節約 社長

マーケティング

閑散期に大繁盛を実現したリフォーム会社に学ぶ「点を線にする」マーケティング

閑散期に大繁盛を実現したリフォーム会社に学ぶ「点を線にする」マーケティング

 閑散期で売上がいつもだと下がる冬場に、Sさんが営むリフォーム会社は、新規顧客から、しかも自分のことを名指しで指名する形の注文を次々ともらうことになり、おおあらわとなりました。その理由は、Sさ... 

ターゲティングやペルソナで絞り込むだけでは勝ち続ける事が出来ない

ターゲティングやペルソナで絞り込むだけでは勝ち続ける事が出来ない

 これまでのマーケティングでは、ターゲティングやペルソナ設定が重要視されてきました。しかし、日本でビジネスを継続発展させていくには、これだけでは非常に難しい状況となりはじめています。その理由... 

北海道大地震の被災者となった僕が再確認した「ビジネスの最重要課題」

北海道大地震の被災者となった僕が再確認した「ビジネスの最重要課題」

 当サイトメンバーの高橋さんが北海道胆振東部地震で被災したのは、ちょうど一ヶ月前のことです。この時、高橋さんはビジネスにおける最重要課題を被災を通じて再確認されました。「ビジネスにおいて1は... 

ビジネスを安定して成長させている経営者に共通する5つの習慣

ビジネスを安定して成長させている経営者に共通する5つの習慣

 時間は皆平等に与えられています。その時間を如何に有効に使うかで、継続的で安定したビジネスを作れるか否かは決まります。自社の集客プログラムで何百人の会員さんを見ている筆者の高橋さんは、会員の... 

【初心者必見】初めて集客を実施する人が実務開始前に計画すべき3つのこと

【初心者必見】初めて集客を実施する人が実務開始前に計画すべき3つのこと

 本稿は集客、マーケティングを初めて行う人向けの記事です。集客を始める際、一番最初にやるべきこと、それは計画を立てることです。そして、計画を立てる際には、3つの要素を必ず先に決めておく必要が... 

稼ぎたいなら英語・資格・プログラミングにすぐ飛びつくのを止めろ

稼ぎたいなら英語・資格・プログラミングにすぐ飛びつくのを止めろ

 街を歩いていると、英語で世界をすぐ近くに!◯◯の資格で真のキャリアアップを!プログラミングの技術は一生モノ!というキャッチコピーが並んだ広告をよく見かけますよね。しかし、あなたが懸命な人なら... 

「好きな仕事で起業するのが目標」だけじゃビジネスが続かぬ理由

「好きな仕事で起業するのが目標」だけじゃビジネスが続かぬ理由

「好きな仕事で起業するのが目標」この言葉自体は、最初のきっかけとしては非常に良い心がけであり、こう考えること自体称賛されるべきことです。しかし、起業することが目標なだけでは、実際に起業した後... 

ご存知ですか?シンガポール発の爆発的な集客術『「1for1」 ビジネス』

ご存知ですか?シンガポール発の爆発的な集客術『「1for1」 ビジネス』

 読者の皆さんは『「1for1」 ビジネス』というシンガポール発のマーケティング手法をご存知ですか?1人の人には正規料金を支払ってもらい、その人がもう1人お客様を連れてきてくれたら、その人の料金... 

ビジネスとはたった「5%」を競う戦い〜勝ち抜くため1番重要なこと

ビジネスとはたった「5%」を競う戦い〜勝ち抜くため1番重要なこと

 「一年後起業を考えています。ビジネスを始めるにあたって、ビジネスを成功させるポイント、一番重要な要因は何でしょうか?」あなたはもしこう聞かれたら、どのように答えますか?ビジネスを成功に導く... 

少しでも早く利益を向上させたいなら休眠客を今すぐその手に取り戻せ!

少しでも早く利益を向上させたいなら休眠客を今すぐその手に取り戻せ!

 経営者の多くは、どうしても新規集客に力が入るあまり、他の集客活動を疎んじてしまいます。しかし、冷静に見ると新規集客は赤字になることがほとんどです。もしあなたが「今すぐこの手に利益を!」と考... 

「売上を上げたい!」を叶える最もインパクトあるマーケティングのスキルとは

「売上を上げたい!」を叶える最もインパクトあるマーケティングのスキルとは

 ビジネスで何かを実践する際は、常に『収益に最もインパクトがあるもの』を選択したいものです。もしあなたがマーケティングを真剣に実践したいと考えるなら、いの一番に学んでほしいのが「コピーライテ... 

貴方のマーケティングを妨げる最大の敵と戦う3つのポイント

貴方のマーケティングを妨げる最大の敵と戦う3つのポイント

 私達がマーケティングを行う上で最大の敵、それは『読まない』『信用しない』『行動しない』という消費者の無関心です。特にマーケティングの入り口である広告を読んでもらえないことは致命傷。どうすれ... 

面白くなければ誰も僕達のことなんて振り向いてくれない

面白くなければ誰も僕達のことなんて振り向いてくれない

 人は赤の他人の話など何一つ興味がありません。しかし、多くの販促物には「内輪の面白さ」が散りばめられており、多くの消費者はせっかく商品が良いものであっても、これをスルーしてしまいます。消費者... 

起業・独立して成功したければ、商品にはこだわるな!◯◯にこだわれ!

起業・独立して成功したければ、商品にはこだわるな!◯◯にこだわれ!

 起業家の多くは、「自分が作った商品やサービスで世界を変える」と意気込みますが、実際のところ、その志は早ければ数日、平均して1年も経たないうちに折られます。なぜなら、起業家の成功を支えるのは... 

ワールドカップやオリンピックは4年に1度だから価値がある 希少性の使い方

ワールドカップやオリンピックは4年に1度だから価値がある 希少性の使い方

 ワールドカップは4年に一度開催されるから、ダイヤモンドはそこら中に落ちているわけではないから、希少性の高いものとして多くの人からお金を支払ってもらえます。希少性の法則はこのように使い方を間... 

成功法則「大量行動」が抱える罠 行動しても◯◯しなければ失敗するだけ

成功法則「大量行動」が抱える罠 行動しても◯◯しなければ失敗するだけ

 多くの成功者は『量は質を凌駕する』という格言を肯定し、マーケティングの世界にも、成功するために『大量行動』が欠かせないことを提示する、『大量行動の法則』という法則があります。しかし、『大量... 

売る人だけが知っている「お客様の声」の秘密 安心感ともう一つのスパイス

売る人だけが知っている「お客様の声」の秘密 安心感ともう一つのスパイス

 『お客様の声』はセールスにおいて、特に新規顧客を収穫するタイミングで、見込み客に安心感を与える大きな効果を発揮します。これは誰もが知るところかもしれませんが、『お客様の声』にはもう一つ隠さ... 

シナリオ無き新規集客をやるくらいなら鼻くそほじって寝てたほうがマシ

シナリオ無き新規集客をやるくらいなら鼻くそほじって寝てたほうがマシ

 新しいお客様はビジネスのガソリンです。従って、新規集客は私達が毎日欠かさず実施しなければいけない、最も重要なTo Doの1つです。ただし、新規集客はビジネスのゴールではなく入り口でしかありません... 

