節約 社長

ロボット

サラリーマンが会社を買う時代がやってくる〜これからの起業トレンド

サラリーマンが会社を買う時代がやってくる〜これからの起業トレンド

 日本の中小企業経営者の年齢が60〜70代に差し掛かっています。今は彼らが元気でも、後継者不在の会社が半数近くを占め、体力的にも10〜20年後を考えれば、今と同じ状態で事業継続するのは難しそうです。... 

あなたの仕事がロボットに奪われぬよう、今、身につけておくべき4つの能力

あなたの仕事がロボットに奪われぬよう、今、身につけておくべき4つの能力

 もう、そう遠くない、2〜3年後には、世の中がガラッと変わっていきます。自動化の波がドドーンと日本全体を覆うことになります。その波に覆われた時、ロボットに仕事を奪われないために、どんな能力を私... 

【技術者の視点】トランプ氏の政策が技術革新の視点で見て極めて合理的なワケ

【技術者の視点】トランプ氏の政策が技術革新の視点で見て極めて合理的なワケ

 日本のニュースメディアは、トランプ氏のやろうとしている内向き政策が、昔の貿易摩擦時代への回帰を目指すもので、いずれコストアップとインフレを起こすだろう、という論調に終始一貫しています。ただ... 

吉野家のベテラン店員に学ぶロボットに代わられない接客の極意

吉野家のベテラン店員に学ぶロボットに代わられない接客の極意

 ホスピタリティとサービスの違いを、皆さんはご存知でしょうか?吉野家が他のファーストフードと比較して接客が良いと評価されるのは、ベテラン達による、新人に対するホスピタリティ教育が優れているこ... 

ロボットが東大に合格すると人間の仕事は奪われるのか?

ロボットが東大に合格すると人間の仕事は奪われるのか?

 「2016年に大学入試センター試験で高得点を取る。」「2021年度に東大入試を突破する。」これは国立情報学研究所の掲げた人工知能ロボットに関するプロジェクトの目標だ。更に人工知能ロボットは、まずコ... 

ドローンを規制する法案を日米で比較してみよう

ドローンを規制する法案を日米で比較してみよう

 ドローンの先進国であるアメリカで、2月15日にFAA(運輸省連邦航空局)がドローンの利用に関する法案を告示した。アメリカはもちろん、日本もドローン利用に向けて法整備を進めているが障壁はまだまだ多... 

2015年経済に影響あるイベント5選〜前半編〜

2015年経済に影響あるイベント5選〜前半編〜

 2015年まであと一週間に迫る。仕事も佳境に入るか、一段落という経営者も多いことと思う。一息つけるタイミングで、来年の経済見通しを立てるにあたり、あらかじめわかっている経済イベントを効率よく把... 

iPhone6大ヒット 裏で大儲けの節約企業 

iPhone6大ヒット 裏で大儲けの節約企業 

 米アップル社が9月に発売開始したiPhone6が大ヒットしている。利益率の観点で、今回のiPhone6ヒットでアップル以上に恩恵を受け、笑いの止まらぬ日本企業がある。山梨県忍野村に本社を置く工作機械メーカ...