節約 社長

国税庁

法人カードのマイルやポイントを経費に充てた場合の会計処理方法は?

法人カードのマイルやポイントを経費に充てた場合の会計処理方法は?

 法人用のクレジットカードを使用すると、マイレージやポイントがかなり貯まりますよね。このポイントやマイレージを使って、会社の備品、あるいは会社主催の催し物で使う景品などを購入した場合、どのよ... 

「お金が戻ってこない!」仮想通貨詐欺から身を守るため事前に知るべき4つの点

「お金が戻ってこない!」仮想通貨詐欺から身を守るため事前に知るべき4つの点

 相場上昇、世界的な法規制の制定により、多くの人から注目をあつめるようになった仮想通貨。 一方で「儲かる」とわかったものの周りには、悪い輩も狙いを付けているのが当然で、詐欺行為が横行し始めて... 

40過ぎで儲かってない社長が下克上で年間4千万の利益を出すため今からすべきこと

40過ぎで儲かってない社長が下克上で年間4千万の利益を出すため今からすべきこと

 ドラマ化もされた「下克上受験」は、「40歳を超えるともうここからは人生は変えられない」と考える親が、子供を医学部へ受からせるべく勉強させるという辛辣なテーマの話でした。翻って、40歳を過ぎて儲... 

カード会社が発行する利用明細を領収書として使ってもOK?原則論と例外論

カード会社が発行する利用明細を領収書として使ってもOK?原則論と例外論

 カードで支払いをすると、毎月決まった日にカード会社から利用明細書が郵送されてきますよね。この明細書を見れば、カードで支払ったことが明らかに分かるので、領収書は不要じゃない?という意見の方も... 

商才のある人が底辺よりアッパー層から生まれやすいのはなぜ?

商才のある人が底辺よりアッパー層から生まれやすいのはなぜ?

 個々の企業におけるケースは別として、マクロの視点で見た時に、大企業と中小企業でもらえる給料には大きな差があり、儲かる業種と儲からない業種の間にも歴然とした給料の差が生じます。底辺を這いつく... 

赤字会社でも税務調査に入られる?!調査官の狙いは「ニセ赤字会社」

赤字会社でも税務調査に入られる?!調査官の狙いは「ニセ赤字会社」

 「うちはワザと赤字にして税金を支払わないようにしているんだ。」「赤字だから税務調査なんて入らないよ。」とおっしゃる経営者の方をたまにお見かけ致しますが、赤字会社でも税務調査は毎年2万社に行... 

気をつけろ!ネット業界の会社は税務調査で格好の餌食となっている。

気をつけろ!ネット業界の会社は税務調査で格好の餌食となっている。

 市場拡大によって新規参入する会社が増え続けているネット業界。イニシャルコストが低くて、利益率が高く、プレイヤーも増えている。となれば、国税庁もこれに目をつけないワケがありません。実際に国税... 

副業収入20万円以下の超ミニ起業家でも確定申告しないといけない2つの場合

副業収入20万円以下の超ミニ起業家でも確定申告しないといけない2つの場合

 確定申告の時期が近づくとよく増える質問の一つに「20万円以下の収入しか得ていないなら、副業していても確定申告がいらないって本当?」というものがあります。そこで本稿は、超ミニ起業家向けに「副... 

中小企業の役員報酬〜2つの合法的な支払い方法を知って沢山給料をもらおう

中小企業の役員報酬〜2つの合法的な支払い方法を知って沢山給料をもらおう

 企業が役員に報酬を支払う場合は、国が定める基本的な決まりごとを守らねば、企業と役員がダブルで税金を取られるなど、手痛いペナルティが設けられています。そこで本稿は、中小零細企業の実態に即した... 

ボロボロの領収書や印字が消えた領収書って無効になるの!?

ボロボロの領収書や印字が消えた領収書って無効になるの!?

 読者の皆さんは、保管していた領収書がボロボロになっていたり、印字が消えている、という経験をされたことがありませんか?確定申告の準備を始める時期になると、領収書を見返される方も多くなりますが... 