ネオヒルズ族・与沢翼氏が倒産して4年 改めて振り返る教訓

ネオヒルズ族・与沢翼氏が倒産して4年 改めて振り返る教訓

 派手なルックスで告知を打ち、情報商材をネットでばらまくビジネスを展開していた与沢翼氏の会社が倒産してから4年が経過しました。彼の良い悪いを判断するのは簡単ですが、彼がなぜ失敗したかについて改... 

『個性』と『協調性』を両方伸ばすと、本当に自分のやりたいことが実現する

『個性』と『協調性』を両方伸ばすと、本当に自分のやりたいことが実現する

 『個性』と『協調性』は一般的に対立する概念として捉えられています。しかし、両者をどちらも伸ばすことで、私達は良い未来を選ぶことが可能です。本当に好きなことを始めた後でも、1人の『個性』に限... 

ダイエットに失敗する人とビジネスに失敗する人の失敗構造は基本的に同じ

ダイエットに失敗する人とビジネスに失敗する人の失敗構造は基本的に同じ

 『体重計に乗る頻度』と『ダイエットの成功確率・リバウンドしてしまう確率』には、一定の相関関係があります。その代表例が、毎日定期的に体重計に乗る人はダイエットの成功確率が高くて、リバウンドし... 

新規集客時に「顧客理解」を元に先手を打って投げかける2つのメッセージ

新規集客時に「顧客理解」を元に先手を打って投げかける2つのメッセージ

 新規集客は、マーケティングの中で最も難易度が高いステップです。従って私達は、これからお客様となりうる人々について、『どれだけお客様・見込み客のことを理解してるのか』を、はっきりと伝える必要... 

新規集客の難易度が高い理由 広告から決して抜けてはならぬ7つの基本要素

新規集客の難易度が高い理由 広告から決して抜けてはならぬ7つの基本要素

 新規集客は、ターゲットが貴方のことを何も知らず、商品の価値しか理解していない状態で始める、最も難易度の高いマーケティング活動の1つです。従って、新規集客にあたっては広告を作るにも、未来のお客... 

住宅販売で集客5倍を達成したのに1棟も売れず大失敗したのはなぜ?

住宅販売で集客5倍を達成したのに1棟も売れず大失敗したのはなぜ?

 モデルハウスのオーナーを破格で売出し、購入意向の高い見込み客を獲得する作戦を立てたマーケッターの高橋さん。集客は従来の5倍を実現し、眼の前には沢山の人だかりができました。ところが、プロモー... 

集客するなら無料?それとも有料?それぞれのメリット・デメリットを比較しよう

集客するなら無料?それとも有料?それぞれのメリット・デメリットを比較しよう

 『無料集客』『有料集客』どちらの集客手段を選べばよいのでしょうか?答えは、「あなたのビジネスフェーズにあわせて、どちらか最適な集客手段を選べばOK」です。というのも、無料集客にも有料集客にも... 

年収を300万円から1億円に一撃で伸ばした人が使っている必殺技

年収を300万円から1億円に一撃で伸ばした人が使っている必殺技

 年収300万円から1億円?「そんなの不可能でしょ!」と思うのが普通かもしれません。しかし、実際に個人商売に近い形で商売をやっていた人が短期間でこの収入増を成し遂げています。なぜそんなことができ... 

マーケティング最大の敵は「諦め」自らの意思でビジネスを動かせ!

マーケティング最大の敵は「諦め」自らの意思でビジネスを動かせ!

 各種メディアを使った情報発信、広告、既存客へのニュースレター、販促…マーケティング活動は本当に骨が折れるのに、成果につながりにくいものです。なので、一度始めてもほとんどの人が途中で挫折して止... 

優良顧客を生み出すために欠かせない2つの絶対条件

優良顧客を生み出すために欠かせない2つの絶対条件

 あなたは、偶然のタイミングで1度だけ衝動買いしたネットショップの名前をすぐに思い出せますか?おそらく、多くの人は名前など忘れてしまっていることでしょう。どんなに良い商品やサービスを提供して... 

ハンバーガーショップを成功させるのに大事なのは秘伝のソース?立地?有名なブランド?

ハンバーガーショップを成功させるのに大事なのは秘伝のソース?立地?有名なブランド?

 あるセミナーで、講師が「もし貴方がハンバーガーショップを開業するとして、何か一つだけ好きなものをあげるよ。って言われたら何が欲しい?」と参加者に尋ねました。参加者たちはこれに対して、秘伝の... 

勉強好き・本好きがビジネスでハマる『選択のパラドックス』その解決策は?

勉強好き・本好きがビジネスでハマる『選択のパラドックス』その解決策は?

 私達の心には、選択肢が多ければ多いほど選択しなくなる『選択のパラドックス』という効果が働くことがわかっています。ビジネスの世界でも、勉強好き、本好きほど、様々なテクニックを学ぶことで、実践... 

勉強好き・本好きがビジネスでハマる『選択のパラドックス』その解決策は?

勉強好き・本好きがビジネスでハマる『選択のパラドックス』その解決策は?

 私達の心には、選択肢が多ければ多いほど選択しなくなる『選択のパラドックス』という効果が働くことがわかっています。ビジネスの世界でも、勉強好き、本好きほど、様々なテクニックを学ぶことで、実践... 

史上初の職業コピーライターが教えてくれた売れ続ける商品と広告に必要な3原則

史上初の職業コピーライターが教えてくれた売れ続ける商品と広告に必要な3原則

 1800年代の後半、世界で初めての職業コピーライターが登場しました。その名は、ジョン・ E ・パワーズ。ジョン・ E ・パワーズはマーケティング(広告)を実行する際に、絶対に欠かしてはいけない3つの原... 

業績停滞期は次の成長タイミングに向けた準備期間〜実践してほしいことベスト5

業績停滞期は次の成長タイミングに向けた準備期間〜実践してほしいことベスト5

 会社の業績が永遠に右肩上がりの状態を保つことはまずありません。右肩上がりの時が一定期間続いたら、必ず停滞期が訪れます。ここで下を向いてしまう経営者の方もいらっしゃいますが、停滞期は見方を変... 

イケてない小さな工務店を地域NO1メーカーに変えた簡単な掛け算式

イケてない小さな工務店を地域NO1メーカーに変えた簡単な掛け算式

 少し前まで、ごくごくありふれた「普通」の工務店…というか、イケてない住宅メーカーだった札幌のとある工務店。ところが、この会社は既存にある要素を少しずつ改善し、これらを掛け算で掛け合わせること... 

悪徳弁護士直伝「効果がありすぎて裁判で禁じられた」究極のセールステクニック

悪徳弁護士直伝「効果がありすぎて裁判で禁じられた」究極のセールステクニック

 裁判で弁護、検察、双方に禁止されている「効果がありすぎて禁じられた」質問テクニックがあるのをご存知ですか?それは、「誤導質問」です。たとえば、「あなたがビール瓶で殴ったのは右手ですか?左手... 

理解してそうで理解していない「戦略」と「戦術」の定義【後編:戦術】

理解してそうで理解していない「戦略」と「戦術」の定義【後編:戦術】

 優れた「結果」を生むのは優れた「行動」であり、優れた「行動」を生むためには優れた「計画」が必要です。優れた「計画」を立てるためには、優れた「戦略」と「戦術」が必要です。でも、自分の「戦略」... 

