節約 社長

事業譲渡

揺れる東芝が半導体事業の一部を売却〜分社への出資先が狙うのは◯◯

揺れる東芝が半導体事業の一部を売却〜分社への出資先が狙うのは◯◯

 東芝が電力ビジネスの不振、投資先の「のれん」減損問題で揺れ、株価も12月5日の465円から、年明けの1月19日には243円へとほぼ半減するなど、早期の体質改善を求められています。そのような中で、報道は“... 

新潟の第三セクターが運営するホテルを中国資本へ売却したのはなぜ英断か?

新潟の第三セクターが運営するホテルを中国資本へ売却したのはなぜ英断か?

 12月末に、中国資本の日本山嶼海(さんよかい)株式会社が、新潟県阿賀町100%出資の第三セクターにより運営されているホテルを買収することが報道されました。中国を始めとする外国資本にとって、日... 

M&Aによる出口戦略を模索し始めた優秀なベンチャー企業をお得に買うコツ

M&Aによる出口戦略を模索し始めた優秀なベンチャー企業をお得に買うコツ

 2016年の新規株式公開(IPO)企業数は、前年より約1割少ない84社となりました。これは見方を変えれば、ベンチャー企業にとって上場のメリットが薄まっている、ベンチャー企業が上場以外の道を模索して... 

サムソンがハーマンを売上より高い金額で買収するのはなぜか?

サムソンがハーマンを売上より高い金額で買収するのはなぜか?

 サムソンが、売上70億ドルのアメリカの自動車部品メーカー・ハーマンを80億ドルで買収することが報道されています。ソフトバンクのARM買収も含め、買収金額が買収される企業の売上を上回るパターンが、こ... 

70代で37%、60代は5.4%…検討タイミングが遅すぎる日本の事業承継

70代で37%、60代は5.4%…検討タイミングが遅すぎる日本の事業承継

 群馬県における調査において、「70代社長の37%がM&Aを検討している」ということが報道されました。しかも、同報道によると60代でM&Aを検討している経営者は5.4%しかいません。70代で事業承継を検討し始... 

3つのM&A(合併・会社分割・事業譲渡)を比較してみよう

3つのM&A(合併・会社分割・事業譲渡)を比較してみよう

 M&A(エムアンドエー)とは、『Mergers(合併)and Acquisitions(買収)』という英語の略です。M&Aの手法としては、合併・吸収分割・事業譲渡等があります。本稿では、合併・吸収分割・事業譲渡が、そ... 

自社の存続選択肢として事業譲渡が有効な3つのパターン

自社の存続選択肢として事業譲渡が有効な3つのパターン

 規模の大小を問わず、会社のM&Aは頻繁に行われています。買収をする側は事業の拡大や異業種への参入などを目的にM&Aを仕掛けることも多いのですが、逆にそのような機会をとらえて事業を譲渡してしまった...