節約 社長

相続

「橋の下で拾った子供」がマジだった…「藁(ワラ)の上からの養子」の相続問題

「橋の下で拾った子供」がマジだった…「藁(ワラ)の上からの養子」の相続問題

 「お前は橋の下で拾った子供だからか、本当に言うことを聴かない!」ほとんどの場合、この捨て台詞は親の冗談ですが、相続手続きの中では、出生した子を実の親の戸籍ではなく、別の人の戸籍に 「直接」そ... 

海外在住時に発生する遺産相続はかなり面倒〜備えておくべき2つの書類

海外在住時に発生する遺産相続はかなり面倒〜備えておくべき2つの書類

 海外で相続が発生してしまい、日本に住民登録がないと印鑑登録や印鑑証明書の交付を受け取ることができないため、故人の銀行口座は凍結され、お金の引き出しが一切出来なくなります。しかも、その凍結を... 

聞かれると意外に答えられない「退職した従業員の住民税支払い手続き」

聞かれると意外に答えられない「退職した従業員の住民税支払い手続き」

 6〜7月はボーナスが出ることもあり、従業員の退職が増える時期です。事務方の人も経営者も意外に知らないのが、退職した従業員の住民税を、誰がどのように支払うのかという問題です。実は、退職した従業... 

中小の事業承継における株式評価の方法〜その難易度が高いワケ

中小の事業承継における株式評価の方法〜その難易度が高いワケ

 社長の平均年齢が60歳を越え、あと10年ほど経過すると、中小企業で事業承継ラッシュが始まります。事業承継する企業が非上場企業の場合、株式相続は「取引相場のない株式等の評価」で行われますが、具体... 

ご存知ですか?個人事業主が亡くなった後に遺族が行う「準確定申告」

ご存知ですか?個人事業主が亡くなった後に遺族が行う「準確定申告」

 いよいよ確定申告の期間ですが、1)前年のうちに確定申告を行う必要がある被相続人が亡くなった、2)年が明けて確定申告と納税を行うまでの期間に被相続人が亡くなった、という場合は、相続人が被相続人... 

真田幸村のオヤジ・昌幸の致命的な欠点から世代交代の時代を生き抜く知恵を学べ

真田幸村のオヤジ・昌幸の致命的な欠点から世代交代の時代を生き抜く知恵を学べ

 日本は成熟社会へと移行しており、これに伴い世代交代が各所で起こっています。時は戦国時代、真田幸村の父であり、名将の呼び声高い真田昌幸は、抜群に頭がキレたにも関わらず、旧勢力の側に付く致命的... 

千代田区民なら本籍は皇居でもOK?意外と知らない戸籍の知識

千代田区民なら本籍は皇居でもOK?意外と知らない戸籍の知識

 相続手続きを進める際など重要になる書類が、戸籍謄本です。戸籍は最寄りの自治体で入手することが可能ですが、個人情報が記載されているため、通常は閲覧できる人は親族などに限られています。ちなみに... 

社長だった父が負債を抱えて死亡…負債相続時に気をつけること

社長だった父が負債を抱えて死亡…負債相続時に気をつけること

 父親が経営者である場合、莫大な財産の相続とは逆に、負債を相続しなければならない場合もあります。負債は勝手な負担割合の決定ができませんが、債権者との合意がある場合に、事業承継者が相続人全員の... 

相続するはずの預金が無断で引き出された!どうすればいいの?

相続するはずの預金が無断で引き出された!どうすればいいの?

 父の訃報を受けて、悲しみに暮れながらも、財産について遺産分割を話しあおうとしたところ…預金口座にお金が残っていません!なぜか?少し考えると「まさか、アイツ勝手に使ったな…」という人間がいたり... 

事業承継円滑化のための税制措置をGW中におさらいしてみよう

事業承継円滑化のための税制措置をGW中におさらいしてみよう

 事業承継が、中小企業の経営者にとって、非常に大きな悩みとなっています。事実、20年前には親族間で90%以上の会社が事業承継に成功していたにも関わらず、その数値は近年60%前後まで落ちています。悩... 

弁護費用より高くつく 税金に詳しくない弁護士の税金トラブル

弁護費用より高くつく 税金に詳しくない弁護士の税金トラブル

 弁護士の方々は法律の専門家ではあるものの、税金についてはそんなに詳しくない方が多いのも事実です。ところが民法で争う問題の殆どは「お金が絡むトラブル」です。お金が絡むトラブルを解決する過程で... 

代表者借入を早期に解消したい時に活用できる3つの対策方法

代表者借入を早期に解消したい時に活用できる3つの対策方法

 多くの中小企業では、特に創業期に、代表者が自己資金によって運転資金等の穴埋めをすることで、会社を存続させているケースがあります。ただし、借入金が長いスパンで貸借対照表から消えないことは、特... 

一般社団法人が不動産の節税対策で注目され始めたワケ

一般社団法人が不動産の節税対策で注目され始めたワケ

 不動産の保有手段として、一般社団法人という形態を取るオーナーが増えています。なぜ不動産オーナー達は一般社団法人による不動産の所有を行うようになりはじめているのでしょうか?あまり聞き慣れない... 

マイナンバーで損するな。人生ステージ毎の手続きはこれだ!

マイナンバーで損するな。人生ステージ毎の手続きはこれだ!

 昨年の10月から個人宅へマイナンバー通知書の配布が始まり、既に殆どの方が通知書を手にされたと思います。いよいよこの1月からは、その通知書をもとに、郵送やスマホ・PCなどによる「個人番号カード... 

貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

 最近雑誌などでよくみかけるタワーマンション節税ですが、国税庁が行き過ぎた節税策に監視の目を向けているようです。一般にマンションは高層階の部屋になるほど市場価格は高くなりますが、相続税評価に... 

10年近く前に発生した相続の『放棄』を認めてもらう方法

10年近く前に発生した相続の『放棄』を認めてもらう方法

 相続放棄とは、相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない旨を、家庭裁判所に申述し、受理されることを言います。経営者が負債を抱えていた場合、遺族は負債も相続しなければなりませんが、相続放... 

中小企業倒産防止共済で節税と貸倒れ保証をダブルゲット

中小企業倒産防止共済で節税と貸倒れ保証をダブルゲット

 中小企業にとって大きな取引先の貸倒れは、すなわち企業存亡の危機を意味する。中小企業倒産防止共済に加入しておけば、月々の積立で最大8,000万円の貸付を中小企業基盤整備機構から借り入れることが可能...