理解してそうで理解していない「戦略」と「戦術」の定義【前編:戦略】

理解してそうで理解していない「戦略」と「戦術」の定義【前編:戦略】

 優れた「結果」を生むのは優れた「行動」であり、優れた「行動」を生むためには優れた「計画」が必要です。優れた「計画」を立てるためには、優れた「戦略」と「戦術」が必要です。でも、自分の「戦略」... 

お客様から「好き」になってもらえる人がいつも踏まえている6つの原則

お客様から「好き」になってもらえる人がいつも踏まえている6つの原則

 ジュリアス・シーザーが、「友からの求めほど心地の良い音楽はない」と言ったように、好きな人からの求めに応じたいと感じるのは、人間の自然な欲求です。マーケティング活動とはまさに、お客様に好きに... 

絶対に間違えてはいけない!会社を成長発展するための投資の順番

絶対に間違えてはいけない!会社を成長発展するための投資の順番

 経営者の仕事の1つに、将来の売上を作るためにお金を使うことがあります。しかし、経営者の中には投資を全くしない方もいらっしゃいます。ただ、もっと危ないのが投資の順番を間違えている経営者です。ビ... 

ご存知ですか?潰れそうな会社が最後に実践する「ホープ・マーケティング」

ご存知ですか?潰れそうな会社が最後に実践する「ホープ・マーケティング

 人は時に明らかに不合理なことを平気でやったりします。たとえば、自らのビジネスが目の前で沈もうとしているのに「何もしていない」人があまりにも多くいます。ある調査によると、廃業してしまったビジ... 

詐欺師はマーケティングとセールスの天才?!なぜ被害者は簡単に騙されるのか?

詐欺師はマーケティングとセールスの天才?!なぜ被害者は簡単に騙されるのか?

 なぜいきなり現れた男に「結婚しよう」と言われてのぼせあがり、何百万も何千万も貢ぐ女性がいるのか?なぜ、電話口で声が微妙に違う気はするのに「息子だ」という相手に言われたとおり、大金を振り込む... 

ゴールデンウィークぼけ?仕事やりたくねー!マーケティングの「五月病」と闘え

ゴールデンウィークぼけ?仕事やりたくねー!マーケティングの「五月病」と闘え

 「このマーケティング活動だ!これをやればうちは強くなる!」こんなふうにマーケティングと出会った瞬間をあなたは覚えていますか?そして、継続してそれを続けていますか?多くの人は新しくマーケティ... 

【ワールドカップ間近】サッカーに学ぶシンプルで明確なルール設定の威力

【ワールドカップ間近】サッカーに学ぶシンプルで明確なルール設定の威力

 野球の世界競技人口3,500万人に対して、サッカーの世界競技人口は2億5千万人。野球はオリンピック競技から外されることはあっても、サッカーが外されることはありえない。なぜ、サッカーはスポーツの主役... 

伝説のギタリスト、キース・リチャーズに学ぶマーケティングの真実

伝説のギタリスト、キース・リチャーズに学ぶマーケティングの真実

 活動歴50年を超える史上最強のバンド、ローリング・ストーンズのギタリストと言えば、御年74歳になるキース・リチャーズです。キースはこれまで、ローリング・ストーンズの大ヒット曲“サティスファクショ... 

ファンケル化粧品の差別化を生む7つの「不」に学ぶ独自の“ウリ”の作り方

ファンケル化粧品の差別化を生む7つの「不」に学ぶ独自の“ウリ”の作り方

 化粧品のファンケルは7つの“不”、つまり、お客様の抱える不便、不満、不信、不平、不備、不透明、不快といった問題点から商品開発をスタートさせます。独自のウリ、差別化というと、私達はどうしても商... 

成果は「銅」なのに「そだねー」ジャパンはなぜオリンピックの主役になったのか?

成果は「銅」なのに「そだねー」ジャパンはなぜオリンピックの主役になったのか?

 冬季オリンピックで旋風を巻き起こしたカーリング女子の「そだーね」ジャパン。彼女たちの競技における成果は銅メダル。なのに彼女たちは間違えなく、他の金メダリスト達と同じか、それ以上に冬季オリン... 

商品を売るときに最も重要な意思決定“ポジショニング”=「お客様の◯◯◯◯」

商品を売るときに最も重要な意思決定“ポジショニング”=「お客様の◯◯◯◯」

 ポジショニングとはマーケットに示す、あなた自身、あなたの商品、あなたの会社の立ち位置です。ポジショニングの表現方法が「価値観の押し売り」であれば、それは誰にも伝わらずマーケティングとセール... 

営業マンが「招かれざる客」から「歓迎されるゲスト」に変わるには?

営業マンが「招かれざる客」から「歓迎されるゲスト」に変わるには?

 営業という職種はどこに行っても嫌われる職種です。猛暑の中、ピンポンを押し続けて断りまくられている営業マン。「いや結構です」電話を切られまくっている営業マン。彼らのような「招かれざる客」とな... 

行列必至のうどん店が改装をきっかけに閑古鳥が鳴くお店に変わったワケ

行列必至のうどん店が改装をきっかけに閑古鳥が鳴くお店に変わったワケ

 「相手のために良かれと思ってやったことが裏目に出た。」よくある話です。でも、ビジネスの世界ではお客様と売り手の間で生じた「商品やサービスに見出す価値のズレ」で、悲惨な結果が生まれてしまいま... 

【小さなテストを繰り返せ】Perfumeの3人に見たマーケティングの真髄

【小さなテストを繰り返せ】Perfumeの3人に見たマーケティングの真髄

 人気のガールズユニットPerfumeのワールドツアーを追ったドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」この中でPerfumeのメンバー3人は、ステージ前後で何回も過程を検証し、変更と... 

イチローとバットの関係で考える〜マーケティング活動における最も愚かな間違い

イチローとバットの関係で考える〜マーケティング活動における最も愚かな間違い

 マーケティング活動における最も愚かな間違い、それは「道具が全てを解決してくれる」と考えることです。とかく売上が伸び悩む時期に私達は、◯◯集客術というものに目を惹かれがちになります。ところが、... 

「清貧」なんてクソ食らえ!一番恥ずかしいのは売れなくて売上や利益がないことだ

「清貧」なんてクソ食らえ!一番恥ずかしいのは売れなくて売上や利益がないことだ

 日本のビジネスマンが無意識のうちに支配されているメンタルブロック、それは「売ることは悪」という営業活動への罪悪感です。でも、誰かが売る活動をしなければ、私達は快適な生活ができなくなってしま... 

日本一クールなコインランドリー、フレディ レック・ウォッシュサロン

日本一クールなコインランドリー、フレディ レック・ウォッシュサロン

 どこのコインランドリーも一緒?!いえいえ、そんなことありません。2017年7月に東京の学芸大学にオープンした「フレディレック・ウォッシュサロン トーキョー」は、従来の概念を超えるコインランドリー... 

82歳の女性プログラマー、若宮正子さんは教えてくれる「僕達がいつだって変われること」を

82歳の女性プログラマー、若宮正子さんは教えてくれる「僕達がいつだって変われること」を

 読者の皆さんは、82歳の女性プログラマー、若宮正子さんをご存知ですか?彼女がアプリ開発言語を学び始めたのは2017年のこと。それでも見事に高齢者でも楽しめる「hinadan」というゲームを開発し、アップ... 

