節約 社長

従業員

社員に頼まれた「給料の前借り」⇒前渡金と貸付金どちらで対応する?

社員に頼まれた「給料の前借り」⇒前渡金と貸付金どちらで対応する?

 「社長、本当に申し訳ないんですが、今月何かと入用で…なんとか給料の前借りお願いできませんか!」このように、従業員が会社にお金を無心するというのはよくあることです。経営者の貴方が従業員に協力し... 

就業規則を労基署へ提出する時は社員の同意を得る必要がある?

就業規則を労基署へ提出する時は社員の同意を得る必要がある?

 従業員を常時10人以上雇用している企業は、労働基準法の定めによって就業規則を作成し、管轄の労働基準監督署に提出する必要があります。この際に、従業員代表の意見を記した意見書も添付しなければな... 

従業員が後になって申請してきた有給休暇を会社は受け入れる必要がある?

従業員が後になって申請してきた有給休暇を会社は受け入れる必要がある?

 従業員が無断欠勤をし、後日にその日を有給休暇として申請してきたら、会社は申請を受け入れるべきでしょうか?実は、有給休暇は従業員に与えられた権利ですが、会社にも有給休暇について事前の申請が無... 

懲戒処分で唯一法律の制限がかかる「減給」その範囲はいかほど?

懲戒処分で唯一法律の制限がかかる「減給」その範囲はいかほど?

 ある社員が致命的ではないにせよ問題を起こした場合、懲戒処分として減給を言い渡すことがあるかもしれません。ただし、減給には労働基準法で制限がかかっているため、就業規則における記載はもちろん、... 

「人罪」ではなく「人財」を社内に生み出す社長のあり方とは

「人罪」ではなく「人財」を社内に生み出す社長のあり方とは

 昨今の新人研修では、「人材」から「人罪」や「人在」とならないように、という講釈をたれる研修屋さんが増えています。しかし、新人が「人罪」や「人在」となる根源には、「人罪」や「人在」のみならず... 

設置事業所は全コンビニの2倍!オフィスグリコ設置のメリット

設置事業所は全コンビニの2倍!オフィスグリコ設置のメリット

 今や全国の10万事業所に設置されるようになった「オフィスグリコ」を皆さんはご存じですか?お菓子箱の設置費用を含めた企業側の負担はゼロで、未払いがあっても負担ゼロなど、オフィスグリコを設置する... 

在宅勤務者の給与や通信費用の支給に関する平行が取れた考え方

在宅勤務者の給与や通信費用の支給に関する平行が取れた考え方

 労働人口の減少により、子育て中の母親や介護を行っている従業員に、在宅勤務ができる制度を導入している企業が増えてきました。会社側が労働の対価として給与を支払うのは当たり前の話として、私用の無... 

出光創業家VS経営陣!果たして創業家はタダわがままなのか?

出光創業家VS経営陣!果たして創業家はタダわがままなのか?

 昭和シェルとの合併を推し進める出光興産の経営陣に対して、大株主である創業家の人々が異議を唱えています。報道機関の論調は、「騒動の元凶は創業家のわがままにある」というものが主体となっています... 

資格取得援助した後で即辞めた社員へ費用返還請求は可能か?

資格取得援助した後で即辞めた社員へ費用返還請求は可能か?

 「期待していたから投資したのに、資格取る援助をしたら、受かった後ですぐに辞めやがった…なんて恩知らずな!」という経験をした経営者の方は、かなり多くいらっしゃいます。では果たして、資格取得後す... 

次世代の働き方「リモートワーク」のメリット・デメリット

次世代の働き方「リモートワーク」のメリット・デメリット

 リモートワークとは、従業員の働く場所をオフィスに限定しない、新しい働き方のことを指します。IT系ベンチャーを中心に、導入する企業が増えていますが、リモートワークを取り入れることによって、従業... 

中小零細の人材獲得競争は社長の独断で進めたほうが上手く行く

中小零細の人材獲得競争は社長の独断で進めたほうが上手く行く

 会社のステージが少しずつ上がってくると、中小零細企業でも人材獲得に向けて経営者が活発に動き始めます。採用に伴い、良い人材を囲うために、管理職を設けた大手型の組織作りを考える経営者も増えます... 

