節約 社長

労務

従業員のメンタル不調を見極める3つのポイント〜休職を伝えるタイミングはいつ?

従業員のメンタル不調を見極める3つのポイント〜休職を伝えるタイミングはいつ?

 メンタルの不調を訴える人が増える一方、労働諸法はこれらの人々の休職について裁量を各企業に委ねています。従って、企業側がメンタルヘルスが不調な社員を見極め、休職の必要があれば適正なタイミング... 

従業員が勤務中に起こすマイカー事故リスクを最小限に抑える方法

従業員が勤務中に起こすマイカー事故リスクを最小限に抑える方法

 従業員がマイカーで勤務中に移動するのは一般的なことですが、従業員が勤務中に交通事故を起こし、保険に未加入だったり、補償金額が不十分だと、会社側にも損害賠償の支払責任が生じてしまいます。これ... 

休職中の社員へボーナスを渡す義務はある?傷病手当金との調整にもご注意を

休職中の社員へボーナスを渡す義務はある?傷病手当金との調整にもご注意を

 ボーナスについて会社側が昨今抱えるようになった悩みの一つに、休職者にボーナスを支払うべきか?という問題があります。この点、法律はボーナスの与え方について何も規定を設けていないので、会社が自... 

「休憩時間は1時間」が日本社会に浸透したワケ〜休憩時間45分はOK?

「休憩時間は1時間」が日本社会に浸透したワケ〜休憩時間45分はOK?

 昨今の長時間労働による過労死問題などが影響し、多くの企業で労働時間の短縮を如何に図るかが大きなテーマとなり始めています。そこで、1時間休憩を少しでも縮めて時間外労働を減らそうとしている企業... 

過労死が起きたらどうなる? 労災制度と民事賠償に関するまとめ

過労死が起きたらどうなる? 労災制度と民事賠償に関するまとめ

 昨年起きた電通の過酷な長時間労働と労働実態、これらの背景に基づく女性社員の自殺により、過労死等に大きな注目が集まりました。もし、会社で過労死等が起こってしまった場合、労災対応や損害賠償の場... 

エイベックス松浦氏の長時間労働を是正する発言はなぜ炎上した?労基署の是正勧告が行なわれる理由

エイベックス松浦氏の長時間労働を是正する発言はなぜ炎上した?労基署の是正勧告が行なわれる理由

 12月に音楽大手のエイベックス社に労働基準監督署から是正勧告が通達されました。これを受けて同社の社長である松浦勝人氏は、業界特有の事情ゆえに長時間労働を是正するような発言を行い、これに世間は... 

場所や時間にとらわれぬメリット多き勤務形態「テレワーク」が今後広がっていく理由

場所や時間にとらわれぬメリット多き勤務形態「テレワーク」が今後広がっていく理由

 テレワークとは、情報通信機器等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができる勤労形態のことを言います。本稿ではテレワークを導入することで、企業が得られる3つのメリットをご紹... 

副業禁止は既にオワコン?!企業に広がる副業認可のメリット

副業禁止は既にオワコン?!企業に広がる副業認可のメリット

 社員が副業を行うことで、新たなスキルを築いたり、隠れた能力に気付くことが出来る点に着目し、副業を認可する企業が増えています。このような企業は、社員に自主的な副業を行わせることで、会社のコス... 

最低賃金の上げ幅は過去最高でも素直に喜べない2つの理由

最低賃金の上げ幅は過去最高でも素直に喜べない2つの理由

 7月に出揃った各都道府県の最低賃金平均額の改定額において、全国平均で過去最大の25円の賃金上げ幅が実現し、時給823円(平成27年度は798円)となったことが厚生労働省から発表されています。10月からい... 

通常勤務でも深夜割増賃金が必要?!深夜割増賃金計算のワナ

通常勤務でも深夜割増賃金が必要?!深夜割増賃金計算のワナ

 経営者の方の多くは、10時以降に従業員が働く場合、深夜割増は単純に1.25割増しで良いと考えがちです。しかし、もし従業員が午前中から働いて、10時以降も働いている場合は、残業代と深夜割増賃... 

トヨタの雇用施策を中小企業が取り入れることは現実的でない

トヨタの雇用施策を中小企業が取り入れることは現実的でない

 トヨタ自動車は最近相次いで、社員の頑張り具合を給与に反映させる「技能発揮給」や、子育て支援と女性の就労促進を目的とした子ども手当4倍への引き上げ等、といった雇用維持施策を打ち出しています。... 

モンスター社員と冷静に向き合い対処する方法

モンスター社員と冷静に向き合い対処する方法

 『モンスター社員』という言葉をご存知だろうか?一言で表すとすれば、常識外れの言動で周囲を振り回す社員だが、パターンには様々あり、まさかの出方も予想される。そこで今回はタイプ別モンスター社員...