夫婦円満な人ほど稼いでいる。夫婦関係とマーケティングの不思議な相関性

夫婦円満な人ほど稼いでいる。夫婦関係とマーケティングの不思議な相関性

 稼いでいる人、ビジネスで充実している人は夫婦関係が良好である傾向があります。ビジネスも夫婦関係も、全く同じ「関係性構築」のゲームだからです。一番距離が近い相手との「関係性」を築くことができ... 

安売りが限界を迎えた調剤薬局Aの薬販売を飛躍的に伸ばした「ある一言」

安売りが限界を迎えた調剤薬局Aの薬販売を飛躍的に伸ばした「ある一言」

 国からのお達しに従い、安価のジェネリック販売に力を入れ始めた調剤薬局A。「安いですよ」という売り言葉で、患者さんにジェネリックを勧めてきましたが、ある一定のレベルから全くジェネリックの購買率... 

あなたの商品はお客様が必要なもの?欲しいもの?タイプ別・最強アプローチ方法

あなたの商品はお客様が必要なもの?欲しいもの?タイプ別・最強アプローチ方法

 私達が販売する商品やサービスは消費者の原始的欲求レベルで必ず、「欲しいもの」か「必要なもの」として認識されています。あなたの商品やサービスにおいて、どちらの属性が強いとしてもやるべきことは1... 

自分にとって望ましくない嫌な客は最初から断ると決めて良いか?

自分にとって望ましくない嫌な客は最初から断ると決めて良いか?

 自分たちの価値観や商品に合わない客は最初から断りたい、これは商売をやっている方なら誰もが思うことです。一方で、顧客の選別基準を考える時は、単純に「〜な人に今持っている商品を売る」と考えたの... 

スーパーが1玉60円のトマトを6玉300円に値引きして販売するのはなぜ?

スーパーが1玉60円のトマトを6玉300円に値引きして販売するのはなぜ?

 スーパーマーケットに行くと、「トマト1玉60円が6玉セットなら300円!」というポップをよく見かけますよね。冷静に計算してみると同じ数量が売れれば単品販売したほうが、お店にとってはメリットがあるよ... 

僕のクライアントが常連客の売上を1年で3倍にした「たった一つの習慣」

僕のクライアントが常連客の売上を1年で3倍にした「たった一つの習慣」

 固定客、ロイヤルカスタマー、常連客、呼び方は様々ですが継続して購入してくれるお客様は、あなたに全体の利益の約80%をもたらしてくれます。なぜなら、常連客は頻度高く定期的に購入してくれて、何よ... 

おもちゃ売場にひしめく子供達から学ぶマーケティングの『本質』

おもちゃ売場にひしめく子供達から学ぶマーケティングの『本質』

 おもちゃ売り場にひしめく子供達は優れたマーケッターです。彼らは明確なターゲット設定を行い、高度な心理トリガーをしかけるなどして、親の財布の紐を緩めるために、しっかりと戦略を練って行動します... 

小さなビジネスに立ちはだかる「最強の敵」とは?立ち向かい打ち勝つ方法

小さなビジネスに立ちはだかる「最強の敵」とは?立ち向かい打ち勝つ方法

 私達小さなビジネスを営む人間の前に立ちはだかる最強の敵、それはズバリ、胡散臭さ(うさんくささ)です。見込み客は最初、私達のことなど誰も知らず、どんな商品を販売しているのかすら知りません。従... 

2018年、あなたのマーケティングを計画するのに役立つ15の質問

2018年、あなたのマーケティングを計画するのに役立つ15の質問

 成果を上げていない人に恐ろしいほど共通する1つの事実があります。それは、適切な計画が何一つ無いことです。2017年も残すところあと2日となりましたが、こんな年の瀬だからこそ、来年のスタートダッシ... 

安室奈美恵フィーバーを生み出した心理的トリガー「デッドエンド」とは

安室奈美恵フィーバーを生み出した心理的トリガー「デッドエンド」とは

 2018年は安室奈美恵さんの年になり、その経済効果は200億円から300億円になると言われています。今回のアムロズフィーバーを生み出した背景には、大衆の経済行動を促す大きな心理的トリガーがはたらいて... 

2,300万回再生を記録した登美丘高校のバブリーダンスに学ぶ中小企業の広告

2,300万回再生を記録した登美丘高校のバブリーダンスに学ぶ中小企業の広告

 中小企業にとって、「広告・採用・教育」は弱点となりやすい分野です。中でも限られた予算で、相手の記憶に残る広告を作るのは至難の業。そこで今回ご紹介したいのが、大阪府立登美丘高等学校のダンス部... 

不便なのに楽しい?撮影した画像が3日後にしか見えないアプリ「グダック」が大ヒットした理由

不便なのに楽しい?撮影した画像が3日後にしか見えないアプリ「グダック」が大ヒットした理由

 「モノを単に消費するだけでなく世界観やストーリーも楽しみたい。」消費者はコト消費をより重視するようになりました。私達、商品やサービスの提供者には、よりいっそう、顧客に優れた顧客体験を提供す... 

販売数量を1%伸ばすと利益は約3%伸びるが、価格を1%上げると利益は◯%伸びる

販売数量を1%伸ばすと利益は約3%伸びるが、価格を1%上げると利益は◯%伸びる

 かつて、日本全体の消費量が右肩上がりの時代にあったときは、規模の経済性が物を言った分、販売数量を伸ばせば利益も自然に伸ばすことが可能でした。しかし、あらゆる国内市場が縮小している現在、最大... 

EC大手と一線を画し、暮らしになじむデザインで独自性を追求するLOHACO

EC大手と一線を画し、暮らしになじむデザインで独自性を追求するLOHACO

 LOHACOは法人向け通販ASKULが運営するECサイトですが、その規模はAMAZONや楽天に比べれば小規模。そこで彼らが行ったのは、オリジナルデザインの商品を開発し、販売の独自性を追求することでした。とはい... 

社内に眠る名刺情報を統合し、案件創出のための顧客行動のデータを取り始めよ!

社内に眠る名刺情報を統合し、案件創出のための顧客行動のデータを取り始めよ!

 皆さんの会社では、名刺の多くが営業担当者やサービス担当者の机の中で眠ったままとなっていませんか?展示会やセミナー来場者の名刺も、どこかに格納されたままでその後の活用には至っていないのでは?... 

いきなりステーキの肉マイレージ制度が成功した2つの理由〜えこひいきマーケティングのススメ

いきなりステーキの肉マイレージ制度が成功した2つの理由〜えこひいきマーケティングのススメ

 日本人は「和をもって尊しとなす」よろしく、商売においても、「お客様はみんな平等」「みんな同じように扱うのが良い商売人」と考える傾向があります。しかし近年、顧客別にサービスを差別する「えこひ... 

美しく仕上げられたチラシより、素朴なチラシのほうが消費者の心を掴む理由

美しく仕上げられたチラシより、素朴なチラシのほうが消費者の心を掴む理由

 郵便受けに投函されるチラシの殆どはゴミ箱行きとなりますが、手作りの素朴なチラシであっても、ちゃんと読まれて集客につなげているケースも存在します。消費者は企業の独りよがりな宣伝文句に興味はあ... 