残業を減らすためには長時間労働を評価しない人事評価制度に変えろ!

残業を減らすためには長時間労働を評価しない人事評価制度に変えろ!

 近年、脳科学の観点に基づいた研究結果により、残業が如何に非効率なものか、ということが分かり始めています。社員が残業をした場合、経営者は割増賃金を含めた残業代を支払わなければなりません。これ... 

営業手当が残業代の代わりだと経営者は社員に抗弁できるか?

営業手当が残業代の代わりだと経営者は社員に抗弁できるか?

 一定の手当を時間外割増賃金の代わりに支給する定額残業制度は、営業社員を雇用している多くの企業で導入されている給与体系です。定額残業制度自体に問題は無いのですが、具体内容が就業規則に無かった... 

中小企業が雇用の際に人材の「質」で妥協してはいけないワケ

中小企業が雇用の際に人材の「質」で妥協してはいけないワケ

 「とにかく今は人がいないんだ!人がいないことには仕事が回らない!」という状況にあるがゆえに、100点満点ではない人材採用を行って、結果として、更に負の連鎖が続いている企業は多々あります。中... 

事件や問題を起こしそうな社員を未然防止で解雇するのは可能?

事件や問題を起こしそうな社員を未然防止で解雇するのは可能?

 長く経営を行っていると、隠れた性癖や私生活の乱れなど、採用の時点で掘り起こせない、潜在的に問題や事件を起こしそうな社員を採用してしまうことがあります。もしも事件の可能性や問題の一端を見つけ... 

意味なく疲弊するモグラ叩きの仕事人生からぬけ出す方法とは?

意味なく疲弊するモグラ叩きの仕事人生からぬけ出す方法とは?

 ビジネスをもぐらたたきゲームに例えると、機械は「会社」、出てくるモグラは「業務上の課題や問題」に置き換えてみることが可能です。自分にとってミッションのないモグラ叩きは、やがては疲弊し高得点... 

男女並に違う!黒字企業がやっていて赤字企業がやってないこと

男女並に違う!黒字企業がやっていて赤字企業がやってないこと

 万年黒字企業と万年赤字企業のやっていることや考えていることには、男女ほど思考や行動の差があると、キミアキ先生はおっしゃいます。赤字企業の経営者が、黒字企業の経営者との間で生じている思考パタ... 

無断欠勤した社員に訴えられる!?まさかの想定外に備えよ!

無断欠勤した社員に訴えられる!?まさかの想定外に備えよ!

 長く会社を経営していると、無断欠勤する社員も出てきたりするものです。一日か二日程度で事情を素直に話せば済むケースもありますが、中には数週間も無断欠勤される場合があります。しかし、勝手に解雇... 

交通費を二倍支払わねばならない就業規則になっていませんか?

交通費を二倍支払わねばならない就業規則になっていませんか?

 会社は長い年月の中で多くの従業員を雇用します。中には何らかの理由で就業規則に定められている手当を支給せず、従業員を雇用する場合も考えられます。ところがここにトラブルの要因があります。就業規... 

従業員が300人を超えると社内報が必要と言われるのはなぜか?

従業員が300人を超えると社内報が必要と言われるのはなぜか?

 Face to Faceをコミュニケーションの基本形とすると、組織の規模が拡大した時に、従業員との円滑なコミュニケーションを取ることが不可能になり始めます。そこで利用されるのが社内報なのですが、社内報... 

従業員との労使トラブルを中小が防げていない根本の原因と対策

従業員との労使トラブルを中小が防げていない根本の原因と対策

 「良い人材を獲得できた。もしかすると将来、彼(彼女)は社を背負って立つ逸材かもしれない。」と考えていたはずが、その従業員と後になって労使トラブルに発展する…なぜこのようなことが起こるのか?根... 

毎週参加…支払重なるジューンブライドのご祝儀は経費になる?

毎週参加…支払重なるジューンブライドのご祝儀は経費になる?

