節約 社長

事業承継

“会社が俺”で“俺が会社”〜事業承継の際に経営者借入が大きな問題となる理由

“会社が俺”で“俺が会社”〜事業承継の際に経営者借入が大きな問題となる理由

 事業承継の場面では、株式の購入代金や退職金の支払いについて話し合っていても、社長借入については、何の話し合いもなくスルーされてしまうことがあります。しかし、この社長借入にどう対応するかを考... 

社員が株買取目指すも種銭不足〜株買い取り資金を金融機関から調達する3つの方法

社員が株買取目指すも種銭不足〜株買い取り資金を金融機関から調達する3つの方法

 将来の事業承継などを踏まえ、経営者から社員が会社の株式を引き継ぐ手続きは、相続発生の可能性を考えても早めに済ませておきたいものです。ただ、社員が自己資金で株式を引き継げればよいのですが、社... 

滋賀県が官民連合で事業承継を強化 そう簡単に上手く成立しないワケ

滋賀県が官民連合で事業承継を強化 そう簡単に上手く成立しないワケ

 事業承継の問題に地方行政が本格的に乗り出し始め、官民一体の事業承継対策を打とうとしています。ただし、事業承継は専門性が高く、関わる税理士や会計士、中小企業診断士に、情報収集能力やノウハウ、... 

事業承継で株を今の経営者から取得する社員の資金調達〜4つの方法

事業承継で株を今の経営者から取得する社員の資金調達〜4つの方法

 人手不足が深刻化する中、中小企業では事業承継を行う際に、親族に限らず優秀な社員に任せるというケースが増えています。ただし、社歴が長く、業績も悪くなかった会社であれば、株式の価値が相当高くな... 

GEの1兆円赤字は見方を変えれば業績V字回復の要因であり、日本企業の未来指標である

GEの1兆円赤字は見方を変えれば業績V字回復の要因であり、日本企業の未来指標である

 米ゼネラル・エレクトリック(以下、GE)が去年10月から12月までの3か月間の決算を発表し、1兆円以上の赤字を計上することがわかりました。これだけ巨額の赤字を計上する事態に、もはやGEも終わりか…とい... 

事業承継の税制が大幅に変わる!税金の納付猶予が80%から100%へ

事業承継の税制が大幅に変わる!税金の納付猶予が80%から100%へ

 日本企業の多くが事業承継について真剣に考えねばならない時期に差し掛かっています。この事態を踏まえ、昨年末に発表された税制改正大綱に伴う改正のうち、事業承継税制について大きな改正が行われ、「... 

事業承継「親族内承継」「親族外承継」「M&A」3つのパターンのメリット・デメリット

事業承継「親族内承継」「親族外承継」「M&A」3つのパターンのメリット・デメリット

 事業承継とは、文字どおり事業を承継することで、現在の経営者から後継者となる人間に、「社長のイス(経営に必要なもの)」と「自社株(会社支配に必要なもの)」を引き継ぐことを言います。本稿では、... 

パナソニックが街の電器屋さんの後継者探しに乗り出すも難易度ウルトラCなワケ

パナソニックが街の電器屋さんの後継者探しに乗り出すも難易度ウルトラCなワケ

 パナソニックが担当者を1,000人配置し、街の電器屋さんである「パナソニックショップ」の後継者探しを支援し始めると報道されています。パナソニックショップの多くは「社長=株主=会社」という状態で成... 

260年続いた江戸幕府に学ぶ“企業30年説”を打破する事業承継の作法

260年続いた江戸幕府に学ぶ“企業30年説”を打破する事業承継の作法

 企業30年説とは、いまある企業が、30年後に存在するのは5%の確率である、というものです。この通説を打破し、企業が30年以上、更にその先も存続するためには、後継者の育成が不可欠です。そこで本稿は、2... 

経営者なら誰もが最後に抱える悩み「事業承継」代表的な5つのパターン

経営者なら誰もが最後に抱える悩み「事業承継」代表的な5つのパターン

 企業経営者の悩みは、事業規模の違い、業種業態の違い、個別環境の違いにより、悩みの内容もそれぞれ異なります。しかし、どんな経営者であっても最後に必ず悩む問題があります。それは、事業承継の問題... 

米ゼネラル・エレクトリックの歴代社長が就任後すぐに取り掛かる仕事とは?

米ゼネラル・エレクトリックの歴代社長が就任後すぐに取り掛かる仕事とは?

 米ゼネラル・エレクトリック社のジェフ・イメルトCEOが今年の7月に退任し、55歳のジョン・フラナリー氏がCEOに就任することが決まっています。さて、GEの歴代トップは、社長就任後すぐに着手し始める仕事... 

【新制度】早期の事業承継で最大500万円補助・事業承継補助金の中身とは?

【新制度】早期の事業承継で最大500万円補助・事業承継補助金の中身とは?

 経済産業省・中小企業庁が5月8日に、早期の事業承継に絞った新たな補助金「事業承継補助金」の公募を開始しました。これはいわゆる従来の「第二創業補助金」をリニューアルした新しい補助金制度です。新... 