どの業界、どの職種であれ、目を開き見よ!デジタルマーケティングの進化とその威力を。

どの業界、どの職種であれ、目を開き見よ!デジタルマーケティングの進化とその威力を。

 かつての消費財のマーケティング手法では、ある商品についてブランディングを行うにはマス広告が不可欠という常識がありました。しかし、この考え方は陳腐化したものとなりつつあります。大手メーカーが... 

たった1回、3千枚のチラシを撒いただけで4千万円以上のマンションが17件売れた理由

たった1回、3千枚のチラシを撒いただけで4千万円以上のマンションが17件売れた理由

 「たった1回、3000枚のチラシを撒いただけで4000万円以上の中古マンションを17件契約した。」これは実話です。しかも撒いた3000枚のチラシも普通のチラシでした。ただし、普通のチラシ配... 

お客様が値下げをせがむのは誰のせい?値引きを防ぐため今すぐ始めるべきこと

お客様が値下げをせがむのは誰のせい?値引きを防ぐため今すぐ始めるべきこと

 リアルビジネスをやっていると、値引き要求が宿命、値引きが業界の文化、というような業界を見る場面があります。お客様が値引き要求をしてくる理由は基本的に、商品・サービスの差別化を提示できていな... 

9割の企業が間違えた計算方法で弾き出す「適正価格」の正しい算出方法

9割の企業が間違えた計算方法で弾き出す「適正価格」の正しい算出方法

 皆さんの会社では、販売時の適正価格をどのように弾き出していらっしゃいますか?多くの企業は、「原価積み上げ方式」と「競合との調整方式」によって、適正価格を弾き出しています。しかし、このような... 

アナログの逆襲!経験豊富な対面販売員がECサイト運営で活躍しはじめているワケ

アナログの逆襲!経験豊富な対面販売員がECサイト運営で活躍しはじめているワケ

 「もう、リアル対面の販売員とか用無しだろ!」と無下に考えている方はいらっしゃいませんか?たしかにEコマースの拡大と共に、対面型営業パーソンがこれまでと同じリアルの営業で活躍する場面は少なくな... 

起業したばかりなのに見栄を張り潰れる会社が多い業種ベスト3

起業したばかりなのに見栄を張り潰れる会社が多い業種ベスト3

 一等地にオフィスを構える、オフィスや店舗の内装にめちゃくちゃ金をかける、キレイな名刺を作るのにお金をかける…起業したばかりなのに見栄を張っている人が周囲にいませんか?彼らの頭の中で、「やるべ... 

女性が知りたいのはメリット、男性が知りたいのはスペック。男女差による購買心理の違い

女性が知りたいのはメリット、男性が知りたいのはスペック。男女差による購買心理の違い

 消費者の購買行動を理解するうえで、男性と女性の違い、つまり「性差」について知ることは重要です。たとえば、商品やサービスを提案される際に、女性が知りたいのはメリットで、男性が知りたいのはスペ... 

MAやAIを駆使してもコミュニケーションに心がこもってなければ顧客は離れていく

MAやAIを駆使してもコミュニケーションに心がこもってなければ顧客は離れていく

 マーケティングオートメーションやAIの「チャットボット」のように、人とのコミュニケーションを代行してくれるサービスが普及しつつあります。しかし、コミュニケーションに心がこもってなければ顧客の... 

フリーペーパーの小さな広告枠へ出稿した時の反響を劇的に改善する方法

フリーペーパーの小さな広告枠へ出稿した時の反響を劇的に改善する方法

 一般消費者に向けて商品やサービスを提供す際に、フリーペーパーの広告枠は有力な集客ツールと言えます。ただし、ウン十万、ウン百万も広告枠に予算を割けず、小さな広告枠しか抑えられないならば、決め... 

「相場」を理由に値付けする企業はマーケティングの放棄者である

「相場」を理由に値付けする企業はマーケティングの放棄者である

 どんな業界にも「業界の相場」というものが存在します。ただし、常に相場を意識した値付け設定ばかりしている企業は、とかく商品の付加価値を高めるマーケティング活動を放棄しがちで、売れなくなれば安... 

インスタグラムは集客出来る?(中編)フェイスブックの短所を埋める3つの長所

インスタグラムは集客出来る?(中編)フェイスブックの短所を埋める3つの長所

 本稿は、宇田さんによる「インスタグラムは集客出来る?(中編)」をお送りします。フェイスブックに取って代わり、人々の間で受け入れられつつあるインスタグラム。なぜ、インスタグラムが受け入れられ... 

消費行動にワクワク・ドキドキを付加する「未知マーケティング」2つの事例

消費行動にワクワク・ドキドキを付加する「未知マーケティング」2つの事例

 消費行動を喚起する手段として、「未知マーケティング」の活用に注目が集まっています。未知マーケティングとは、消費者に「未知との遭遇」という体験を提供し、ワクワク・ドキドキ感を与えるマーケティ... 

あなたの広告は新しいお客様だけを狙ったものになっていませんか?

あなたの広告は新しいお客様だけを狙ったものになっていませんか?

 新規客を獲得するために広告は大きな効果を発揮します。ただし、せっかくお金をかけて広告を出すのに、新規客だけを狙った広告を出すなら、それはとてももったいないことです。私達が出稿する広告を一番... 

インスタグラムは集客出来る?(前編)まずFacebookの歴史を振り返ろう

インスタグラムは集客出来る?(前編)まずFacebookの歴史を振り返ろう

 「インスタグラムは若者の使うSNS」と思っている方、まだかなりいらっしゃるんじゃないでしょうか?しかし、インスタグラムはこれから多くの企業がビジネス用途で活用する媒体となりつつあり、ヨーイドン... 

本場仕入れの食材と有名シェフを揃えたイタリアンレストランが数ヶ月で潰れたワケ

本場仕入れの食材と有名シェフを揃えたイタリアンレストランが数ヶ月で潰れたワケ

 戦いの最前線にあって、刀の達人だからといって、刀にこだわって鉄砲を持つ相手部隊に飛び込むバカな人はいないでしょう。しかし、ことビジネスに及ぶと、信じられないことに、独りよがりなこだわりを捨... 

フランスのナンパ実験でも実証済み〜「タッチング」が販売に及ぼすプラス効果

フランスのナンパ実験でも実証済み〜「タッチング」が販売に及ぼすプラス効果

 店頭の販売員にとって、お客様からご要望をお聞きしながら商品を勧め、お買い上げいただくことは、何よりの喜びです。一方で、販売員は可能な限り購買率を高めることも求められています。そこで、ご紹介... 

【売れてない人必見】3秒で商品を売れない人は「ウリ文句」でズッコケてる

【売れてない人必見】3秒で商品を売れない人は「ウリ文句」でズッコケてる

 世の中は自社商品を売り込むための「ウリ文句」に溢れています。「創業◯十年」「地域一番店」「品揃え豊富」「ハイクオリティ」しかし、これらウリ文句の多くは、顧客に刺さることの無いものであり、多く... 

差別化要因を自分達で作るなんて大間違い!差別化要因は◯◯から見つけるもの

差別化要因を自分達で作るなんて大間違い!差別化要因は◯◯から見つけるもの

 商品・サービスを販売する前に、膨大な時間とお金をかけて差別化要因を作ろうとして、これを作れた!と感じる時はとても楽しいものです。しかし、私達が作ったと「感じている」差別化要因は、大抵の場合... 

