節約 社長

孫正義

35歳以上のミドル層が選ぶ理想の経営者ランキング、第1位は?

35歳以上のミドル層が選ぶ理想の経営者ランキング、第1位は?

 35歳以上のミドル層ビジネスマンと言えば、ある程度の経験も積んで、仕事もバリバリとこなす期待の星。彼らにとって「理想の経営者」とはどのような人なのでしょうか?直近行われた調査で堂々の第一位に... 

【新期入り】小さな会社がガンガン売れるためにやってほしい2つのこと

【新期入り】小さな会社がガンガン売れるためにやってほしい2つのこと

 新期入りした4月初旬。気持ちも行動もリセットして新しいことを始めるには良い季節です。4月からガンガンに売りまくりたいですよね。売れてみんなにありがとうと言われたいですよね。そこで本稿は、小さ... 

ソフトバンク子会社上場と300年ビジョンに思う自律分散型組織の台頭

ソフトバンク子会社上場と300年ビジョンに思う自律分散型組織の台頭

 ソフトバンク携帯子会社が上場を目指していることについては、賛否両論が上がっています。一方で、投資家目線から見た時に、親会社単体だけでなく、成長するであろう子会社へ投資できるなら、それは投資... 

経営者にとって謙虚とかマナーなんて二の次。むしろ傲慢であれ!

経営者にとって謙虚とかマナーなんて二の次。むしろ傲慢であれ!

 ビジネスの本質はお金をかけた戦いです。経営者はいつでも、国と戦い、ライバル企業と戦い、取引先と戦う、その覚悟を持つ必要があります。マナー、謙虚、しきたり、順番、慣習、これらは戦いに勝つ上で... 

40代からの起業は本当に遅いのか?中高年で見事に転身した3つの事例

40代からの起業は本当に遅いのか?中高年で見事に転身した3つの事例

 「起業するなら若い時の方がいい」というのが、起業に対する一般的なセオリーです。その理由は、たとえ失敗してもやり直しが効くから。これも正に真実です。確かに若い時の方が体力はありますし、発想も... 

【徹底解説】ARM買収とIoTの未来に掛けたソフトバンク孫正義氏の大勝負

【徹底解説】ARM買収とIoTの未来に掛けたソフトバンク孫正義氏の大勝負

 ソフトバンクグループによる、3.2兆円にも及ぶイギリスの半導体大手ARM買収観測が、大きなニュースとなっています。ところがARMの売上高は年換算したとしても約1,600億円程度です。孫正義氏が大勝負を仕... 

聖徳太子の逸話は嘘!デキる社長はマルチタスクをこう処理する

聖徳太子の逸話は嘘!デキる社長はマルチタスクをこう処理する

 中小企業の経営者は、トッププレイヤーとして最前線に立っている場合が殆どであり、ヘタすれば、平社員の10〜20倍以上のタスクをこなしている場合も多いことでしょう。今にもマルチタスクに押し潰されそ... 

孫正義とバフェットの共通点は数分で大きな決断ができること

孫正義とバフェットの共通点は数分で大きな決断ができること

 問題を解決せず持ち越してしまう会議は、時間とコストの大きな無駄です。毎度同じように会議の結果が「持ち越し」になるのであれば、その組織はいずれ崩壊する運命にあると言って過言ではないでしょう。... 

ソフトバンク後継者指名で知るゴーイングコンサーン

ソフトバンク後継者指名で知るゴーイングコンサーン

 300年継続する企業宣言、時価総額を現在の5倍である45兆円にする宣言、後継者に入社後わずか一年足らずのインド出身アローラ氏を登用するなど、ソフトバンク孫社長が企業を継続させるために示す強い意思... 

2015年フォーブスが発表した世界と日本の大富豪

2015年フォーブスが発表した世界と日本の大富豪

 アメリカの経済誌「フォーブス」により、毎年恒例の世界長者番付が今年も発表されており、日本円で合計1200億円の資産を持つ世界の大富豪1,826人が名を連ねている。世界のトップ5は顔ぶれが変わっておら... 

孫正義も実践するファーストチェス理論で会議を効率化せよ

孫正義も実践するファーストチェス理論で会議を効率化せよ

 「いったん持ち越し」「もう少しこの案件は各人で揉もう」問題を解決せず持ち越してしまう会議は、時間とコストの大きな無駄である。孫正義も実践しているファーストチェス理論では、短時間であろうと長... 

贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

 2014年における経営者の平均年齢は、60.6歳に到達した。経営者の高年齢化が進んでいる大きな理由として、後継者がいないことが社会的な問題となっている。いつまでも後継者が生まれない経営者層では赤字... 

ソフトバンクは即完売 無担保社債はなぜ高利回りなのか?

ソフトバンクは即完売 無担保社債はなぜ高利回りなのか?

 4,500億円にも及ぶソフトバンクの第二回無担保社債が、1月26日(月)から販売されはじめ、2月6日(金)終了となった。年利回りが2.5%と高利回り設定されていたこともあり、証券会社によっては、販売開始... 

孫正義のスプリント買収劇 600億の節約方法

孫正義のスプリント買収劇 600億の節約方法

 ソフトバンクが米国携帯第三位のスプリント社を買収し一年が経過したが業績は相変わらず芳しくない。しかし買収時にソフトバンクは600億円の節約を行っており、過去の歴史を紐解いてもお買い得な買収と出...