節約 社長

厚生労働省

助成金を申請する前に会社として準備しておきたい4つのこと

助成金を申請する前に会社として準備しておきたい4つのこと

 助成金の給付を受けるということは、会社の将来的な目標を掲げ、目標を達成して会社を新たなステージに引き上げるために、国から手段としてお金を受け取ることを意味しています。従って、助成金の申請を... 

経常利益6%の会社が約120万円の助成金を受け取る際にかける労力の目安は?

経常利益6%の会社が約120万円の助成金を受け取る際にかける労力の目安は?

 助成金を申請する際に、経営者の皆さんが悩まれることの1つが、「この助成金を取得する際にかける労力は果たして給付を受けた分でペイできるのか?」ということです。ならば、どれくらいの手間をかけるべ... 

知らないと怪我するよ!助成金を申請する際に踏まえるべき4つのデメリット

知らないと怪我するよ!助成金を申請する際に踏まえるべき4つのデメリット

 助成金の給付を受けることには様々なメリットがあります。一方で、返済不要なお金を国からもらえるわけですから、様々な制限や手間が発生するのも事実です。経営者はこれらデメリットを冷静に踏まえ、自... 

なぜあの企業は助成金に力を入れるの?助成金を申請する5つのメリット

なぜあの企業は助成金に力を入れるの?助成金を申請する5つのメリット

 企業の中には助成金に詳しい専属チームを抱えている会社があります。なぜそんな部隊を抱えている会社があるのか?理由は、助成金を申請することで、これらの会社が余りあるメリットを享受しているからで... 

助成金ってどんな制度?なぜ国は助成金を増やしているの?

助成金ってどんな制度?なぜ国は助成金を増やしているの?

 よく耳にする「助成金」ですが、我が国の企業で受給要件を満たして活用している企業は、全体の20%以下に留まっていると言われます。使わぬ理由の殆どは、「どんなものか内容を知らないから」「申請する... 

【嫌煙家に悲報】喫煙者に「喫煙する権利」があるって本当?!

【嫌煙家に悲報】喫煙者に「喫煙する権利」があるって本当?!

 ここ数年で急速に喫煙率が下落したことで、喫煙者の肩身がどんどん狭くなっています。タバコを楽しむ権利はどこへ行ってしまったのか…と嘆く愛煙家も多いことでしょう。ところがどっこい、世の中には「喫... 

従業員のメールやパソコンの監視を行う際に必ず満たすべき2つの要件

従業員のメールやパソコンの監視を行う際に必ず満たすべき2つの要件

 テレワークの導入を踏まえ勤怠管理の強化を実施したい。会社のパソコンで私用メールを送ったり、業務に関係ないウェブサイトにアクセスすることによる生産性の低下を防ぎたい。こんな時は従業員のメール... 

お酒で損する日本人〜飲み過ぎによる経済損失はなんと4兆円!

お酒で損する日本人〜飲み過ぎによる経済損失はなんと4兆円!

 厚生労働省研究班の調査によると、飲酒を原因とする疾病治療や労働力損失、生産性低下などを合計した社会的コストは、なんと4兆円に到達すると推測されています。お酒の宴は確かに楽しいものですが、お酒... 

年金受給の資格期間が大幅短縮へ!年金額を増やす方法と注意すべき点

年金受給の資格期間が大幅短縮へ!年金額を増やす方法と注意すべき点

 2017年8月から、年金受給の資格期間が25年から10年に短縮されます。ただし、満額を支払った人と比較すれば、最低限の受給資格しか持たない人は年金支給額も非常に少ないものとなります。どのように支給額... 

働き方改革って働き方の何をどう改革するの?必要とされる3つの理由

働き方改革って働き方の何をどう改革するの?必要とされる3つの理由

 最近、メディアで「働き方改革」というキーワードを頻繁にみかける機会が増えました。しかし、働き方をどう変えたいのか?働き方をなぜ変えたいのか?ということを聞かれると、案外答えに窮するものです... 

