節約 社長

税務

分社経営は「組織論」と「税務論」の双方でメリットデメリットを検討せよ

分社経営は「組織論」と「税務論」の双方でメリットデメリットを検討せよ

会社の経営が順調であるほど、会社の規模は大きくなっていきます。成し遂げられることが増え、そこから糧を得る仲間が増え、会社の規模が大きくなる事は、経営者にとってはこの上ない幸せです。しかし、こ... 

エアコンの取付費用はエアコンと一緒に減価償却しなくちゃダメ!?

エアコンの取付費用はエアコンと一緒に減価償却しなくちゃダメ!?

 30万円未満の少額資産を購入すると、その資産を購入・使用開始した年度に一括して費用計上が可能です。ところが、例えばの話で、会社用にエアコンを購入して、本体代金が28万円、取付費用(付随費用と呼... 

源泉所得税の納期特例〜税金支払のタイミングに幅が出来る優れた制度

源泉所得税の納期特例〜税金支払のタイミングに幅が出来る優れた制度

 原則的に源泉所得税は、お給料を支給した翌月の10日までに税務署に納めなければなりませんが、規模が小さい会社や個人事業主であれば、所得税は半年に1回まとめて納めても良い、「源泉所得税の納期の特例... 

会社が赤字でも支払い義務が生じる税金・代表的な3つの項目

会社が赤字でも支払い義務が生じる税金・代表的な3つの項目

 日本の会社は恒常的に赤字会社のほうが多くて、最新の統計でも66.7%の企業が赤字だということがわかっています。赤字会社を経営する社長さんの中には「赤字なんだから税金を支払わなくても良い」と考え... 

QVCがマリンスタジアム命名権を途中で契約解除。違約金の処理はどうなる?

QVCがマリンスタジアム命名権を途中で契約解除。違約金の処理はどうなる?

 先月末、QVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)の命名権を持つ株式会社QVCジャパンが、契約の途中解約を申し入れ、3億3千万円の違約金を支払うことで合意しました。QVCジャパンの支払う違約金はど... 

安易なニセ税理士の活用で節約したら…思わぬ重大トラブルに!

安易なニセ税理士の活用で節約したら…思わぬ重大トラブルに!

 「税理士は報酬が高い」「今までの付き合いがある」といった理由で、ニセ税理士とお付き合いされている経営者の方が増えています。ただしニセ税理士を利用することは法律違反であり、デメリットも大きな... 

レシートで経費は落ちないって本当?ズバリお答えしましょう。

レシートで経費は落ちないって本当?ズバリお答えしましょう。

 多くの経営者が悩む問題、それは経費の証拠書類として「レシートはダメなのか」というものです。答えを先にお伝えすると、レシートは経費の証拠書類になります。しかも領収書よりも証拠能力が高いのです... 

2015年 節約社長記事ベスト5発表〜節税編〜

2015年 節約社長記事ベスト5発表〜節税編〜

 元旦まであと3日。節約社長は「コツコツ節約、シッカリ利益。」をコンセプトに節税対策の記事を、80記事以上配信してきました。本年の締めくくりとして、配信された記事のうち、読者からの反響が良かった... 

12月末までにふるさと納税の余剰枠をチェックして節税

12月末までにふるさと納税の余剰枠をチェックして節税

 いよいよ今年もあと10日ほどになりました。今年適用を受ける制度について、もう一度確認をするといい時期です。確認すべきもののひとつとして、近年人気の高まりを見せているふるさと納税があります。自... 

ついに福岡市で法人税減税へ!スタートアップは福岡がお勧め

ついに福岡市で法人税減税へ!スタートアップは福岡がお勧め

平成28年の税制改正大綱により、以前より福岡市が導入に向けて交渉を重ねてきた「スタートアップ減税」が導入される見込みとなりました。今回、福岡市に導入される制度は、所得を20%カットしてくれるものに... 

いざ税務調査当日!調査官にどう接すれば上手に乗り切れる?

いざ税務調査当日!調査官にどう接すれば上手に乗り切れる?

 「社長、税務調査が入りました!」この言葉を聞いて、”うれしい”と思う経営者はまずいないはずです。さて、一定の期間が設定された後、いよいよ税務調査の当日が来ます。果たして経営者は、税務署の調査... 

社員旅行の費用を福利厚生費で堂々と落とす方法

社員旅行の費用を福利厚生費で堂々と落とす方法

 経営者ならば、従業員満足度を高めて長く働いて欲しいと考える方が多いことでしょう。給与面、働きがいの提供などは常に意識するとして、いつも頑張っている従業員に少しでもリフレッシュしてもらう手段... 

社員旅行の費用を福利厚生費で堂々と落とす方法

社員旅行の費用を福利厚生費で堂々と落とす方法

 経営者ならば、従業員満足度を高めて長く働いて欲しいと考える方が多いことでしょう。給与面、働きがいの提供などは常に意識するとして、いつも頑張っている従業員に少しでもリフレッシュしてもらう手段... 

国に資産を管理される貯蓄税の実現は有り得るのか?

国に資産を管理される貯蓄税の実現は有り得るのか?

 10%に消費税を上げた後、更に消費税を上げるのはかなり難しい話です。一部の有識者からは消費税以外の新たな税として、貯蓄税の創設が話題として取り上げられています。逆進性が回避できて、ちょうどマ... 

クラウド会計がセキュリティ上安全な3つのワケ

クラウド会計がセキュリティ上安全な3つのワケ

 年末が近づくと年末調整や確定申告が頭にちらつき始め、会計データの整理を始めようと考える方も多いことでしょう。もし効率的に会計データを整理するなら、この際にクラウド会計ソフトへ会計ソフトを切... 

ビットコインに代表される仮想通貨 税務会計上の取り扱いは?

ビットコインに代表される仮想通貨 税務会計上の取り扱いは?

 ビットコインとは、 インターネット上で流通している仮想通貨のことを指しますが、日本では日常的な決済用途として普及していません。とはいっても、投機目的でビットコインを持つ方が少なからずいること... 

公認会計士と税理士の業務って何がどう違うの!?

公認会計士と税理士の業務って何がどう違うの!?

 公認会計士や税理士は今や市場に溢れかえっており、読者の皆様のお知り合いにも公認会計士や税理士の方が多数いらっしゃるのではないでしょうか。ところが公認会計士と税理士の業務で何が違うのか、はっ... 

現役世代全てが加入対象者へ 経営者も活用できる確定拠出年金

現役世代全てが加入対象者へ 経営者も活用できる確定拠出年金

 現役世代が誰でも確定拠出年金に加入できるような法律の改正案が衆議院で可決されました。「確定拠出年金」と聞くと「大企業のためのものだから自分には関係ない」と感じる経営者の方も多いようですが、... 

小規模企業共済で節税しながら経営者の退職金を積み立てよう

小規模企業共済で節税しながら経営者の退職金を積み立てよう

 スタッフの退職金を「中退共」などで積み立てている企業はあるかもしれませんが、中小企業で経営者に退職金の積み立てがあることは稀です。そこで、節税と経営者の退職金代わりとなる「小規模企業共済制...