節約 社長

年末調整

【年末調整近し】寡婦(寡夫)控除って何?受け忘れを防ぐ方法含め一挙にご紹介

年末調整近し】寡婦(寡夫)控除って何?受け忘れを防ぐ方法含め一挙にご紹介

 「年末調整」の時期が近づいてきました。なるべくなら書類にミスの無い方が望ましいですが、寡婦(寡夫)控除は対象の従業員さんが受け忘れやすく、会社の経理担当者も見逃しやすい所得控除です。寡婦(... 

経営者も従業員も副業でワザと赤字を出す確定申告は税務署に狙われます!

経営者も従業員も副業でワザと赤字を出す確定申告は税務署に狙われます!

 給与収入が2,000万円以下で、かつ事業所得が20万円以下、つまり副業の売上から経費を引いた利益が20万円以下の場合には、確定申告を行わなくても良い規定があります。しかし、この規定を悪用すると、ワザ... 

今年から年末調整のコストが2倍?電子申告導入で節約のススメ

今年から年末調整のコストが2倍?電子申告導入で節約のススメ

 今年から、源泉徴収票のサイズが、マイナンバーを記載するために、従来はA4用紙の4分の1サイズである「A6」だったものから、A4用紙の半分である「A5」というサイズになりました。源泉徴収票や法定調書を... 

年末調整から企業でマイナンバーが本格運用開始。税務処理で気をつけるべき3つの場面

年末調整から企業でマイナンバーが本格運用開始。税務処理で気をつけるべき3つの場面

 企業によるマイナンバー制度の本格運用が、2016年の年末調整からいよいよ始まります。そこで、税務処理上でマイナンバーを取り扱う際に気をつけるべき3つの点をご紹介いたします。マイナンバーの記載が必... 

年末調整で所得控除を受ける社員がうっかり忘れがちな証明書

年末調整で所得控除を受ける社員がうっかり忘れがちな証明書

 年末調整では所得から所得控除を差し引いて、所得調整を行います。所得控除のうち代表的なのは、生命保険料控除、配偶者控除や扶養控除などです。たとえば、生命保険料控除を受けるためには、保険会社か... 

年末調整に必要な2つの申告書〜正しい記述方法と手続き方法〜

年末調整に必要な2つの申告書〜正しい記述方法と手続き方法〜

 年末調整では、記述するべき項目がある場合、扶養控除等異動申告書と保険料控除兼配偶者特別控除申告書を作成しなければなりません。それぞれの書類に記載すべき事項と、記載に当たって注意して確認すべ... 

日本一早く年末調整を簡単におさらい。はて、源泉徴収って何?

日本一早く年末調整を簡単におさらい。はて、源泉徴収って何?

 季節はもう10月に入ろうとしています。年末に向けてまっしぐらですが、年末には所得税の計算を行う一大イベントとして年末調整が行われます。その計算で基礎となるのが源泉徴収ですが、果たして源泉徴収... 

確定申告と似て非なるちょっとオトクな制度「還付申告」とは

確定申告と似て非なるちょっとオトクな制度「還付申告」とは

 従業員でも経営者でも使える確定申告と非常に似ていますが、似て非なるもの「所得税の還付申告」について、本日は解説したいと思います。ふるさと納税、医療費の支払いを前年に大きく行った、住宅を昨年買...