節約 社長

マーケティング

煙感知器で市場シェア0%⇒39%を僅か1年で達成した濱口秀司氏の発想流儀

煙感知器で市場シェア0%⇒39%を僅か1年で達成した濱口秀司氏の発想流儀

 USBメモリの生みの親であり「世界で最も忙しい日本人」とも言われている濱口秀司氏は、ある時、アウトドアメーカーのコールマンから、煙感知器のコンセプト開発を依頼されます。ところが煙感知器市場はレ... 

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

相も変わらず売れないものを売ってる社長に共通する3つの傾向

 売れている商品と売れていない商品の違いは、基本的に顧客が求めているか、求めていないか、というところに集約されます。会社を始める時によくどツボにはまるパターンが、サラリーマン時代の商売を始め... 

アンケートに◯◯調査を加えると顧客の好意度とリピート率が上がる

アンケートに◯◯調査を加えると顧客の好意度とリピート率が上がる

 アンケートは本来、調査対象者となるお客様の実態を把握したり、自社、競合商品に対する認知度や理解度、購買意向、評価などを知るために行うもので、「マーケティングコミュニケーション施策」ではあり... 

起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

起業する能力が無いという君達へ〜先輩社長も昔はみんなボロカス扱いでした

 起業したいけれど起業しない起業家予備軍の中には、「俺にはそんな能力が無いから、会社勤めをしているんだ。」と言う方が多くいます。しかし、今は立派な経営者に見えるあの社長も、この社長も、実のと... 

「うんこ」商標登録に成功!際どい言葉はどこからマジメとみなされる?

「うんこ」商標登録に成功!際どい言葉はどこからマジメとみなされる?

 アパレルグッズを手がける株式会社うんこ(以下、うんこ社)という会社が、「うんこ」という言葉で商標登録を取得したという報道が話題となっています。際どい言葉、人の目を引くギリギリの言葉を使った... 

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

1日20時間働いても儲からない社長がやる「社長のやってはいけない仕事」

 「1日20時間も一生懸命仕事をしているのに全然儲かっていない。」社長と会社がこのような状態ならば、それは社長の仕事に大きなムダが生じていることを意味します。社長の仕事は売上・収益に直結する仕事... 

日本酒復活の日は近い?スパークリング清酒、「澪」の挑戦

日本酒復活の日は近い?スパークリング清酒、「澪」の挑戦

 海外への輸出量が増加している一方で、国内市場の総消費量が落ち続けている日本酒。ヘビーユーザーに支えられているものの、市場の維持・拡大を実現するには、若い世代の消費が必須です。この課題を克服... 

商売はマズローの欲求5段階で◯段階の人をターゲットにすれば上手く行く

商売はマズローの欲求5段階で◯段階の人をターゲットにすれば上手く行く

 マズローの欲求5段階説は、「生理的欲求」「安全的欲求」「親和欲求」「自我欲求」「自己実現欲求」という順に、人間の欲求が満たされることを説明する心理学の理論です。失敗しにくい商売を考える時に、... 

新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

新規事業で見込み顧客を思い描く時に最強のペルソナとなるのは誰か?

 どんな人を相手に商売するのか?悩む場面は以外に多いですよね。解決策として「30代の女性」「子育ての終わった主婦層」「もうすぐリタイアするサラリーマン層」 といった具合にペルソナを設定するので... 

日産自動車が大型旗艦店を全国展開するワケ〜その裏にある消費者行動の変化

日産自動車が大型旗艦店を全国展開するワケ〜その裏にある消費者行動の変化

 インターネットの普及によって情報がオープンになった現代社会において、消費者は店舗へ来る前に購入商品を既に決めている傾向が強くなっています。自動車業界でもこの傾向は強く、これを受けて日産自動... 

アナログ集客ってイケてる!看板やチラシは使い方を少し変えると数字が変わる

アナログ集客ってイケてる!看板やチラシは使い方を少し変えると数字が変わる

 商売を繁栄させる上で、お客様との関係作りは欠かせません。一番最初の関係は「露出を高め」「自己紹介を行う」ことですが、この2つができていないゆえにお客様が増えない企業は多々あります。時代はイ... 