「攻めて迷走。焦って自滅。」日清食品の自虐型マーケティングが秀逸

「攻めて迷走。焦って自滅。」日清食品の自虐型マーケティングが秀逸

 日清食品株式会社が、カップヌードル、日清のどん兵衛、日清焼そばU.F.O.の各ブランドから、過去に発売したものの時代を先取りしすぎて売れなかった“黒歴史”商品を再発売することを決定しました。ネタ自... 

1レッスン180円で練りに練った「売れる」キャッチコピーを教わる方法

1レッスン180円で練りに練った「売れる」キャッチコピーを教わる方法

 キャッチコピーには既に「売れる型」というものが存在していて、その型を何度も真似しながら、自分のものとなるまで真似すると、結果的に良いキャッチコピーを作れるようになります。島倉さんがお勧めさ... 

J・クルーニーがテキーラ販売会社を1,000億で売却〜成功を支えた1つの要因

J・クルーニーがテキーラ販売会社を1,000億で売却〜成功を支えた1つの要因

 ジョージ・クルニーが、テキーラ販売会社「カーサミーゴス」を1,000億円で売却することが報道されました。一般的なアルコールブランドは、長期的な消費者との信頼関係構築により、徐々に形成されていくの... 

煙感知器で市場シェア0%⇒39%を僅か1年で達成した濱口秀司氏の発想流儀

煙感知器で市場シェア0%⇒39%を僅か1年で達成した濱口秀司氏の発想流儀

 USBメモリの生みの親であり「世界で最も忙しい日本人」とも言われている濱口秀司氏は、ある時、アウトドアメーカーのコールマンから、煙感知器のコンセプト開発を依頼されます。ところが煙感知器市場はレ... 

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

 売れている商品と売れていない商品の違いは、基本的に顧客が求めているか、求めていないか、というところに集約されます。会社を始める時によくどツボにはまるパターンが、サラリーマン時代の商売を始め... 

アンケートに◯◯調査を加えると顧客の好意度とリピート率が上がる

アンケートに◯◯調査を加えると顧客の好意度とリピート率が上がる

 アンケートは本来、調査対象者となるお客様の実態を把握したり、自社、競合商品に対する認知度や理解度、購買意向、評価などを知るために行うもので、「マーケティングコミュニケーション施策」ではあり... 

起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

 起業したいけれど起業しない起業家予備軍の中には、「俺にはそんな能力が無いから、会社勤めをしているんだ。」と言う方が多くいます。しかし、今は立派な経営者に見えるあの社長も、この社長も、実のと... 

「うんこ」商標登録に成功!際どい言葉はどこからマジメとみなされる?

「うんこ」商標登録に成功!際どい言葉はどこからマジメとみなされる?

 アパレルグッズを手がける株式会社うんこ(以下、うんこ社)という会社が、「うんこ」という言葉で商標登録を取得したという報道が話題となっています。際どい言葉、人の目を引くギリギリの言葉を使った... 

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

 「1日20時間も一生懸命仕事をしているのに全然儲かっていない。」社長と会社がこのような状態ならば、それは社長の仕事に大きなムダが生じていることを意味します。社長の仕事は売上・収益に直結する仕事... 

日本酒復活の日は近い?スパークリング清酒、「澪」の挑戦

日本酒復活の日は近い?スパークリング清酒、「澪」の挑戦

 海外への輸出量が増加している一方で、国内市場の総消費量が落ち続けている日本酒。ヘビーユーザーに支えられているものの、市場の維持・拡大を実現するには、若い世代の消費が必須です。この課題を克服... 

商売はマズローの欲求5段階で◯段階の人をターゲットにすれば上手く行く

商売はマズローの欲求5段階で◯段階の人をターゲットにすれば上手く行く

 マズローの欲求5段階説は、「生理的欲求」「安全的欲求」「親和欲求」「自我欲求」「自己実現欲求」という順に、人間の欲求が満たされることを説明する心理学の理論です。失敗しにくい商売を考える時に、... 

新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

 どんな人を相手に商売するのか?悩む場面は以外に多いですよね。解決策として「30代の女性」「子育ての終わった主婦層」「もうすぐリタイアするサラリーマン層」 といった具合にペルソナを設定するので... 

日産自動車が大型旗艦店を全国展開するワケ〜その裏にある消費者行動の変化

日産自動車が大型旗艦店を全国展開するワケ〜その裏にある消費者行動の変化

 インターネットの普及によって情報がオープンになった現代社会において、消費者は店舗へ来る前に購入商品を既に決めている傾向が強くなっています。自動車業界でもこの傾向は強く、これを受けて日産自動... 

アナログ集客ってイケてる!看板やチラシは使い方を少し変えると数字が変わる

アナログ集客ってイケてる!看板やチラシは使い方を少し変えると数字が変わる

 商売を繁栄させる上で、お客様との関係作りは欠かせません。一番最初の関係は「露出を高め」「自己紹介を行う」ことですが、この2つができていないゆえにお客様が増えない企業は多々あります。時代はイ... 

家電業界のユニクロ?優れたマーケティングで消費者の心をつかむアイリスオーヤマ

家電業界のユニクロ?優れたマーケティングで消費者の心をつかむアイリスオーヤマ

 透明衣装ケースで有名なアイリスオーヤマが、ここ数年で家電分野においてもその売上を大きく伸ばしています。大手メーカーのような過剰機能を敢えて外し、「これは欲しい・便利」といった勘所を抑えるこ... 

もやし安売り合戦の背景に“キャベツ”の価格高騰あり。そのワケは?

もやし安売り合戦の背景に“キャベツ”の価格高騰あり。そのワケは?

 原材料価格の高騰に加え、小売店による値下げ圧力により、もやしの価格が安くなりすぎて、生産者がコストを吸収しきれていないことが話題となっています。一方で、なぜ小売店が「もやし一択」で安売りの... 

【事例付き】今更?!なんて言わないでSWOT分析をやってみよう

【事例付き】今更?!なんて言わないでSWOT分析をやってみよう

 SWOT分析とは、自社(自分)について、強み(Strength)、弱み(Weakness)、チャンスや機会(Opportunity)、マイナスや脅威(Threat)が何なのかを分析するものです。自己と外部の要因を客観的に捉... 

ドン・キホーテのテーマソングに隠された消費を促す2つの仕掛け

ドン・キホーテのテーマソングに隠された消費を促す2つの仕掛け

 驚安の殿堂・ドンキホーテに行くといつも流れる「ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ♪」のミュージック。この音楽は消費者にどんな行動を促すものなのでしょうか?今日は、ドン・キホーテのテーマか... 

新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

 世の中には「ニーズがあるのに、売りにくい、なかなか売れないビジネス」が存在します。それは「予防型」のビジネスです。対して、「解決型」のビジネスは集客しやすく、成功確率の高いものとなります。... 

1億円プレイヤーがアプローチする顧客層は◯◯衝動が強い人ばかり

1億円プレイヤーがアプローチする顧客層は◯◯衝動が強い人ばかり

 ハーバード・ビジネススクールの人間行動学の研究チームがまとめた教書には、「無理な交渉や説得をせず相手を動かす方法」として、人間が根本的に持っている4つの衝動へ訴えることの有効性が記述されて... 

