節約 社長

労働基準法

定額残業代を営業手当に含んで社員へ支給するなら踏まえたい2つのポイント

定額残業代を営業手当に含んで社員へ支給するなら踏まえたい2つのポイント

 各種手当を残業代の代わりとして支給する「定額残業制度」は、これを実施すること自体が、必ずしも労働基準法違反ではありません。しかし、一定の条件を満たさなければ、残業代を支払っていないとして法... 

知らないと怪我するよ!助成金を申請する際に踏まえるべき4つのデメリット

知らないと怪我するよ!助成金を申請する際に踏まえるべき4つのデメリット

 助成金の給付を受けることには様々なメリットがあります。一方で、返済不要なお金を国からもらえるわけですから、様々な制限や手間が発生するのも事実です。経営者はこれらデメリットを冷静に踏まえ、自... 

多くの経営者が勘違いしている採用時の「試用期間」と「試みの使用期間」の違い

多くの経営者が勘違いしている採用時の「試用期間」と「試みの使用期間」の違い

 「試用期間中に適正を見極めて、駄目なら切れば良い」という経営者の方がいらっしゃいます。このような持論を持つ経営者は、労働基準法第21条が定める、解雇予告のいらない「試みの使用期間中の者」を「... 

社員を解雇すると助成金が受給しにくくなるって本当ですか?

社員を解雇すると助成金が受給しにくくなるって本当ですか?

 助成金の多くは、返済不要かつ使用目的を問われないものが多いため、経営者にとっては非常に魅力的な制度です。一方で助成金制度は、雇用保険制度の一環として実施されるものであり、雇用機会の維持及び... 

許可無しで残業した従業員に対しても残業代は支払わねばならないか?

許可無しで残業した従業員に対しても残業代は支払わねばならないか?

 残業許可制とは、残業をする場合に使用者(上司)から許可をもらって始めて残業が許可される制度です。残業許可制を導入すると、ムダな残業や、残業代稼ぎの残業を防ぐことに一定の効果があります。一方... 

会社は社員が使う備品の費用をどこまで負担する必要があるか?

会社は社員が使う備品の費用をどこまで負担する必要があるか?

 事業を運営していると、社員に動いてもらう度に、事務用品、コピー、ノートパソコン、職種によっては制服代、防具など、様々な備品費用が発生します。会社側は、社員が使う備品の費用をどこまで負担する... 

優秀な留学生がアルバイトに来てくれた時に雇用主が注意すべき2つの点

優秀な留学生がアルバイトに来てくれた時に雇用主が注意すべき2つの点

 日本国内全体で深刻な人手不足が進んでいます。厚生労働省が発表した2017年6月の有効求人倍率は1.51倍と、1974年以来43年ぶりの高水準となりました。このような状況下で、外国人労働者の活用に企業が注目... 

「ドラクエの新作をやり込むから1週間の有給を取る!」は正当か?

「ドラクエの新作をやり込むから1週間の有給を取る!」は正当か?

 ファン待望のドラゴンクエストⅪが7月29日(土)に発売されました。同ゲームのファンの中には、徹夜してでもドラクエをプレイしたいと願う人が続出してます。では、もしも、「ドラクエの新作をやり込むか... 

課長以上の役職付きには残業代を支払わなくてOK!は真っ赤な嘘

課長以上の役職付きには残業代を支払わなくてOK!は真っ赤な嘘

 「課長以上は管理職だから、残業代を支払わなくて大丈夫」という話を聞いたことはありませんか?たしかに労働基準法では、「管理監督者と認められる者については残業代を支払う必要がない。」と定めてい... 

18歳未満の高校生をアルバイトで雇う際に気をつけるべき4つの点

18歳未満の高校生をアルバイトで雇う際に気をつけるべき4つの点

 夏休み真っ盛りの高校生(18歳未満の年少者)をアルバイトとして雇用している場合、労働基準法は年少者を保護するために、様々な規制を企業に対して課しています。そこで本稿は、年少者を雇用する際に踏... 

インターンシップで学生の怪我に労災が適用される場合・適用されない場合

インターンシップで学生の怪我に労災が適用される場合・適用されない場合

 2017年卒学生のうち、インターンシップ参加者は実に43.7%に達しています。これに伴い、インターンシップの受け入れ側となる企業は、学生がインターンシップに参加する際に生じるリスク対策を取らねばな... 

業務時間外で風俗…副業失敗…従業員の副業で起こるトラブルを未然に防げ!

業務時間外で風俗…副業失敗…従業員の副業で起こるトラブルを未然に防げ!

 時代の流れとして多くの企業が副業を認めるようになりました。一方で、従業員が副業によってトラブルを起こしてしまい、業務に支障をきたす、会社に実害がもたらされてしまうケースも増えています。副業... 