ご存知ですか?お国が定めたフリーターの定義「年齢は◯◯歳まで」

ご存知ですか?お国が定めたフリーターの定義「年齢は◯◯歳まで」

 普段何気なく使っているフリーターという身分を指す言葉。殆どの人は無職と同じ意味合いで、この言葉を使っているかもしれません。しかし、政府(厚生労働省)が25年前に、フリーターという言葉に定義を... 

今の36協定は何が悪いの?見直しが検討される理由を徹底解説

今の36協定は何が悪いの?見直しが検討される理由を徹底解説

 ついに厚生労働省が36協定の見直しに入ったことが、大きなニュースとして取り上げられています。36協定は特別条項を付与することにより、時間外労働の上限を会社が決められるため、長時間労働の温床... 

受動喫煙で会社が訴えられる場合も!?今こそ徹底したい分煙対策

受動喫煙で会社が訴えられる場合も!?今こそ徹底したい分煙対策

 他人が吸ったタバコの副流煙を強制的に受動喫煙させられるのは、嫌な人にとっては非常に不快なことです。しかし、受動喫煙させられた側が、もしも副流煙が原因で病気になったら大問題となります。裁判に... 

法改正か!?求人票に偽りあるブラック企業へ懲役刑の検討始まる

法改正か!?求人票に偽りあるブラック企業へ懲役刑の検討始まる

 求人票の労働条件に関する内容と労働条件の実態が乖離している場合、これまでは罰則を適用されるか、ハローワークなら罰則すら無い状態でしたが、厚労省の有識者会議では、これに懲役刑を設けることが検... 

もうデコっ腹はゴメンだ!メタボ検診をきっかけにダイエット

もうデコっ腹はゴメンだ!メタボ検診をきっかけにダイエット

 40代の日本人男性のうち、2人に1人が陥っているメタボリックシンドローム。国もこの事態を重く見ており、2008年からメタボ検診が始まりました。メタボ検診は任意で受診する制度ではありますが、メタボの... 

4月施行の女性活躍推進法に対して大手企業はどう動いた?

4月施行の女性活躍推進法に対して大手企業はどう動いた?

 2016年4月1日から、女性の能力が十分に発揮できる社会を実現するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(以下「女性活躍推進法」という)が全面施行されました。大手企業(常時雇用301... 

万病の元”風邪”をひく3要素から身体を守り健康社長になろう

万病の元”風邪”をひく3要素から身体を守り健康社長になろう

 「風邪は万病の元」と昔から言われます。風邪やインフルエンザで体調を崩さない経営者は、自己管理ができていると評価されやすく、社内外でも信頼感が増します。風邪やインフルエンザにかかる要因は、「... 

くるみ含有オメガ3脂肪酸の摂取は死亡率を28%低下させる

くるみ含有オメガ3脂肪酸の摂取は死亡率を28%低下させる

 アメリカ心臓協会の研究誌は、くるみに含まれるオメガ3脂肪酸が健康にプラスの作用をもたらすという、驚愕の研究結果を発表しました。くるみなどの植物由来のオメガ3脂肪酸を摂取すると、心臓血管疾患、... 

若者雇用促進にユースエールマークを利用する4つのメリット

若者雇用促進にユースエールマークを利用する4つのメリット

厚生労働省が今年の10月から、若者の雇用管理が優良な中小企業を認定するマーク(愛称:ユースエール)の運用を開始しました。マークを取得し若者の採用で助成金を受給しつつ、若者の育成でも助成金を受給... 

節税対策にもなる共済会への加入をもう一度見なおそう

節税対策にもなる共済会への加入をもう一度見なおそう

 会社で働きながら厚生年金を収めている人達の中でも、若い年齢層の方が格差拡大に不満を抱え、国民年金の該当者の若年齢層には、不払いの人達も大勢現れています。これらの若い年齢層では消費行動にも明... 

男性の育児休業取得を促進させるために掲げる2つの提言

男性の育児休業取得を促進させるために掲げる2つの提言

 厚生労働省が男性の育児休業取得を奨励するため、企業への助成金を新設することを決めました。企業側に助成金を支給することで、まずは環境整備ということでしょうが、それだけでは少子化社会対策大綱で... 