 ジューンブライドは、この季節ならではの風物詩です。確かに愛しあう二人が夫婦になることは、非常にめでたいことなのですが、社内外の関係者に呼ばれ、毎週結婚式に参加するほどご祝儀がかさみます。ご... 

手続きが正当でも社員を解雇するのは難しい!そのワケとは?

手続きが正当でも社員を解雇するのは難しい!そのワケとは?

 労働基準法では、労働者を解雇する場合には、30日以上の予告期間を設けるか、平均賃金の30日分の解雇予告手当を支払わなければならない、と定められています。しかし、これら正当な手続きを取るだけ... 

住民税納付は年2回だけ!「納期の特例」で事務負担を減らそう

住民税納付は年2回だけ!「納期の特例」で事務負担を減らそう

 従業員の給料から特別徴収した住民税の支払いは、思った以上に事務処理コストがかかる作業です。ネットバンク対応していない地方自治体がほとんどですし、毎月支払いをするのでは、あまりに面倒臭すぎま... 

コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠

コスト削減を成功させるには社員と経営者の意識共有が不可欠

 コストダウンを行うと短期的には、利益がアップしやすい状態となりますが、目標がはっきりしないコストダウンや、ターゲットが明確になっていないコスト削減は、かえって会社の業績に悪影響を及ぼす場合... 

「雇止め」と「解雇」の違いは?楽に見える雇止めの落とし穴

「雇止め」と「解雇」の違いは?楽に見える雇止めの落とし穴

 説明を求められると答えられないのが、「解雇」と「雇止め」の違いです。解雇は会社の一方的な意思により、社員との労働契約を解除するものであるのに対して、雇止めは双方の合意により、期限が訪れれば... 

従業員が遅刻!残業時間と遅刻分の時間は相殺できるの?

従業員が遅刻!残業時間と遅刻分の時間は相殺できるの?

 従業員が何らかの要因で始業時間に遅刻したとします。もしその従業員がその日残業をしたとしたら、遅刻と残業の時間を相殺することは可能なのでしょうか?答えを先にお伝えすると相殺は可能です。ただし... 

ゆとり職員を鍛え直さず組織を活性化させる2つの組織運営方法

ゆとり職員を鍛え直さず組織を活性化させる2つの組織運営方法

 東京都府中市が今年度から、入庁3年目の市職員全50人を自衛隊に2泊3日で体験入隊させることを発表し、旧態依然とした「トップダウン型」「精神根性論」を持つ市の組織運営方法に批判が集まっていま... 

宗教を信じる従業員による見境なき勧誘活動にどう対応すべき?

宗教を信じる従業員による見境なき勧誘活動にどう対応すべき?

 会社が拡大し従業員が増えてくると、これまで想像もしていなかった、ビックリな言動を取る従業員を雇用している場合があります。その代表例として、社員が見境なく社内外で宗教勧誘を熱心に行う場合があ... 

実はトンデモ勘違い「アルバイトはどんな時でも解雇できる」

実はトンデモ勘違い「アルバイトはどんな時でも解雇できる」

 事業主の方の中には、このような時にパートタイマーやアルバイトを「雇用調整的な意味合いで雇用している」と考えている事業主の方もいるかもしれません。労働基準法上では正社員、パートタイマー、アル... 

優秀な◯◯さんが辞めたくらいで会社が潰れることなんて無い!

優秀な◯◯さんが辞めたくらいで会社が潰れることなんて無い!

 よく居酒屋では「〇〇さんや自分たちはわかっているんだけれど、社長は実状をわかってないよな〜。◯◯さん辞めたら会社終わりだね。」という従業員による愚痴合戦が繰り広げられます。しかしキミアキ先生... 

就業規則の雛形利用で節約のはずがウン百万の損…一体なぜ?

就業規則の雛形利用で節約のはずがウン百万の損…一体なぜ?

 インターネットや書店等では、簡単に就業規則の雛型を入手することができます。特にお金を節約したい創業時に、多くの方がモデル就業規則を使って自社の就業規則を作ります。ところが安易にモデル就業規... 

3秒で理解!コスト削減を円滑に進める3つの段階とは?!