【要注意!】試用期間でも雇用から◯日を過ぎると解雇に制限が生じる

【要注意!】試用期間でも雇用から◯日を過ぎると解雇に制限が生じる

 大抵の会社では、労働者の雇用開始から3ヶ月程度の試用期間を設けています。ただし、この期間にトラブルが生じて労働者を解雇しなければならない時、「試用期間だから」という理由で闇雲に解雇予告を出し... 

休職中の社員へボーナスを渡す義務はある?傷病手当金との調整にもご注意を

休職中の社員へボーナスを渡す義務はある?傷病手当金との調整にもご注意を

 ボーナスについて会社側が昨今抱えるようになった悩みの一つに、休職者にボーナスを支払うべきか?という問題があります。この点、法律はボーナスの与え方について何も規定を設けていないので、会社が自... 

「休憩時間は1時間」が日本社会に浸透したワケ〜休憩時間45分はOK?

「休憩時間は1時間」が日本社会に浸透したワケ〜休憩時間45分はOK?

 昨今の長時間労働による過労死問題などが影響し、多くの企業で労働時間の短縮を如何に図るかが大きなテーマとなり始めています。そこで、1時間休憩を少しでも縮めて時間外労働を減らそうとしている企業... 

従業員が休憩時間に外出することを許可制にするのは法令違反?

従業員が休憩時間に外出することを許可制にするのは法令違反?

 「従業員が休憩時間に外へ行くことは認める。ただし、許可制にしたいのだが、法的に問題は無いだろうか?」管理型の勤務形態を目指す社長からアドバイスを求められた筆者。果たして皆さんはこの答えはYES... 

通勤帰りの病院・ゴルフレッスン⇒災害や事故に合いケガしたら労災は受けられる?

通勤帰りの病院・ゴルフレッスン⇒災害や事故に合いケガしたら労災は受けられる?

 通勤時間に起きた事故や災害で病傷沙汰となった場合、合理的なルートから外れた場合は労災補償を受けられません。しかし、これではあまりにも日常生活に支障が出るため、日常生活における最低限の行動で... 

通勤途中でケガをした場合に労災保険の適用を100%受けるにはどうすれば良い?

通勤途中でケガをした場合に労災保険の適用を100%受けるにはどうすれば良い?

通勤は「業務」と密接な関係があるため、通勤の途中で負傷等した場合は、労災保険で補償する事とされています。ただし、労働基準法が「労災適用を認める通勤」の定義は、私達が通常考えるそれとはかなり違... 

社員に頼まれた「給料の前借り」⇒前渡金と貸付金どちらで対応する?

社員に頼まれた「給料の前借り」⇒前渡金と貸付金どちらで対応する?

 「社長、本当に申し訳ないんですが、今月何かと入用で…なんとか給料の前借りお願いできませんか!」このように、従業員が会社にお金を無心するというのはよくあることです。経営者の貴方が従業員に協力し... 

ネットの普及前と後を比較すると労使トラブルは◯倍に増えている

ネットの普及前と後を比較すると労使トラブルは◯倍に増えている

 36協定の見直しや、電通で起きた長時間労働・パワハラによる自殺により、労使トラブルに大きな注目が集まっていますが、現実としては相変わらず、長時間労働やパワハラ、それに不当解雇が、日常茶飯事で... 

変形労働時間を導入する企業は求人票の年間休日記載にご注意を

変形労働時間を導入する企業は求人票の年間休日記載にご注意を

 厚生労働省の有識者検討会は、民間の職業紹介事業者に対して、募集条件に虚偽の記載がある求人を出した企業と幹部に、懲役刑を含む罰則を設けるべき、という趣旨の報告書を提出しています。特に年間休日... 

「業務委託にすれば長時間労働OK」は国も認めない破綻した論理

「業務委託にすれば長時間労働OK」は国も認めない破綻した論理

 労働諸法の厳守を要請する動きや、社会保険費用のコスト増大によって、企業では節約のムードが高まっています。そのため、本来は社員やアルバイトと一緒の作業をする人々を、業務委託契約で外注扱いにす... 

資格取得援助した後で即辞めた社員へ費用返還請求は可能か?

資格取得援助した後で即辞めた社員へ費用返還請求は可能か?

 「期待していたから投資したのに、資格取る援助をしたら、受かった後ですぐに辞めやがった…なんて恩知らずな!」という経験をした経営者の方は、かなり多くいらっしゃいます。では果たして、資格取得後す... 

労働基準法が労働時間の規定に例外を設けている唯一の業界は?

労働基準法が労働時間の規定に例外を設けている唯一の業界は?

 「うちの業界は慣習的に労働時間が長い」「残業代を出さないのは、どこも同じことをやっている」という声が未だにあります。はたまた「うちの業種に限って例外規定はないのか?」と尋ねられる方もいます... 

