節約 社長

役員報酬

会社設立初年度の利益予想は月に50万円⇒1人社長の役員報酬はどれくらいが適切?

会社設立初年度の利益予想は月に50万円⇒1人社長の役員報酬はどれくらいが適切?

 社長になれば、自分の給料(役員報酬)を決められるのは自分だけになります。もしも、粗利予想が月に50万円だったとしたら、あなたは自分の役員報酬を月額何円に設定しますか?会社を拡大するために資金... 

役員報酬の定期同額給与が手取りでOKになったよ!沢山貰って沢山稼ごう

役員報酬の定期同額給与が手取りでOKになったよ!沢山貰って沢山稼ごう

 今年の4月1日から、役員報酬の定期同額給与の対象範囲が拡大されました。これまで役員報酬は「額面」で毎月同じ額支払うことが定められていましたが、これからは「手取り」で毎月同じ額を支払えば良いこ... 

社長のボーナス⇒事前確定届出給与はどう活用すれば効果的?

社長のボーナス⇒事前確定届出給与はどう活用すれば効果的?

 経営者にとっての給料である役員報酬には縛り事が沢山あります。でも、経営者だってリスクをいっぱい背負っている分、ボーナスが欲しい!そんな場合に使える制度として、本稿は「事前確定届出給与」の概... 

社長の基本給「定期同額給与」の決め方とよく聞かれる5つの疑問への回答

社長の基本給「定期同額給与」の決め方とよく聞かれる5つの疑問への回答

 中小企業の役員報酬は、1)毎月同じ金額を支払う方法:定期同額給与、2)事前にボーナスの金額を決めて届け出ておく方法:事前確定届出給与、これら2つによって決められます。本稿は社長の基本給とも言え... 

中小企業の役員報酬〜2つの合法的な支払い方法を知って沢山給料をもらおう

中小企業の役員報酬〜2つの合法的な支払い方法を知って沢山給料をもらおう

 企業が役員に報酬を支払う場合は、国が定める基本的な決まりごとを守らねば、企業と役員がダブルで税金を取られるなど、手痛いペナルティが設けられています。そこで本稿は、中小零細企業の実態に即した... 

【注意報】役員退職金の支払いに目をつける税務署を跳ね除けろ

【注意報】役員退職金の支払いに目をつける税務署を跳ね除けろ

 創業から必死に会社を支えてくれた役員がいよいよ勇退する時、心ある経営者の貴方はできるだけ多くの退職金を出してあげたいと思うはずです。しかしながら、感謝の気持ちを込めて高い退職金を支払おうと... 

【マスト】役員報酬が年の途中でも変更可能な2つの代表例

【マスト】役員報酬が年の途中でも変更可能な2つの代表例

 役員報酬は定時総会で決定した後は、基本的に変更が出来ないものです。しかし、会社の財務状況や人事の動向によっては、例外的な変更が可能となります。改定の際には、臨時株主総会等により決定した旨の... 

いざ起業!初年度に社長がもらう給料は幾らで設定すれば良い?

いざ起業!初年度に社長がもらう給料は幾らで設定すれば良い?

 起業して会社を設立した初年度には、沢山の決め事を作らねばなりません。その中でも特に重要なのが、社長の給料を幾らにするか?という決め事です。給料形態が役員報酬に変わることで、社長の給料には思... 

家族をホームレスにすら追い込む未回収の役員貸付金という魔物

家族をホームレスにすら追い込む未回収の役員貸付金という魔物

 起業時に会社へ貸付を行って、食いつないだ経験をされている経営者の方は非常に多くいらっしゃいます。いわゆる役員借入金です。しかし、うまく行き始めると役員借入金を会社に残したことを忘れてしまう... 

家族経営ってクソだよな じゃあどうすれば良いの?という話

家族経営ってクソだよな じゃあどうすれば良いの?という話

 現代社会において、働く側から見ると家族経営の会社は、クソみたいな職場と見なされやすいのが現実です。とはいえ、日本の企業は95%が同族経営で成り立っていますので、経営者の多くが家族を会社に入社...