3秒で理解!コスト削減を円滑に進める3つの段階とは?!

 常に増収増益を重ねられれば、自社にとってはどれだけ良いことかと思う方は多いことでしょう。しかし、現実にはなかなかそうは行かないもので、業績が悪い時には、時として思い切ったコスト削減を行わな... 

振替休日と代休はどちらが会社にとって節約につながるの?

振替休日と代休はどちらが会社にとって節約につながるの?

 「振替休日」と「代休」の違いを、読者の皆様はご存知ですか?両者は法律的に明確な違いを持っており、給与の支払額もどちらを利用するかで全く変わってくる制度です。会社が計画的に休日出勤の人件費を... 

経営者なら知っておきたい「坂本”竜馬”」が言った?!4つの名言

経営者なら知っておきたい「坂本”竜馬”」が言った?!4つの名言

 事業者が好きな”りょうま”は実像でなく、司馬遼太郎さんが書いた『竜馬がゆく』の竜馬だということを、読者の皆様はご存知でしょうか?存在したかはわかりませんが、事業者が大好きな”りょうま”が言った... 

時間外労働の上限を超え社員へ残業依頼する時に整えるべき制度

時間外労働の上限を超え社員へ残業依頼する時に整えるべき制度

 経営者の多くが、社員に残業せず家へ早く帰り、自分の快適なプライベート時間を過ごしてもらいたいと考えています。しかし、繁忙期や思わぬ受注が入る突発的なタイミングでは、やむを得なく時間外労働を... 

有給休暇を取らせない企業の節約は既に時代錯誤の考え方だ!

有給休暇を取らせない企業の節約は既に時代錯誤の考え方だ!

 社員に有給休暇を十分に消化してもらうことは、中小企業の経営者に大きな負担として覆い掛かります。しかし、有給休暇を取得させない方法など、もはや今の時代にはありません。ギリギリの人員や経費でや... 

重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

 優秀な人材を雇うことは、採用において大きな課題ですが、能力はもちろんのこと労務管理の観点から、従業員採用を考える必要もあります。なぜなら雇用した社員が重大な問題を起こす人間である場合、会社... 

決算賞与の導入で節税と社員のモチベーション向上を達成しよう

決算賞与の導入で節税と社員のモチベーション向上を達成しよう

 従業員のモチベーションを上げる方法の一つが「報酬」ですが、社員にとって月給と賞与は与えられるのが当たり前のモノ。下がればモチベーションダウンに繋ることもあります。しかし「決算賞与」は業績連... 

社員の退職時は有給休暇を買い取り節約とリスクオフの両立を!

社員の退職時は有給休暇を買い取り節約とリスクオフの両立を!

 有給休暇の買取りは、法律では原則的に認められていませんが、退職時に限って例外的に買取りが認められます。なぜかといえば会社にとっては、そのほうがメリットが大きくリスクを防ぐことができるからで... 

残業を減らす方法②熱血仕事大好き型とダラダラ残業型の場合

残業を減らす方法②熱血仕事大好き型とダラダラ残業型の場合

 残業を減らしたいと経営者が考えるときには、残業を減らす方法を考える前に、社員の状態個々に、なぜ残業が行われるのか?その本質を考える必要があります。従って、個々のパターンごとに残業の減らし方... 

クックパッドのお家騒動に学ぶ「会社の経営権は誰のものか」

クックパッドのお家騒動に学ぶ「会社の経営権は誰のものか」

 クックパッドの経営方針を巡るお家騒動では、創業者で4割以上の議決権を有する筆頭株主と雇われ経営陣・従業員による対立構図が、鮮明なものとなっています。大株主とプレイヤー側で、経営方針の対立が起... 

残業を減らす方法① 仕事量が圧倒的に多い社員の場合

残業を減らす方法① 仕事量が圧倒的に多い社員の場合

 長時間労働は、日本という国全体にはびこる長年の大きな社会問題です。様々な残業を減らす試みが実施されていますが、未だに現場では試みが遵守されていない場合が多いようです。従業員が残業する理由は... 

