節約 社長

不動産

タナカキミアキ流の営業は「売らずに売る」押しの営業なんてやったことない

タナカキミアキ流の営業は「売らずに売る」押しの営業なんてやったことない

 営業ができないと起業してもやっていけない?そんなことはありません。キミアキ先生は、33歳まで基本的に営業職をやったことがなく、会社を始めた後も「売らずに売る」を実践し続けてきました。そのかわ... 

【節約】僕が20代で4件の不動産を取得するための頭金を用意した方法

【節約】僕が20代で4件の不動産を取得するための頭金を用意した方法

 医療系の大学を卒業した後、病院に勤務しながら、24歳の時に不動産投資を開始し、20代で4個の不動産を保有することになった山口さん。ただし、不動産投資には頭金が必要です。どのようにして山口さんは頭... 

シェアハウス投資崩壊〜築浅だけど使い道なしの旗竿地争奪戦が始まる!

シェアハウス投資崩壊〜築浅だけど使い道なしの旗竿地争奪戦が始まる!

 ここ数年の間に大流行していたシェアハウス投資。ところが投資した物件の入居率は半分程度しかなく、サブリース会社も支払いを滞らせ始めるなど、ここに来て市場が事実上の崩壊を迎えているようです。シ... 

消極的起業でも下流中年とならず生き残る方法『特養落ちた、日本死ね!』

消極的起業でも下流中年とならず生き残る方法『特養落ちた、日本死ね!』

 40歳を過ぎて下流中年となる主な原因は就職の失敗です。転職で失敗するとにっちもさっちも行きません。こうなったら起業開業するしかない!という形で、中年による消極的起業は2018年以降も増えていくで... 

転職先探し&独立狙い&失業保険もゲット!三兎を追うのはOKか?

転職先探し&独立狙い&失業保険もゲット!三兎を追うのはOKか?

 会社を辞めることを決意したAさんは、転職活動をゆっくり始めながら、良い転職先が無ければ前から温めていたアイデアを生かした独立も検討し、暇な時間に事務所を探したりもしています。このような状態に... 

なぜ顧客層をお金持ちにすべきなのか?良い人に良いサービスを提供し儲け続けよう

なぜ顧客層をお金持ちにすべきなのか?良い人に良いサービスを提供し儲け続けよう

 世の中には潰れにくいビジネスと潰れやすいビジネスがあります。潰れにくいビジネスというものを考えていく時に外せないのが、お金を持った人を顧客層とすることです。良いサービスに対してお金を支払う... 

経営者の土地に会社の建物建てたら大損!なぜそんなことが起こるの?

経営者の土地に会社の建物建てたら大損!なぜそんなことが起こるの?

 経営者がもともと持っている土地に借地権を設定し、新規工場や新規オフィスの建設コストをなるべく削減する場合があります。ところが、金銭のやりとりが発生していないという理由で、借地権設定を税務署... 

含み損を抱えた不動産は売却で節税に生かせ!メリットと注意点

含み損を抱えた不動産は売却で節税に生かせ!メリットと注意点

 社歴が長い会社では、バブル前後に高値で不動産を購入してしまい、含み損を抱えているケースが多々あります。含み損を抱えた不動産は売却することによって、多額の繰越欠損金を作れるため、節税対策で活... 

多くの経営者が不動産で資産運用・資産形成を行う3つの理由

多くの経営者が不動産で資産運用・資産形成を行う3つの理由

 日本の空室率は13%に到達し、地方に行けば行くほど、不動産による資産運用は難易度を増しています。それでもなお、経営者の多くは不動産による資産運用を行っています。そこで本稿は、経営者が資産運用... 

エアビーアンドビーで稼いだお金の税務署逃れは可能か?

エアビーアンドビーで稼いだお金の税務署逃れは可能か?

 民泊サービス・エアビーアンドビー(airbnb)の活用が、日本にも徐々に浸透し始めています。エアビーアンドビーを活用して、ゲストハウスをきちんと運営する仕組みさえ作れば、民泊サービスは大きな利益... 

収益価値「ゼロ」の不動産が現れる時代がやってくる

収益価値「ゼロ」の不動産が現れる時代がやってくる

 2014年5月に成立した「改正都市再生特別法」は、日本の未来が”都市集約型”社会となることを決定づけた。日本は2011年より既に”人口減少社会”に突入しており、税金で維持していた行政サービスや社会的なイ... 

東京の不動産を買うなら2016年までである理由

東京の不動産を買うなら2016年までである理由

 東京都心で不動産の値上がりが止まらない。東京都心では、2月の中古マンション販売価格が、前年同月比で約6%と驚異的な伸び率を見せている。しかし、この”不動産好景気”、今後も継続するかどうかは微妙... 

スタバで乾杯 2015年ちょい飲み戦争勃発

スタバで乾杯 2015年ちょい飲み戦争勃発

 コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス社が、先週中期成長計画を発表した。収益拡大に向けて、アメリカ国内数千店舗でアルコールや夜食の販売を開始するという。日本でもコンビニやファストフー...