節約 社長

可視化

年間2400万円のコストを7%削減したはずがコストが増えていたワケ〜タコ社長の場合

年間2400万円のコストを7%削減したはずがコストが増えていたワケ〜タコ社長の場合

 タコ社長が懸命に切り盛りするギフト会社Aは、目下1.5%の利益率を3%にあげようと必死です。そこで目をつけたのが、ギフトの資材包装代でした。月間200万円のコストを10%下げるべく、タコ社長は蛾次郎...