家電業界のユニクロ?優れたマーケティングで消費者の心をつかむアイリスオーヤマ

家電業界のユニクロ?優れたマーケティングで消費者の心をつかむアイリスオーヤマ

 透明衣装ケースで有名なアイリスオーヤマが、ここ数年で家電分野においてもその売上を大きく伸ばしています。大手メーカーのような過剰機能を敢えて外し、「これは欲しい・便利」といった勘所を抑えるこ... 

もやし安売り合戦の背景に“キャベツ”の価格高騰あり。そのワケは?

もやし安売り合戦の背景に“キャベツ”の価格高騰あり。そのワケは?

 原材料価格の高騰に加え、小売店による値下げ圧力により、もやしの価格が安くなりすぎて、生産者がコストを吸収しきれていないことが話題となっています。一方で、なぜ小売店が「もやし一択」で安売りの... 

【事例付き】今更?!なんて言わないでSWOT分析をやってみよう

【事例付き】今更?!なんて言わないでSWOT分析をやってみよう

 SWOT分析とは、自社(自分)について、強み(Strength)、弱み(Weakness)、チャンスや機会(Opportunity)、マイナスや脅威(Threat)が何なのかを分析するものです。自己と外部の要因を客観的に捉... 

ドン・キホーテのテーマソングに隠された消費を促す2つの仕掛け

ドン・キホーテのテーマソングに隠された消費を促す2つの仕掛け

 驚安の殿堂・ドンキホーテに行くといつも流れる「ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ♪」のミュージック。この音楽は消費者にどんな行動を促すものなのでしょうか?今日は、ドン・キホーテのテーマか... 

新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

新規事業を始めるなら「予防型」より「解決型」ビジネスを選べ

 世の中には「ニーズがあるのに、売りにくい、なかなか売れないビジネス」が存在します。それは「予防型」のビジネスです。対して、「解決型」のビジネスは集客しやすく、成功確率の高いものとなります。... 

1億円プレイヤーがアプローチする顧客層は◯◯衝動が強い人ばかり

1億円プレイヤーがアプローチする顧客層は◯◯衝動が強い人ばかり

 ハーバード・ビジネススクールの人間行動学の研究チームがまとめた教書には、「無理な交渉や説得をせず相手を動かす方法」として、人間が根本的に持っている4つの衝動へ訴えることの有効性が記述されて... 

ペルソナ・マーケティングとは幸せにしたい「お客様」を明確にすること

ペルソナ・マーケティングとは幸せにしたい「お客様」を明確にすること

 年齢に関係なく幅広い人たちに支持される商品だとしても、ターゲットが明確になっていないと、誰に向かって何を訴えていくかがボンヤリしてしまい、結局は誰を幸せにする商品なのかわからないまま、市場... 

売れて売れまくれ!事業者が売れ続けるために立てるべき6つの作戦

売れて売れまくれ!事業者が売れ続けるために立てるべき6つの作戦

 事業者たるもの、売れて売れて売れ続けなければならぬ厳しい宿命を背負っています。とはいえ世の中の原理原則は「諸行無常」。売れ続けるのはもちろん、生き残っていくことすら非常に難しい時代です。ど... 

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

お客様はキホン的に怠け者〜相手の負担を減らす商品作りを意識しよう

 人間は基本的に怠け者です。たとえば、昼夜を問わず働く勤勉な人がいたとしても、その人はかわりにプライベートでは楽をしたいと考えるはずです。部屋の掃除をアウトソーシングしたり、自分では料理を作... 

キンコン西野さんによる絵本の無料公開を叩いてる人は商売の勉強不足

キンコン西野さんによる絵本の無料公開を叩いてる人は商売の勉強不足

 キングコングの西野さんが既に有料販売している『えんとつ町のプペル』をWEB上で無料公開したことを受けて、一部のクリエイターからは「話題を呼ぶための綺麗事」「クリエイターが同じ要求をされるように... 

経営者、まして駆け出しの経営者なら、仕事を平日と休日で区別するな!

経営者、まして駆け出しの経営者なら、仕事を平日と休日で区別するな!

 日本の労働概念では、平日(月〜金)は働く日、休日(土日祝日)は休みを取る日、という考えがすっかり浸透しています。しかし、経営者、特に駆け出しの経営者が、この考えから脱することが出来ない場合... 

