43年)11月10日に発売された水前寺清子の23枚目のシングルです。実はこの歌、高度経済成長期にかぎらず、普遍的な企業運... 

繁盛したら気をつけろ!会社やお店が潰れる要因はいつも同じ型

繁盛したら気をつけろ!会社やお店が潰れる要因はいつも同じ型

 繁盛しているお店や時流に乗っている会社が陥りやすい罠があります。その罠とは、既存の顧客との取引に入れ込んでしまい、新規顧客開拓を怠りがちになることです。リピーターを大切にすることは当たり前... 

長州藩で幕末に優れた人材が多数生まれたのはリストラのお陰?

長州藩で幕末に優れた人材が多数生まれたのはリストラのお陰?

 幕末期の諸藩において、多様な出自から有能な人材を見出した藩は長州藩である。身分が市農工商で明確に区別されていた江戸時代に、ダイバーシティ型組織を実践していた点は驚きと言えよう。なぜ長州藩か... 

理系男子、もはや技術畑に留まらず経営者として世界にはばかる

理系男子、もはや技術畑に留まらず経営者として世界にはばかる

 工学系の教育を通して身に付く思考力は、ロジックにより成り立つものであり、企業の数値目標を定めてそこへ向かう姿勢は、工学的な勉学を経験している方が、現実的・実利的な思考を生かしやすいという見... 

中小企業の生きる道〜コア業務以外は徹底的に外注せよ〜

中小企業の生きる道〜コア業務以外は徹底的に外注せよ〜

 日本だけでも数多の企業があり、Web上では国内外関係なく、更に多くの企業との比較、競争に私達はさらされています。差別化できる技術・人的リソースがあったとしても、他の部分が平均点未満ならば、顧客... 

「いつやるか?今でしょ!」の林先生に学ぶランチェスター戦略

「いつやるか?今でしょ!」の林先生に学ぶランチェスター戦略

 今ではすっかりお茶の間の人気者となった東進ハイスクール・現代文講師の林修先生が、塾講師として選んだキャリアは、弱者のランチェスター戦略そのものと言えます。数学の講師から始めたキャリアを、現... 

サラリーマン思考では儲かる会社の社長となれない5つの理由

サラリーマン思考では儲かる会社の社長となれない5つの理由

 かつて所属していた企業では、スタープレイヤーとして活躍していたはずが、自分でいざ起業した時には、驚くほど儲からない。このようなジレンマに陥っている経営者の方はかなり多いようです。キミアキ先... 

クックパッドのお家騒動に学ぶ「会社の経営権は誰のものか」

クックパッドのお家騒動に学ぶ「会社の経営権は誰のものか」

 クックパッドの経営方針を巡るお家騒動では、創業者で4割以上の議決権を有する筆頭株主と雇われ経営陣・従業員による対立構図が、鮮明なものとなっています。大株主とプレイヤー側で、経営方針の対立が起... 

経営者が埋没原価(サンクコスト)に惑わず前に進むメリット

経営者が埋没原価(サンクコスト)に惑わず前に進むメリット

 経営者の方の多くは、自分の事業に想い入れを持って、実務にあたっていることと思います。ところが自分が考えている想定利益を下回る収入しか得られていないとしたら、本当にその事業は行う価値があるも... 

NBA史上最強のバスケットボールチームから教わる経営の極意

NBA史上最強のバスケットボールチームから教わる経営の極意

 NBAのドラフト制度は、個の力がチーム成績を大きく左右するバスケットボールの特性をうまく利用し、前シーズンに成績の悪かったチームから順番に指名していく方式が採用されています。従ってNBAで毎年の... 

“あさが来た”のあさだけじゃない!三井の礎を築いた女傑・殊法

“あさが来た”のあさだけじゃない!三井の礎を築いた女傑・殊法

 NHKの朝ドラ「あさが来た」の主人公・広岡麻子(以下:あさ)といえば、明治を代表する女性実業家である。彼女の出自は今でも日本を代表する三井グループの「三井家」であるが、三井の女傑といえば、実は...