節約 社長

人材

中小企業の社員が大企業の社員に勝つため身につけるべき3つの習慣

中小企業の社員が大企業の社員に勝つため身につけるべき3つの習慣

 大企業の社員は一人じゃ何も考えられないボンクラの集まり!なんて言われる方もいますが、ならば、なぜ大企業は過去最高の内部留保を実現して、中小企業以上に賃上げを行えているのでしょうか?中小企業... 

「どっかに良い人材いないか〜い?」結論:いません!じゃあ、どうするよ?

「どっかに良い人材いないか〜い?」結論:いません!じゃあ、どうするよ?

 「どっかに良い人材いないか〜い?」空前絶後の人手不足にあえぐ中小零細企業の経営者たちはみな、同じように「優秀な」人材が不足していることを認識し、なんとか調達できないか考えています。しかし、... 

経営者もスタッフも皆が理想とする「自由に稼ぐ経営」はどうしたら実現する?

経営者もスタッフも皆が理想とする「自由に稼ぐ経営」はどうしたら実現する?

 「従業員が自らの意思で考えて動き自由に稼ぐ」状態は、経営者にとっても従業員にとっても理想的な会社のあり方です。このスタイルを重視する黒字企業は、採用の時点から優秀な人材を集めることに一番の... 

集客できるようになったのにお店が潰れた!なぜこんなことが起こるのか?

集客できるようになったのにお店が潰れた!なぜこんなことが起こるのか?

 考えにくいかもしれませんが、集客が上手く行ったのに会社がダメになるパターンがあります。どんな時にこんな現象が起こるかというと、集客に成功して売上が伸びたのに、人材がこれに対応して室の高い業... 

使えない社員がいるのは社長の責任 自ら考えて動く社員を作る教育とは?

使えない社員がいるのは社長の責任 自ら考えて動く社員を作る教育とは?

 使えない社員を抱えて経営者が悩んでいる会社は、往々にして採用した後の社員教育を施していません。採用した人材の多くは、「働く場所が無いからアンタの会社選んだだけ」であって、教育無くして彼らが... 

「人罪」ではなく「人財」を社内に生み出す社長のあり方とは

「人罪」ではなく「人財」を社内に生み出す社長のあり方とは

 昨今の新人研修では、「人材」から「人罪」や「人在」とならないように、という講釈をたれる研修屋さんが増えています。しかし、新人が「人罪」や「人在」となる根源には、「人罪」や「人在」のみならず... 

中小企業が雇用の際に人材の「質」で妥協してはいけないワケ

中小企業が雇用の際に人材の「質」で妥協してはいけないワケ

 「とにかく今は人がいないんだ!人がいないことには仕事が回らない!」という状況にあるがゆえに、100点満点ではない人材採用を行って、結果として、更に負の連鎖が続いている企業は多々あります。中... 

重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

重大な問題を抱えた社員を雇わぬため会社で事前に出来ること

 優秀な人材を雇うことは、採用において大きな課題ですが、能力はもちろんのこと労務管理の観点から、従業員採用を考える必要もあります。なぜなら雇用した社員が重大な問題を起こす人間である場合、会社... 

従業員10人超の会社は人事担当者を専任しよう!そのワケは?

従業員10人超の会社は人事担当者を専任しよう!そのワケは?

 企業の競争力の源泉は、ハードからソフトに大きくシフトしました。如何に優秀な人材を雇えるかが、企業の浮沈を握る鍵となりつつあるのです。中小にとって、会社の魅力は社長自身である場合が多いですが... 

800万人(大阪府人口分)の労働力が減る!未来見据える女性の活躍推進法

800万人(大阪府人口分)の労働力が減る!未来見据える女性の活躍推進法

 アベノミクスの肝いり法案「女性の活躍推進法」が8月28日に可決・成立しました。女性の社会進出を政府が達成しようとしている主な要因は、「国庫に入るお金を増やす」ことだと伝えられています。しかしそ... 

業績が良い時ほど経営者が節約の精神を持つべき理由

業績が良い時ほど経営者が節約の精神を持つべき理由

 「何をやってもうまくいく」「利益が出て仕方がない」という状況をビジネスで貴方が経験されているなら、払った努力や犠牲は大いに賞賛されるべきものです。しかし事業がいくらうまく行っていても、波の... 

日本経済にとって今必要なのはインバウンド「労働力」

日本経済にとって今必要なのはインバウンド「労働力」

 日本にとって重要なインバウンドは「消費」だけではない。深刻な労働力不足に陥った業界では、インバウンド「労働力」も必要とされている。特に介護業界や建設業界は、東京オリンピックや2025年問題を間...