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

ザッカーバーグって言ったら誰を思い出す?「利用可能性ヒューリスティック」の罠

 人は自分の経験してきたことや知っている知識の中で、目の前の対象物を把握したがる、利用可能性ヒューリスティックといい性向を持ちます。人間にとって考えることや想像することは重労働なのです。たと... 

ネットの時代になぜ道の駅は流行る?“ザイアンツ効果”の威力

ネットの時代になぜ道の駅は流行る?“ザイアンツ効果”の威力

 新規の顧客を獲得するには、必ずイニシャルコストがかかります。もし、新規顧客を獲得したならば、私達は彼らから親しみが持てて、信頼できる人間とならねばなりません。人間関係においては、相手が親し... 

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

あなたが気づいていない最強の競合はあなたも利用している◯◯だ!

 あなたは「あなたの会社にとって最強の競合はどこですか?」と聞かれた時に、どの会社を最初に思い浮かべますか?多分多くの人は、商圏が同じ同業他社を思い浮かべるのが普通かもしれません。しかし、私... 

チャットで転職相談。1日に150人の相談にのるジョブクルの転職エージェント

チャットで転職相談。1日に150人の相談にのるジョブクルの転職エージェント

 ウェブサイトの提供するサービスにおいて、まるでリアル店舗にいるかのように、生身の人間がオンラインでも対応する「ヒューマニゼーション(人間化)」が進んでいます。人材紹介サービスを提供する「ジ... 

商品を売りたいなら消費者の誰もが持つ「ゲスな感情」に着目せよ!

商品を売りたいなら消費者の誰もが持つ「ゲスな感情」に着目せよ!

 消費者がある商品を購入する時は、表立った理由とは別に、人にあまり知られたくないゲスな感情で意思決定を行うことが多いものです。たとえば、ジム通いを始める表立った理由は「健康になるため」ですが... 

映画「君の名は。」の大ヒットに貢献したプロデューサー・川村元気氏の企画法

映画「君の名は。」の大ヒットに貢献したプロデューサー・川村元気氏の企画法

 2016年末現在、観客動員数1500万人、国内興行収入200億円を突破する大ヒット映画と言えば、読者の皆様もご存知の「君の名は。」です。映画が大ヒットとなった背景には、プロデューサーを務めた川村元気氏... 

廃墟が聖地になった理由~顧客と共に新たな価値を創り出した鶴見緑地公園の場合

廃墟が聖地になった理由~顧客と共に新たな価値を創り出した鶴見緑地公園の場合

 私達が思いもしなかったところで、顧客が私達の商品に価値を見出す場合があります。例えば、大阪花博の跡地廃墟・鶴見緑地公園は誰にも見向きもされぬ空間でしたが、ここに価値を見出した人々にとって「... 

10分1,080円のヘアカット専門店QBハウスが物価の高いNYに出店するワケ

10分1,080円のヘアカット専門店QBハウスが物価の高いNYに出店するワケ

 1,080円でヘアカットサービスを提供するQBハウスが、ニューヨークに出店すると報道されています。物価の高いニューヨークで、国内では低価格のヘアカットサービスと認知されているサービスを提供すること... 

顧客との不効率な電話による会話でリピーターを増やす情報工房

顧客との不効率な電話による会話でリピーターを増やす情報工房

 一般的にコンタクトセンターのオペレーターは、入電1件あたりの平均処理時間をできるだけ短くするよう指導されますが、同業務を請け負う情報工房は、セオリーに反し、顧客との対話時間を伸ばす「ワンモア... 

人生で5回居城を変えた織田信長から現代に生きる経営者が学ぶこと

人生で5回居城を変えた織田信長から現代に生きる経営者が学ぶこと

 戦国時代の英雄、織田信長はその居城を人生で5回も乗り換えました。他の戦国大名が、居城を不変のものとしていたことから考えれば、これは異例な行動でした。信長の居城乗り換えは、製品志向にこだわり... 

安くないと売れないは店主のウソ。バリューセリングを怠るな!

安くないと売れないは店主のウソ。バリューセリングを怠るな!

 「今は不景気だから、安くしなければ売れないよ」売れない店舗の店主たちの主張をまとめると大体こうなります。しかし、これって本当でしょうか?多くの場合、安いものしか売れない理由は、高いものでも... 