ペルソナ・マーケティングとは幸せにしたい「お客様」を明確にすること

ペルソナ・マーケティングとは幸せにしたい「お客様」を明確にすること

 年齢に関係なく幅広い人たちに支持される商品だとしても、ターゲットが明確になっていないと、誰に向かって何を訴えていくかがボンヤリしてしまい、結局は誰を幸せにする商品なのかわからないまま、市場... 

売れて売れまくれ!事業者が売れ続けるために立てるべき6つの作戦

売れて売れまくれ!事業者が売れ続けるために立てるべき6つの作戦

 事業者たるもの、売れて売れて売れ続けなければならぬ厳しい宿命を背負っています。とはいえ世の中の原理原則は「諸行無常」。売れ続けるのはもちろん、生き残っていくことすら非常に難しい時代です。ど... 

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

 人間は基本的に怠け者です。たとえば、昼夜を問わず働く勤勉な人がいたとしても、その人はかわりにプライベートでは楽をしたいと考えるはずです。部屋の掃除をアウトソーシングしたり、自分では料理を作... 

キンコン西野さんによる絵本の無料公開を叩いてる人は商売の勉強不足

キンコン西野さんによる絵本の無料公開を叩いてる人は商売の勉強不足

 キングコングの西野さんが既に有料販売している『えんとつ町のプペル』をWEB上で無料公開したことを受けて、一部のクリエイターからは「話題を呼ぶための綺麗事」「クリエイターが同じ要求をされるように... 

経営者、まして駆け出しの経営者なら、仕事を平日と休日で区別するな!

経営者、まして駆け出しの経営者なら、仕事を平日と休日で区別するな!

 日本の労働概念では、平日(月〜金)は働く日、休日(土日祝日)は休みを取る日、という考えがすっかり浸透しています。しかし、経営者、特に駆け出しの経営者が、この考えから脱することが出来ない場合... 

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

 人は自分の経験してきたことや知っている知識の中で、目の前の対象物を把握したがる、利用可能性ヒューリスティックといい性向を持ちます。人間にとって考えることや想像することは重労働なのです。たと... 

ネットの時代になぜ道の駅は流行る?“ザイアンツ効果”の威力

ネットの時代になぜ道の駅は流行る?“ザイアンツ効果”の威力

 新規の顧客を獲得するには、必ずイニシャルコストがかかります。もし、新規顧客を獲得したならば、私達は彼らから親しみが持てて、信頼できる人間とならねばなりません。人間関係においては、相手が親し... 

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

 あなたは「あなたの会社にとって最強の競合はどこですか?」と聞かれた時に、どの会社を最初に思い浮かべますか?多分多くの人は、商圏が同じ同業他社を思い浮かべるのが普通かもしれません。しかし、私... 

チャットで転職相談。1日に150人の相談にのるジョブクルの転職エージェント

チャットで転職相談。1日に150人の相談にのるジョブクルの転職エージェント

 ウェブサイトの提供するサービスにおいて、まるでリアル店舗にいるかのように、生身の人間がオンラインでも対応する「ヒューマニゼーション(人間化)」が進んでいます。人材紹介サービスを提供する「ジ... 

商品を売りたいなら消費者の誰もが持つ「ゲスな感情」に着目せよ!

商品を売りたいなら消費者の誰もが持つ「ゲスな感情」に着目せよ!

 消費者がある商品を購入する時は、表立った理由とは別に、人にあまり知られたくないゲスな感情で意思決定を行うことが多いものです。たとえば、ジム通いを始める表立った理由は「健康になるため」ですが... 

映画「君の名は。」の大ヒットに貢献したプロデューサー・川村元気氏の企画法

映画「君の名は。」の大ヒットに貢献したプロデューサー・川村元気氏の企画法

 2016年末現在、観客動員数1500万人、国内興行収入200億円を突破する大ヒット映画と言えば、読者の皆様もご存知の「君の名は。」です。映画が大ヒットとなった背景には、プロデューサーを務めた川村元気氏... 

廃墟が聖地になった理由~顧客と共に新たな価値を創り出した鶴見緑地公園の場合

廃墟が聖地になった理由~顧客と共に新たな価値を創り出した鶴見緑地公園の場合

 私達が思いもしなかったところで、顧客が私達の商品に価値を見出す場合があります。例えば、大阪花博の跡地廃墟・鶴見緑地公園は誰にも見向きもされぬ空間でしたが、ここに価値を見出した人々にとって「... 

10分1,080円のヘアカット専門店QBハウスが物価の高いNYに出店するワケ

10分1,080円のヘアカット専門店QBハウスが物価の高いNYに出店するワケ

 1,080円でヘアカットサービスを提供するQBハウスが、ニューヨークに出店すると報道されています。物価の高いニューヨークで、国内では低価格のヘアカットサービスと認知されているサービスを提供すること... 

顧客との不効率な電話による会話でリピーターを増やす情報工房

顧客との不効率な電話による会話でリピーターを増やす情報工房

 一般的にコンタクトセンターのオペレーターは、入電1件あたりの平均処理時間をできるだけ短くするよう指導されますが、同業務を請け負う情報工房は、セオリーに反し、顧客との対話時間を伸ばす「ワンモア... 

人生で5回居城を変えた織田信長から現代に生きる経営者が学ぶこと

人生で5回居城を変えた織田信長から現代に生きる経営者が学ぶこと

 戦国時代の英雄、織田信長はその居城を人生で5回も乗り換えました。他の戦国大名が、居城を不変のものとしていたことから考えれば、これは異例な行動でした。信長の居城乗り換えは、製品志向にこだわり... 

安くないと売れないは店主のウソ。バリューセリングを怠るな!

安くないと売れないは店主のウソ。バリューセリングを怠るな!

 「今は不景気だから、安くしなければ売れないよ」売れない店舗の店主たちの主張をまとめると大体こうなります。しかし、これって本当でしょうか?多くの場合、安いものしか売れない理由は、高いものでも... 

客のニーズに振り回されるな!コンセプトの明確化で成功を手にした2つの地方ビジネス

客のニーズに振り回されるな!コンセプトの明確化で成功を手にした2つの地方ビジネス

 マーケティングのセオリーは「顧客のニーズを満たすこと」です。ところがこのセオリーに逆行し、確固としたコンセプトを元に、独創的なサービスを生み出し、消費者の評価を得る自治体や地方の中小企業が... 

声無き要望に答えよ〜ゆっくり走る「タートルタクシー」誕生の背景

声無き要望に答えよ〜ゆっくり走る「タートルタクシー」誕生の背景

 顧客は製品やサービスに不満や要望があっても、それを必ず伝えてくれるわけではありません。従って、私達は「声無き不満や要望」から新たな活路を切り拓く必要があります。ゆっくり走る「タートルタクシ... 

独自性が無くても◯◯があればビジネスはOK〜USP概念への逆襲

独自性が無くても◯◯があればビジネスはOK〜USP概念への逆襲

 提供する商品やサービスの独自性・オリジナリティの重要性を指すマーケティング概念は、“Unique Selling Proposition”の頭文字を取り、USPと呼ばれています。しかし、USPを持つビジネスは簡単に生まれる... 