採用は殆ど失敗する 経営者の心が破壊されぬために大切な意識

採用は殆ど失敗する 経営者の心が破壊されぬために大切な意識

 多様性が尊重され、職業の選択肢もどんどん広がっている現代社会において、経営者が社員を雇う際のミスマッチングも増えています。「自分の右腕になってくれる」「この人ならやってくれるだろう」と期待... 

意外と知らない「社員へ与えるべき休憩時間」の長さとは

意外と知らない「社員へ与えるべき休憩時間」の長さとは

 経営者が考えている以上に、従業員は休憩時間がどれくらい与えてもらえるかを気にしています。かつての労使問題でも、労働時間に対して与えられた休憩時間の短さが問題となり、企業が訴えられる事件が数... 

健康診断の春 追加診断の費用は会社と社員どちら持ち?

健康診断の春 追加診断の費用は会社と社員どちら持ち?

 季節はすっかり春、健康診断の季節が近づいてきました。事業者は雇用する従業員に対して、1年に一回の健康診断を行う必要がありますが、検診内容は法律に定められた範囲内で行えば良いことになっていま... 

創業者を気にするな!2代目が家族経営を引き継ぎ生き残る術

創業者を気にするな!2代目が家族経営を引き継ぎ生き残る術

 2代目・3代目の社長さん達が、創業者から会社を引き継ぐ時に抱える悩みは、思いの外似たものとなります。従業員による創業者との比較、自らが創業していない故に資金繰り面で弱いなどのものです。これ... 

確定申告と似て非なるちょっとオトクな制度「還付申告」とは

確定申告と似て非なるちょっとオトクな制度「還付申告」とは

 従業員でも経営者でも使える確定申告と非常に似ていますが、似て非なるもの「所得税の還付申告」について、本日は解説したいと思います。ふるさと納税、医療費の支払いを前年に大きく行った、住宅を昨年買... 

「薩摩の教え・男の順序」経営者は従業員を5段階で評価する

「薩摩の教え・男の順序」経営者は従業員を5段階で評価する

 「薩摩の教え・男の順序」とは、江戸時代に77万石の大藩となった島津家に伝わる教えです。現代でも人事評価をする上で見事にマッチングした内容であるため、多くのセミナーで取り扱われています。5段階で... 

キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

 賞与や昇給は労働者の大きな関心事です。しかしながら、経営者には本来「賞与を支払うか否か」「昇給をするか否か」が自由裁量として与えられ、条件を就業規則等で通知すれば良いことになっています。こ... 

懲戒解雇した従業員の退職金 支払う必要があるのはなぜ?

懲戒解雇した従業員の退職金 支払う必要があるのはなぜ?

 懲戒解雇(ちょうかいかいこ)とは、事業主が従業員の責めに帰すべき理由で解雇される処分で、よっぽど従業員に悪質な行為がなければ下されることがありません。もし従業員が懲戒解雇となった時、経営者... 

社員の自宅への仕事持ち帰り 経営者の残業代支払いは義務?

社員の自宅への仕事持ち帰り 経営者の残業代支払いは義務?

 残業代ゼロ法案なども踏まえて、残業時間の減少を目標に掲げる経営者は年々増えています。一方で仕事量が多すぎて、会社の消灯時間までに仕事が終わらないとして、自宅へ毎日のように仕事を持ち帰る社員... 

つい勢いで社員に伝えてしまったクビ宣告は撤回出来るか?

つい勢いで社員に伝えてしまったクビ宣告は撤回出来るか?

 つい勢いで「社長である俺の言うことが聞けないならお前はクビだ!明日から会社へ来るな!」と言ってしまった翌日、本音じゃなかったのに社員が「クビ発言」を真に受けて解雇の有効を訴えてきたとしたら…... 

業務上の傷病で健康保険証を使用してしまった後の対応策

業務上の傷病で健康保険証を使用してしまった後の対応策

 会社の従業員がケガや病気で医療機関を受診するときには、労働者災害補償保険(以下:労災保険)と健康保険の2つの社会保険が利用できます。2つの保険は利用できるケースがそれぞれ定められていますが、...