客のニーズに振り回されるな!コンセプトの明確化で成功を手にした2つの地方ビジネス

客のニーズに振り回されるな!コンセプトの明確化で成功を手にした2つの地方ビジネス

 マーケティングのセオリーは「顧客のニーズを満たすこと」です。ところがこのセオリーに逆行し、確固としたコンセプトを元に、独創的なサービスを生み出し、消費者の評価を得る自治体や地方の中小企業が... 

声無き要望に答えよ〜ゆっくり走る「タートルタクシー」誕生の背景

声無き要望に答えよ〜ゆっくり走る「タートルタクシー」誕生の背景

 顧客は製品やサービスに不満や要望があっても、それを必ず伝えてくれるわけではありません。従って、私達は「声無き不満や要望」から新たな活路を切り拓く必要があります。ゆっくり走る「タートルタクシ... 

独自性が無くても◯◯があればビジネスはOK〜USP概念への逆襲

独自性が無くても◯◯があればビジネスはOK〜USP概念への逆襲

 提供する商品やサービスの独自性・オリジナリティの重要性を指すマーケティング概念は、“Unique Selling Proposition”の頭文字を取り、USPと呼ばれています。しかし、USPを持つビジネスは簡単に生まれる... 

優れたマーケッターの共通点は顧客を良い方向へ導くリーダーであること

優れたマーケッターの共通点は顧客を良い方向へ導くリーダーであること

 スティーブジョブスや松下幸之助をはじめ、優れたマーケッターには共通点があります。それは、リーダーシップを持ち、顧客に最高のものを与えることにより、顧客が潜在的に求めているのに満たされない部... 

マーケティングにおいて顧客に確実に嫌われる5つの行動

マーケティングにおいて顧客に確実に嫌われる5つの行動

 マーケティングの鉄則は、「顧客の立場にたって考えよう」というものですが、売り手の立場にいる時、私達はどうしても売る側の立場で、自分本位な行動をとってしまいがちなものです。しかし、顧客は自分... 

エスキモーに氷を売る?売れない弱小企業が取った驚異の戦略

エスキモーに氷を売る?売れない弱小企業が取った驚異の戦略

 「エスキモーに氷を売る」は、著者"ジョン スポールストラ"が15年以上前に執筆した、マーケティングの鉄板本です。本の中身は、主人公がNBA史上最弱で、チケットが全く売れない会社の社長となるところか... 

起業家が一番力を入れるべき仕事「3M」とは一体何のことか?

起業家が一番力を入れるべき仕事「3M」とは一体何のことか?

 自社の商品が持つ価値を理解してもらい、買ってもらわなければ、ビジネスは成立しなません。しかし多くの起業家が、「良い商品が出来た」という理由で起業し、作った商品やサービスを売るマーケティング... 

楽天の反面教師に学ぶ「買いたい気持ち」を高める販促術「限定○○」

楽天の反面教師に学ぶ「買いたい気持ち」を高める販促術「限定○○」

 ラ・クーポンのように、割引率の高い仕組みは、一般に「グルーポン型」のクーポンビジネスとして知られています。彼らが顧客の購買意欲を掻き立てるために活用しているマーケティングは、心理学の「損失... 

短期間で主婦にエコバッグを定着させた小売店側の心理的仕掛け

短期間で主婦にエコバッグを定着させた小売店側の心理的仕掛け

 心理学や行動経済学の研究によれば、人には「得をしたい」よりも、「損をしたくない」という「損失回避」の欲求を極めて強く持つことが判明しています。スーパーにエコバッグを持っていく主婦が急増した... 

新規事業を検討する際に識者へヒアリングしたい5つのポイント

新規事業を検討する際に識者へヒアリングしたい5つのポイント

 新規事業を考えつき、仲間や社員と共に構想を練る時間ほど、楽しい時間はありませんし、構想が広がって行くほどに、今なら何でも出来そうだという気持ちになります。こんな時こそ、冷静な経営者は識者に... 

裸足の国で靴を売る 営業とマーケティングは考え抜く癖付けを

裸足の国で靴を売る 営業とマーケティングは考え抜く癖付けを

 アフリカの靴を履く習慣がない国に派遣された赤と青、2人のセールスマンがいました。2人が販売しているものは「同じ靴」でした。しかも2人が現地を見た上で、本社に報告した市場調査は全く正反対の結果に... 

