節約 社長

松下幸之助

過去の生存戦略を捨てられぬ人が実践すべき「アンラーン」2つのステップ

過去の生存戦略を捨てられぬ人が実践すべき「アンラーン」2つのステップ

 時代によって生存戦略は次々と変化していきます。昭和の時代には昭和の生存戦略があり、平成のはじめには平成初期の生存戦略がありました。しかし、これらは過去の遺物となっています。しかし、過去の生... 

35歳以上のミドル層が選ぶ理想の経営者ランキング、第1位は?

35歳以上のミドル層が選ぶ理想の経営者ランキング、第1位は?

 35歳以上のミドル層ビジネスマンと言えば、ある程度の経験も積んで、仕事もバリバリとこなす期待の星。彼らにとって「理想の経営者」とはどのような人なのでしょうか?直近行われた調査で堂々の第一位に... 

ミッション・理念・ビジョン・クレドはそれぞれ何を意味するの?

ミッション・理念・ビジョン・クレドはそれぞれ何を意味するの?

 経営は、ミッションと理念、それからビジョンにクレドも大切だと言われており、これを解説する本も書店に沢山並んでいますが、その定義を聞かれるとなかなか答えられないものです。似ているようで微妙に... 

会計を経営に生かせないと真の経営者にはなれない〜稲盛和夫6つの教え

会計を経営に生かせないと真の経営者にはなれない〜稲盛和夫6つの教え

 京セラの創業者・稲盛和夫は、ダム経営を発案した松下幸之助の薫陶を受け、経理マンをとても重用した経営を心がける人です。稲盛は会計と経営を上手く混ぜて、後に多くの経営者が競うように学ぶことにな... 

飲むお店の選択から始めよう〜ビジネスで「運のある人」になる方法

飲むお店の選択から始めよう〜ビジネスで「運のある人」になる方法

 有名な話ですが、パナソニックの創業者である松下幸之助は、ビジネスにおいて「運」を重要視していました。その姿勢は、採用面接で自ら「運が無い」という人を全員不採用にするほどだったと言います。運... 

20世紀型一流企業の不祥事に共通する「戦略と実行の間の溝」

20世紀型一流企業の不祥事に共通する「戦略と実行の間の溝」

 20世紀に一流と言われた企業で次々と起こる不祥事には、「トップの戦略とそれを実行する現場の間で溝ができている。」という共通の特徴が見られます。なぜこのような問題が頻繁に起こるようになったのか... 

簡単!変性意識呼吸法で瞑想しクリエイティブな仕事をしよう

簡単!変性意識呼吸法で瞑想しクリエイティブな仕事をしよう

 古今東西の偉人の多くが瞑想を熱心に取り入れていたことは、とても有名な話です。しかし多くの人は瞑想について「静かな環境で時間をかけて行うものであり、忙しくて慌ただしい凡人には縁のない、精神的... 

関西で商売するときに知っておくべき関西人の商売気質

関西で商売するときに知っておくべき関西人の商売気質

 今、関西が熱い。大きな要因の1つは、京都をはじめとした豊富な観光資源を背景に、インバウンド消費が急拡大していることにある。しかし関西人のビジネス感覚は東京人と大きく違う部分があるため、予め彼... 

社名変更にかかる費用っていかほど?

社名変更にかかる費用っていかほど?

 パナソニックの社名変更に300億円の費用がかかったことは有名な話だ。創業時から主要業務が変わった場合、時代変遷によるイメージアップなど、どんな企業でも社名を変更する可能性はゼロではない。社名変... 

相次ぐネットでの企業告発 どのような対策を取るべき?

相次ぐネットでの企業告発 どのような対策を取るべき?

 企業の不祥事や悪評を元にした、ネットでの告発が相次いでいる。2014年末のペヤングやマクドナルドの、食品異物混入問題を筆頭として、インターネットを通じた企業や個人のダイレクト批判が止むことはな... 

松下幸之助も悩んだ不眠症とどう向き合うか

松下幸之助も悩んだ不眠症とどう向き合うか

 節約社長編集部メンバーが既知の間柄にある優れた経営者と会食した際に、彼が不眠症であったこと、どのように不眠症と向き合ったかを聞き、感銘を受けたため、本人の了解をいただき、独白形式として記事...