舛添知事の公私混同問題は中小企業だったらどう扱われるのか?

舛添知事の公私混同問題は中小企業だったらどう扱われるのか?

 高額出張費や毎週末の別荘通い問題で、連日マスコミを賑わせている東京都知事といえば、舛添要一知事に他なりません。感情論はさておき、舛添知事が中小企業の経営者として同じ行動をとった場合、これに... 

会社設立に掛かる費用は何ヶ月前の分まで経費にできる?

会社設立に掛かる費用は何ヶ月前の分まで経費にできる?

 会社を立ち上げる時は、様々な準備を経た上に、何かと費用がかかるものです。しかも費用は設立前から発生するため、この際にかかる費用は「創業費」として経費算入が認められます。ただし、「会社設立よ... 

国税庁の驚きな発表「消費税増税が景気に与えた影響は少ない」

国税庁の驚きな発表「消費税増税が景気に与えた影響は少ない」

 このほど国税庁は、平成26年度分の会社標本調査の結果「税務統計から見た法人企業の実態」を公表しました。消費税率8%への引き上げが、景気へ与えた影響は小さかったと国税庁は見ています。なぜそのよ... 

3次会接待の経費算入は無理ゲー?交際費にまつわる噂を斬る!

3次会接待の経費算入は無理ゲー?交際費にまつわる噂を斬る!

 接待費用には、様々な噂があります。「3次会は交際費で落とせない」「アルコールが入ると会議費で落とせない」「キャバクラや風俗店へ行った費用は交際費で落とせない」などの噂です。実際のところはどう... 

事務所家賃の一年払い 社宅で同じことをして期末の節税大失敗

事務所家賃の一年払い 社宅で同じことをして期末の節税大失敗

 そろそろ期末の節税対策を講じる経営者の皆さんも多いことでしょう。期末における法人の節税策の一つとして、「短期前払い費用の特例を用いて、期末に一年分の事務所の家賃を支払って経費とする」という... 

貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

 最近雑誌などでよくみかけるタワーマンション節税ですが、国税庁が行き過ぎた節税策に監視の目を向けているようです。一般にマンションは高層階の部屋になるほど市場価格は高くなりますが、相続税評価に... 

税務調査で狙われやすい企業となっている7つのパターン

税務調査で狙われやすい企業となっている7つのパターン

 税務調査は突然企業に降って湧いたかのように出てくる難題です。ご存じの方も多いかもしれませんが、税務調査の対象となる企業を税務署は格付けしています。ここからわかる税務調査に入られやすい特性の... 

税務調査ってどれくらいの確率で入れられるものなの?

税務調査ってどれくらいの確率で入れられるものなの?

 ついに「泣く子も黙る」税務調査の季節が迫ってまいりました。税務調査は毎年8月のお盆過ぎから11月くらいに集中して行われます。残念ながら税務調査が個別企業に行われるスパンは、国税庁から公表されて... 

マイナンバー セミナーを受けても解決できない問題とは

マイナンバー セミナーを受けても解決できない問題とは

 マイナンバー制度は全ての企業が対象となった一大事業だ。「マイナンバーセミナー」は日本全国で連日のように開催されているが、社内ルール決め、社内の具体的な業務フロー策定、社員教育の実施といった... 

確定申告を振り返る 脱税行為は絶対やめよう

確定申告を振り返る 脱税行為は絶対やめよう

 愛人を秘書にして給与で損金を多めに出した、経費として使用した飲食代を多めに計上して経費を割増する、私用で訪れた旅行地を出張として経費精算する、今年も確定申告時期にこんな話を多く聞いた。「脱... 

お金持ちはなぜタワーマンションに住むの?そのリスクは?

お金持ちはなぜタワーマンションに住むの?そのリスクは?

 芸能人が住むタワーマンションは、富の象徴とも言える。昨今、東京オリンピックの開催や景気回復を要因として、不動産価格が上昇していることに加え、相続税の節税対策としてタワーマンションの購入需要...