肉親が認知症になった場合の家族と患者の感情を知ろう

肉親が認知症になった場合の家族と患者の感情を知ろう

 日本では65歳以上の高齢者のうち7人に1人が、認知症患者となっており、この割合は今後も増え続けることが予想されている。脳の仕組みが徐々に解明されていても、「患者や患者の家族の感情」をケアする技... 

マイナンバー セミナーを受けても解決できない問題とは

マイナンバー セミナーを受けても解決できない問題とは

 マイナンバー制度は全ての企業が対象となった一大事業だ。「マイナンバーセミナー」は日本全国で連日のように開催されているが、社内ルール決め、社内の具体的な業務フロー策定、社員教育の実施といった... 

韓国でも三次感染 MERSウィルスの感染源と対策法

韓国でも三次感染 MERSウィルスの感染源と対策法

 最隣国の1つ韓国で中東呼吸器症候群コロナウイルス(以下:MERS)の感染が拡大している。国内初の感染者2人が死亡したことに加え、三次感染者が出たことも併せて発表されている。厚生労働省が発表するMER... 

高齢者の4人に1人が予備軍 認知症の症状を知ろう

高齢者の4人に1人が予備軍 認知症の症状を知ろう

 日本人の高齢者のうち、7人にひとりは認知症に罹患しているのだ。2003年に発表した将来推計では、「2010年 の認知症高齢者数は208万人」となっていたため、これは予測を大きく上回る結果である。認知症の... 

日本経済にとって今必要なのはインバウンド「労働力」

日本経済にとって今必要なのはインバウンド「労働力」

 日本にとって重要なインバウンドは「消費」だけではない。深刻な労働力不足に陥った業界では、インバウンド「労働力」も必要とされている。特に介護業界や建設業界は、東京オリンピックや2025年問題を間... 

ストレスチェック義務化が浮き彫りにする中間管理職の苦悩

ストレスチェック義務化が浮き彫りにする中間管理職の苦悩

 12月1日から始まるストレスチェックの義務化まで、残り約8か月となった。インターワイヤードのリサーチによると、「仕事が原因でストレスを感じているか」という問いかけに対し、中間管理職が圧倒的な割... 

ジビエ料理を取り巻く環境をしっかり知って楽しもう

ジビエ料理を取り巻く環境をしっかり知って楽しもう

 ジビエ料理が今年ブームになると密かに予想され、外食産業でも熱い注目を浴びている。しかし、野生のシカとイノシシの食用部位は、人にも感染する寄生虫に高い割合で感染していることがわかっているため... 

ストレスチェック義務化に備え知っておきたい保険

ストレスチェック義務化に備え知っておきたい保険

 昨年6月、国会でストレスチェック義務化法案が可決した。個人で出来る対策としては、精神疾患にかかった時のリスクヘッジとして保険に加入することがあげられる。しかし、ストレスを原因とした精神疾患は... 

社員のストレスチェック義務化に対する企業防衛術

社員のストレスチェック義務化に対する企業防衛術

 厚労省は、常時50人以上の労働者を使用するすべての事業場に対して、ストレスチェック制度を創設した。施行期日は平成27年12月1日となる。長時間の労働による精神障害、いわゆるうつ病などのメンタル疾患... 

労働法の大幅改正 労働価値観は大きく変わる

労働法の大幅改正 労働価値観は大きく変わる

 2015年は労働法(派遣労働法/労働基準法)が大きく変わる一年となりそうだ。有給消化、残業代、派遣社員の社会的地位、について経営者と従業員のパワーバランスに多大な影響を与える改正を行う方向で政府... 

早期のインフル対策 エボラ予防にも有効

早期のインフル対策 エボラ予防にも有効

 エボラウイルスの被害がアフリカから世界へ広がり始めている。アメリカでも現地へ渡った医師が帰国後にウィルス感染していたことが明らかになった。最悪のケース、日本への感染拡大も否めない。根本的な...