優れたマーケッターの共通点は顧客を良い方向へ導くリーダーであること

優れたマーケッターの共通点は顧客を良い方向へ導くリーダーであること

 スティーブジョブスや松下幸之助をはじめ、優れたマーケッターには共通点があります。それは、リーダーシップを持ち、顧客に最高のものを与えることにより、顧客が潜在的に求めているのに満たされない部... 

マーケティングにおいて顧客に確実に嫌われる5つの行動

マーケティングにおいて顧客に確実に嫌われる5つの行動

 マーケティングの鉄則は、「顧客の立場にたって考えよう」というものですが、売り手の立場にいる時、私達はどうしても売る側の立場で、自分本位な行動をとってしまいがちなものです。しかし、顧客は自分... 

エスキモーに氷を売る?売れない弱小企業が取った驚異の戦略

エスキモーに氷を売る?売れない弱小企業が取った驚異の戦略

 「エスキモーに氷を売る」は、著者"ジョン スポールストラ"が15年以上前に執筆した、マーケティングの鉄板本です。本の中身は、主人公がNBA史上最弱で、チケットが全く売れない会社の社長となるところか... 

起業家が一番力を入れるべき仕事「3M」とは一体何のことか?

起業家が一番力を入れるべき仕事「3M」とは一体何のことか?

 自社の商品が持つ価値を理解してもらい、買ってもらわなければ、ビジネスは成立しなません。しかし多くの起業家が、「良い商品が出来た」という理由で起業し、作った商品やサービスを売るマーケティング... 

楽天の反面教師に学ぶ「買いたい気持ち」を高める販促術「限定○○」

楽天の反面教師に学ぶ「買いたい気持ち」を高める販促術「限定○○」

 ラ・クーポンのように、割引率の高い仕組みは、一般に「グルーポン型」のクーポンビジネスとして知られています。彼らが顧客の購買意欲を掻き立てるために活用しているマーケティングは、心理学の「損失... 

短期間で主婦にエコバッグを定着させた小売店側の心理的仕掛け

短期間で主婦にエコバッグを定着させた小売店側の心理的仕掛け

 心理学や行動経済学の研究によれば、人には「得をしたい」よりも、「損をしたくない」という「損失回避」の欲求を極めて強く持つことが判明しています。スーパーにエコバッグを持っていく主婦が急増した... 

新規事業を検討する際に識者へヒアリングしたい5つのポイント

新規事業を検討する際に識者へヒアリングしたい5つのポイント

 新規事業を考えつき、仲間や社員と共に構想を練る時間ほど、楽しい時間はありませんし、構想が広がって行くほどに、今なら何でも出来そうだという気持ちになります。こんな時こそ、冷静な経営者は識者に... 

裸足の国で靴を売る 営業とマーケティングは考え抜く癖付けを

裸足の国で靴を売る 営業とマーケティングは考え抜く癖付けを

 アフリカの靴を履く習慣がない国に派遣された赤と青、2人のセールスマンがいました。2人が販売しているものは「同じ靴」でした。しかも2人が現地を見た上で、本社に報告した市場調査は全く正反対の結果に... 

「いつやるか?今でしょ!」の林先生に学ぶランチェスター戦略

「いつやるか?今でしょ!」の林先生に学ぶランチェスター戦略

 今ではすっかりお茶の間の人気者となった東進ハイスクール・現代文講師の林修先生が、塾講師として選んだキャリアは、弱者のランチェスター戦略そのものと言えます。数学の講師から始めたキャリアを、現... 

殆どのパンが1個100円でもアクアベーカリーが利益伸ばす理由

殆どのパンが1個100円でもアクアベーカリーが利益伸ばす理由

 個店主義は、販売する商品の選定や、提供するまでの業務を各店でやるわけですから、時間と手間がかかるため、一見非効率のように感じるものです。従って、これまで多くの小売店がチェーンストア理論を採... 

毎日来るあのウザい勧誘メールにも学べることが1つある

毎日来るあのウザい勧誘メールにも学べることが1つある

 あなたは、「稼げる無料動画やPDFをプレゼントします」と言われて、ランディングページにメルアド登録をしたことはあるだろうか?毎日もしくは1日置きに、刺激的な題名のメールが送られてきた経験はない... 

上手なお世辞はコストを掛けずに売上増へ貢献する必殺武器

上手なお世辞はコストを掛けずに売上増へ貢献する必殺武器

 世間一般的に、お世辞は相手の好意を下げてしまう行為と見なされています。しかし、お世辞ほど相手の承認欲求を満たして、気分をよくするための行為もありません。実際にある自動車販売会社では、お世辞... 

五感は最強の購買スイッチ 顧客の嗅覚と触覚をフル稼働させよ

五感は最強の購買スイッチ 顧客の嗅覚と触覚をフル稼働させよ

 リアル店舗で小売販売を行うときに、顧客の購買意欲を刺激する常套手段といえば、独自の陳列構成や手書きのPOPなど視覚に訴えるものが多く利用されていますが、五感を使うと更に購買に関する意思決定を強... 

築地市場の豊洲移転は変化に対応する経営者の教科書となる

築地市場の豊洲移転は変化に対応する経営者の教科書となる

 東京の台所・築地市場が11月に豊洲へ移転します。今回の移転で場外にある飲食店は豊洲へ移転せず、そのまま残ることになっています。東京ドーム5個分の広大な敷地面積を誇る市場が移転することで、築地の... 

低層階の価値を高め、値下げ無しで完売した積水ハウスの知恵

低層階の価値を高め、値下げ無しで完売した積水ハウスの知恵

 売上を追い求める以上に利益を出すことは重要です。売上を出すための手っ取り早い手段といえば、値下げ販売です。一方で値下げせずに販売することができれば、営業の手数も減り、最終的に販管費コストの... 

キャラ人気No1に登り詰めたふなっしーの凄さを分析してみた

キャラ人気No1に登り詰めたふなっしーの凄さを分析してみた

 ブランドデータバンクの2015年6月調査で、キャラクター人気ナンバーワンに男性、女性とも「ふなっしー」が堂々の1位に輝きました。船橋市からは当初公認されず、プロがデザインしたキャラクターでもない... 

顧客満足の裏に潜む顧客我慢から目を背けてはならない

顧客満足の裏に潜む顧客我慢から目を背けてはならない

 よく商品のキャッチフレーズで私達は「顧客満足度」や「何万人が支持した」という意見を強調するキャッチフレーズを見かけます。しかしこの考え方には盲点があります。顧客が商品やサービスを受け取る際... 

コンパクトデジカメ発売から20年 あの画素数競争から得る教訓

コンパクトデジカメ発売から20年 あの画素数競争から得る教訓

 1995年に発売された世界初のコンパクトデジタルカメラ、カシオ「QV-10」の画素数はなんと25万画素しかありませんでした。それから20年経ち、デジタルカメラの画素競争は「ユーザー不在」のまま進み、市場... 

創造性を育む組織作りに必要な遊び文化

創造性を育む組織作りに必要な遊び文化

 社員の個性を引き出す取り組みは、会社の労働効率を悪化させ、生産性を下げる要因と考える経営者はまだ多い。しかし生産性のみの追求は、突き詰めればより少ないコストでより多くの利益を出すことでしか...