高値で会社や事業を買ってもらえる標準化された会社が持つ6つの特徴

高値で会社や事業を買ってもらえる標準化された会社が持つ6つの特徴

 会社、または事業の一部を売却したいなら、なるべく高い値段で買い手にこれを売却したいと考えるのが普通です。これを可能にするためには、会社または事業が「標準化」されていると買い手に納得してもら... 

創業者エジソンの照明事業を売却対象とするゼネラル・エレクトリックの凄さ

創業者エジソンの照明事業を売却対象とするゼネラル・エレクトリックの凄さ

 創業時に始めた事業や伝統のある事業を捨て去ることは、事業を継続してきた経営者にとって忍び難いものがあります。この点でお手本となるのがゼネラル・エレクトリック社です。彼らは事業の選択と集中に... 

中小の事業承継における株式評価の方法〜その難易度が高いワケ

中小の事業承継における株式評価の方法〜その難易度が高いワケ

 社長の平均年齢が60歳を越え、あと10年ほど経過すると、中小企業で事業承継ラッシュが始まります。事業承継する企業が非上場企業の場合、株式相続は「取引相場のない株式等の評価」で行われますが、具体... 

借金のある会社を継いでくれる社員がいる場合に現経営者ができること

借金のある会社を継いでくれる社員がいる場合に現経営者ができること

 「子供は会社を継いでくれなさそうだけど、社内のあいつならやってくれるだろう。だけど、借金があるんだ。あいつを社長にしたら借金の連帯保証人をやってもらわねばならないんだ…」こんな悩みを抱えてい... 

70代で37%、60代は5.4%…検討タイミングが遅すぎる日本の事業承継

70代で37%、60代は5.4%…検討タイミングが遅すぎる日本の事業承継

 群馬県における調査において、「70代社長の37%がM&Aを検討している」ということが報道されました。しかも、同報道によると60代でM&Aを検討している経営者は5.4%しかいません。70代で事業承継を検討し始... 

2代目のジレンマ“親父越え”を果たし事業承継を成功させよ!

2代目のジレンマ“親父越え”を果たし事業承継を成功させよ!

 創業者が事業承継を考える会社を作ったことは、それ自体が偉業であり、2代目社長が周囲から「創業者に比べればボンクラ」と言われるのは仕方がないことです。しかし、2代目には2代目なりに経営者としての... 

経営者の平均年齢が60歳を過ぎても事業承継が進まぬ3つの理由

経営者の平均年齢が60歳を過ぎても事業承継が進まぬ3つの理由

 日本国内における経営者の平均年齢が、昨年遂に60歳へ到達しました。「60代はまだまだ働き盛り」という主張にも一理ありますが、それでもやがて事業承継を真剣に考えねばならぬ時は近づいています。とこ... 

会社に2人の代表取締役がいる?!3つのメリットとデメリット

会社に2人の代表取締役がいる?!3つのメリットとデメリット

 ここ最近、雑誌を読んでいるとよく見かけるのが、代表取締役が会社に二人いる会社です。実は、会社法には、代表取締役になってよい人間の人数を制限する文言がありません。複数の代表取締役を社内に設置... 

事業承継において信託を活用することが好ましい3つの場面

事業承継において信託を活用することが好ましい3つの場面

 信託とは信じて託す、という言葉通り「財産を預けて、財産の管理・処分等を任せる」ことです。既に到来している高齢社会等の背景を元に、後見的な財産管理や遺産承継を目的とする家族信託は、今後ますま... 

能力があるのに子供への事業承継に失敗した3人の戦国大名

能力があるのに子供への事業承継に失敗した3人の戦国大名

 企業はゴーイングコンサーン(継続)を目的として作られるものですし、人間が永遠に生きられない以上、経営者はどこかの段階で会社の生き残りをかけ、「事業承継」を考えなければなりません。戦国時代の... 

創業者を気にするな!2代目が家族経営を引き継ぎ生き残る術

創業者を気にするな!2代目が家族経営を引き継ぎ生き残る術

 2代目・3代目の社長さん達が、創業者から会社を引き継ぐ時に抱える悩みは、思いの外似たものとなります。従業員による創業者との比較、自らが創業していない故に資金繰り面で弱いなどのものです。これ... 

ソフトバンク後継者指名で知るゴーイングコンサーン

ソフトバンク後継者指名で知るゴーイングコンサーン

 300年継続する企業宣言、時価総額を現在の5倍である45兆円にする宣言、後継者に入社後わずか一年足らずのインド出身アローラ氏を登用するなど、ソフトバンク孫社長が企業を継続させるために示す強い意思... 

贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

 2014年における経営者の平均年齢は、60.6歳に到達した。経営者の高年齢化が進んでいる大きな理由として、後継者がいないことが社会的な問題となっている。いつまでも後継者が生まれない経営者層では赤字... 

中小企業倒産防止共済で節税と貸倒れ保証をダブルゲット

中小企業倒産防止共済で節税と貸倒れ保証をダブルゲット

 中小企業にとって大きな取引先の貸倒れは、すなわち企業存亡の危機を意味する。中小企業倒産防止共済に加入しておけば、月々の積立で最大8,000万円の貸付を中小企業基盤整備機構から借り入れることが可能...