残業を減らすためには長時間労働を評価しない人事評価制度に変えろ!

残業を減らすためには長時間労働を評価しない人事評価制度に変えろ!

 近年、脳科学の観点に基づいた研究結果により、残業が如何に非効率なものか、ということが分かり始めています。社員が残業をした場合、経営者は割増賃金を含めた残業代を支払わなければなりません。これ... 

営業手当が残業代の代わりだと経営者は社員に抗弁できるか?

営業手当が残業代の代わりだと経営者は社員に抗弁できるか?

 一定の手当を時間外割増賃金の代わりに支給する定額残業制度は、営業社員を雇用している多くの企業で導入されている給与体系です。定額残業制度自体に問題は無いのですが、具体内容が就業規則に無かった... 

受動喫煙で会社が訴えられる場合も!?今こそ徹底したい分煙対策

受動喫煙で会社が訴えられる場合も!?今こそ徹底したい分煙対策

 他人が吸ったタバコの副流煙を強制的に受動喫煙させられるのは、嫌な人にとっては非常に不快なことです。しかし、受動喫煙させられた側が、もしも副流煙が原因で病気になったら大問題となります。裁判に... 

JAつやまで残業代未払い6億の訴訟!鍵となる管理監督者とは?

JAつやまで残業代未払い6億の訴訟!鍵となる管理監督者とは?

 岡山県津山市のJAつやまで、正職員の3分の2にあたる200人超が、残業代の未払い等を含んだ、約6億円をJA側に求めていることがわかりました。JA側は支払いの一部を免除するため、一部職員を残業代の... 

60歳を過ぎた社員の給料はどう決める?法律に則った3つの方法

60歳を過ぎた社員の給料はどう決める?法律に則った3つの方法

 日本では、経営者自身の高齢化も年々進んでいますが、社員の高齢化もこれから進んでいくことが予想されており、同じ問題を抱える企業は増えてくることでしょう。60歳を過ぎた社員の給料支払額や、支払... 

従業員が遅刻!残業時間と遅刻分の時間は相殺できるの?

従業員が遅刻!残業時間と遅刻分の時間は相殺できるの?

 従業員が何らかの要因で始業時間に遅刻したとします。もしその従業員がその日残業をしたとしたら、遅刻と残業の時間を相殺することは可能なのでしょうか?答えを先にお伝えすると相殺は可能です。ただし... 

実はメリットもある?!労基署の調査をプラスに捉えてみよう

実はメリットもある?!労基署の調査をプラスに捉えてみよう

 経営者の方で労働基準監督署の調査を好む方は、殆どいらっしゃらないことでしょう。ところが労務のプロは、労務管理の適正化という視点から、労基署の調査が入ることがわかった場合、これをプラスに捉え... 

実はトンデモ勘違い「アルバイトはどんな時でも解雇できる」

実はトンデモ勘違い「アルバイトはどんな時でも解雇できる」

 事業主の方の中には、このような時にパートタイマーやアルバイトを「雇用調整的な意味合いで雇用している」と考えている事業主の方もいるかもしれません。労働基準法上では正社員、パートタイマー、アル... 

振替休日と代休はどちらが会社にとって節約につながるの?

振替休日と代休はどちらが会社にとって節約につながるの?

 「振替休日」と「代休」の違いを、読者の皆様はご存知ですか?両者は法律的に明確な違いを持っており、給与の支払額もどちらを利用するかで全く変わってくる制度です。会社が計画的に休日出勤の人件費を... 

退職金は数十年後どうなる?雇われる側が今から立てるべき対策

退職金は数十年後どうなる?雇われる側が今から立てるべき対策

 退職金を払う・払わないに関しては、原則として会社(雇用者)の自由となっている。ただし、終身雇用制度が崩れ、転職が当たり前となった現代社会においては、雇用する側にも、雇用される側にも、現行の... 

重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

 優秀な人材を雇うことは、採用において大きな課題ですが、能力はもちろんのこと労務管理の観点から、従業員採用を考える必要もあります。なぜなら雇用した社員が重大な問題を起こす人間である場合、会社... 

決算賞与の導入で節税と社員のモチベーション向上を達成しよう

決算賞与の導入で節税と社員のモチベーション向上を達成しよう

 従業員のモチベーションを上げる方法の一つが「報酬」ですが、社員にとって月給と賞与は与えられるのが当たり前のモノ。下がればモチベーションダウンに繋ることもあります。しかし「決算賞与」は業績連... 

意外と知らない「社員へ与えるべき休憩時間」の長さとは

意外と知らない「社員へ与えるべき休憩時間」の長さとは

 経営者が考えている以上に、従業員は休憩時間がどれくらい与えてもらえるかを気にしています。かつての労使問題でも、労働時間に対して与えられた休憩時間の短さが問題となり、企業が訴えられる事件が数... 

キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

キャッシュ難の時に賞与・昇給見送りを社員に認めてもらう方法

 賞与や昇給は労働者の大きな関心事です。しかしながら、経営者には本来「賞与を支払うか否か」「昇給をするか否か」が自由裁量として与えられ、条件を就業規則等で通知すれば良いことになっています。こ... 

社員の自宅への仕事持ち帰り 経営者の残業代支払いは義務?

社員の自宅への仕事持ち帰り 経営者の残業代支払いは義務?

 残業代ゼロ法案なども踏まえて、残業時間の減少を目標に掲げる経営者は年々増えています。一方で仕事量が多すぎて、会社の消灯時間までに仕事が終わらないとして、自宅へ毎日のように仕事を持ち帰る社員... 

社長は大雪で社員にタクシー通勤代を請求されても払う必要なし

社長は大雪で社員にタクシー通勤代を請求されても払う必要なし

 大雪などの天候不良で、公共の交通機関がもし動かなかった場合に、従業員がタクシーを利用して出社し、支払料金を請求してきた際、会社は経費としてこれを受け入れる義務があるでしょうか?結論から申し... 

似ているけど全く違う所定労働時間と法定労働時間の意味

似ているけど全く違う所定労働時間と法定労働時間の意味

 「所定労働時間」と「法定労働時間」、皆さんはこの言葉の違いをご存知ですか?両者は似たような言葉でよく誤解されて使われますが、労務管理においては、それぞれ非常に重要な言葉で、有する意義も全く... 

「正社員採用」の正社員に法律上の正式な定義ってあるの?

「正社員採用」の正社員に法律上の正式な定義ってあるの?

 私達は、普段何気なく「正社員」や「正規社員」といった言葉を使いますが、そもそも「正社員」や「正規社員」とは、どのような定義なのでしょうか?実は、「正社員」や「正規社員」は、法律用語ではあり... 

光GENJI通達で思い出す子役芸能人と労働基準法の関係

光GENJI通達で思い出す子役芸能人と労働基準法の関係

 一世を風靡した光GENJIには中学生のメンバーもいました。現在でも多くの子役がテレビ番組に出演して活躍しております。ここで1つの疑問点が生じます。芸能人の子役は労働者か個人事業主か?という問題で... 

エイプリルフールに学ぶ「専門業務型裁量労働制」

エイプリルフールに学ぶ「専門業務型裁量労働制」

 4月1日エイプリルフールの日に、自称ブラック企業「セブンコード社」が、労働基準監督署にアポなし突入された一部始終を動画で公開した。労基署が問題視した残業時間の管理をセブンコード社は、「専門業... 

合法的に社員の鼻ピアスを外させることは可能か?

合法的に社員の鼻ピアスを外させることは可能か?

 社員の服装は憲法13条を根拠に、最大限尊重することが企業へ求められている。企業のダイバーシティ化が進んでいるとはいえ、厳しい目を向ける第三者は一定多数いるのも現実だ。さすがに憲法13条を抗弁事... 

社員を休日にセミナー研修へ出席させると給与は発生する?

社員を休日にセミナー研修へ出席させると給与は発生する?

 会社の育成プログラムに組み込まれるセミナー研修へ、休日に社員が行く機会は多いはずだ。休日の研修に社員を参加させる場合は、それらが「仕事で給与が発生するか?、自主的な勉強なので給与が発生しな... 

突然の残業代請求 どんな証拠で立証されるか知ろう

突然の残業代請求 どんな証拠で立証されるか知ろう

 残業代ゼロ法案が可決される見通しが高くなっているが、今のところ、経営者が雇う社員の大半は対象外(対象層1,075万円以上の年収)のため、突然残業代を請求されるケースはこれからも生じやすい。未払い... 

代休と振替休日って経営者にとってどちらが得?

代休と振替休日って経営者にとってどちらが得?

 一般的に休日は、「代休」と「振替休日」の二種類にわかれているが、これら2つの違いをご存じだろうか?休日出勤は、事前に申請するか事後に申請するかで、休日出勤分の賃金が割増になるかならないかが決... 

副業禁止 社長と社員はどう折り合いをつけるべき?

副業禁止 社長と社員はどう折り合いをつけるべき?

 航空自衛隊の隊員が副業で2,000万円を稼いでいたことを理由に、懲戒処分をくだされた。企業の場合は、「就業の自由」に鑑み、副業が発覚したからと言って経営者は簡単に社員を解雇出来ない。ではどのよう... 

労働法の大幅改正 労働価値観は大きく変わる

労働法の大幅改正 労働価値観は大きく変わる

 2015年は労働法(派遣労働法/労働基準法)が大きく変わる一年となりそうだ。有給消化、残業代、派遣社員の社会的地位、について経営者と従業員のパワーバランスに多大な影響を与える改正を行う方向で政府...