「いつやるか?今でしょ!」の林先生に学ぶランチェスター戦略

「いつやるか?今でしょ!」の林先生に学ぶランチェスター戦略

 今ではすっかりお茶の間の人気者となった東進ハイスクール・現代文講師の林修先生が、塾講師として選んだキャリアは、弱者のランチェスター戦略そのものと言えます。数学の講師から始めたキャリアを、現... 

殆どのパンが1個100円でもアクアベーカリーが利益伸ばす理由

殆どのパンが1個100円でもアクアベーカリーが利益伸ばす理由

 個店主義は、販売する商品の選定や、提供するまでの業務を各店でやるわけですから、時間と手間がかかるため、一見非効率のように感じるものです。従って、これまで多くの小売店がチェーンストア理論を採... 

毎日来るあのウザい勧誘メールにも学べることが1つある

毎日来るあのウザい勧誘メールにも学べることが1つある

 あなたは、「稼げる無料動画やPDFをプレゼントします」と言われて、ランディングページにメルアド登録をしたことはあるだろうか?毎日もしくは1日置きに、刺激的な題名のメールが送られてきた経験はない... 

上手なお世辞はコストを掛けずに売上増へ貢献する必殺武器

上手なお世辞はコストを掛けずに売上増へ貢献する必殺武器

 世間一般的に、お世辞は相手の好意を下げてしまう行為と見なされています。しかし、お世辞ほど相手の承認欲求を満たして、気分をよくするための行為もありません。実際にある自動車販売会社では、お世辞... 

五感は最強の購買スイッチ 顧客の嗅覚と触覚をフル稼働させよ

五感は最強の購買スイッチ 顧客の嗅覚と触覚をフル稼働させよ

 リアル店舗で小売販売を行うときに、顧客の購買意欲を刺激する常套手段といえば、独自の陳列構成や手書きのPOPなど視覚に訴えるものが多く利用されていますが、五感を使うと更に購買に関する意思決定を強... 

築地市場の豊洲移転は変化に対応する経営者の教科書となる

築地市場の豊洲移転は変化に対応する経営者の教科書となる

 東京の台所・築地市場が11月に豊洲へ移転します。今回の移転で場外にある飲食店は豊洲へ移転せず、そのまま残ることになっています。東京ドーム5個分の広大な敷地面積を誇る市場が移転することで、築地の... 

低層階の価値を高め、値下げ無しで完売した積水ハウスの知恵

低層階の価値を高め、値下げ無しで完売した積水ハウスの知恵

 売上を追い求める以上に利益を出すことは重要です。売上を出すための手っ取り早い手段といえば、値下げ販売です。一方で値下げせずに販売することができれば、営業の手数も減り、最終的に販管費コストの... 

キャラ人気No1に登り詰めたふなっしーの凄さを分析してみた

キャラ人気No1に登り詰めたふなっしーの凄さを分析してみた

 ブランドデータバンクの2015年6月調査で、キャラクター人気ナンバーワンに男性、女性とも「ふなっしー」が堂々の1位に輝きました。船橋市からは当初公認されず、プロがデザインしたキャラクターでもない... 

顧客満足の裏に潜む顧客我慢から目を背けてはならない

顧客満足の裏に潜む顧客我慢から目を背けてはならない

 よく商品のキャッチフレーズで私達は「顧客満足度」や「何万人が支持した」という意見を強調するキャッチフレーズを見かけます。しかしこの考え方には盲点があります。顧客が商品やサービスを受け取る際... 

コンパクトデジカメ発売から20年 あの画素数競争から得る教訓

コンパクトデジカメ発売から20年 あの画素数競争から得る教訓

 1995年に発売された世界初のコンパクトデジタルカメラ、カシオ「QV-10」の画素数はなんと25万画素しかありませんでした。それから20年経ち、デジタルカメラの画素競争は「ユーザー不在」のまま進み、市場... 

創造性を育む組織作りに必要な遊び文化

創造性を育む組織作りに必要な遊び文化

 社員の個性を引き出す取り組みは、会社の労働効率を悪化させ、生産性を下げる要因と考える経営者はまだ多い。しかし生産性のみの追求は、突き詰めればより少ないコストでより多くの利益を出すことでしか...