節約 社長

フランチャイズ

2018年に新規参入すべきビジネス、そのキーワードはズバリ「ヒト」

2018年に新規参入すべきビジネス、そのキーワードはズバリ「ヒト」

 少子高齢化、労働人口の减少。更には増税とそれに伴う不景気が予想される日本ですが、それでも私達は前を向くことによって、自ら新しい時代、明るい未来を切り拓いて行きます。ビジネスでは新規事業にチ... 

フランチャイズでものれん分けでもない。のれんチャイズのメリットとは?

フランチャイズでものれん分けでもない。のれんチャイズのメリットとは?

 フランチャイズ制度とのれん分け制度では、加盟者の違いがあると共に、「事業運営の自由度」という点で大きな違いがあります。どちらの制度にも良い点と悪い点がありますが、これを折衷し、良い点だけを... 

マクドナルドの創業者レイ・クロックに学ぶ「人に依存せず再現性のある事業の作り方」

マクドナルドの創業者レイ・クロックに学ぶ「人に依存せず再現性のある事業の作り方」

 中小企業の殆どは労働集約型で人に依存した事業を運営しており、利益もさほど出せていないのが現実です。マクドナルド兄弟は労働集約型のレストランを分業型に変え繁盛店を作ることには成功しましたが、2... 

代理店制度を導入する際のメリットと注意点 フランチャイズとの違いは?

代理店制度を導入する際のメリットと注意点 フランチャイズとの違いは?

 世の中にはありとあらゆる種類の形態で、数え切れないほどの代理店が存在します。普通に考えると直で取引したほうがコストもかからなそうなのに、なぜ多くの企業が代理店を通して取引したがるのか、本部... 

協会ビジネスってどんなビジネス?始めると得られる5つのメリット

協会ビジネスってどんなビジネス?始めると得られる5つのメリット

 協会ビジネスを一言で定義すると、「生徒を先生に育て、その先生をサポートする”仕組み”を提供し、個人レベルの講座ビジネスを組織化する形の簡易的なフランチャイズビジネス」となります。ヒト・モノ・... 

秘伝のレシピを著作権で守りビジネスで活用することは果たして可能?

秘伝のレシピを著作権で守りビジネスで活用することは果たして可能?

 自社が飲食店を営業しており、自慢メニューのレシピをフランチャイズや暖簾分けという形でビジネスに活用しようとした際、レシピを著作権で保護しながら世の中に広めることは可能なのでしょうか?著作権... 

ポケモンGO・マクドナルドのコラボとフランチャイズの優位性

ポケモンGO・マクドナルドのコラボとフランチャイズの優位性

 その土地や場所で商売をする店舗型ビジネスにとって、ポケモンGOのヒットは、マーケティングのあり方を変え、本格的なARマーケティング元年の到来を感じさせるものです。また、フランチャイズへの加盟は... 

フランチャイズに加盟して介護事業に参入する場合の注意点

フランチャイズに加盟して介護事業に参入する場合の注意点

 セブン-イレブンのように誰もが知るフランチャイズへの参入は、集客を容易にします。対して介護事業のフランチャイズは集客面では、さほど期待できませんが、経営ノウハウを享受出来る点では大きなメリッ... 

いきなりステーキに肉薄!?ステーキ食べ放題・熱狂道とん堀

いきなりステーキに肉薄!?ステーキ食べ放題・熱狂道とん堀

 肉食ブームに火をつけた「いきなりステーキ」の躍進は、読者の皆様も知るところでしょう。このいきなりステーキのライバル!?とも思える新たな業態店舗が最近登場しました。それは、お好み焼きの道とん... 

退任・原田CEOにより刷新されたベネッセは今後どう展開する?

退任・原田CEOにより刷新されたベネッセは今後どう展開する?

 ベネッセHDの原田泳幸会長兼社長が6月末に退任し、福原賢一副社長が社長に昇格する人事案が発表されました。ベネッセHDのトップ人事が行われた理由と、原田氏時代に行われた通信教育サービス「進研ゼミ」... 

大胆予測!統合後のファミリーマートはこんな変身を遂げる

大胆予測!統合後のファミリーマートはこんな変身を遂げる

 コンビニ大手3位のファミリーマートがサークルKサンクスと経営統合し、今後どのような店舗作りを行うかに注目が集まっています。業界第一位のセブン・イレブンと比較した平均日販には大きな差が生じてい... 

2016年に市場拡大し新規参入のチャンスに満ちた3つの業界

2016年に市場拡大し新規参入のチャンスに満ちた3つの業界

 2016年に日本で拡大すると見られる業界が3つあります。1)女性をメインターゲットにしているビジネス、2)障害者が関わるビジネス、3)サスティナブル(持続可能なビジネス)の3分野になります。これら3... 

米マクドナルド撤退観測が国内ハンバーガー業界に与える影響

米マクドナルド撤退観測が国内ハンバーガー業界に与える影響

 2015年のビジネスニュースを振り返ると、マクドナルドの異物混入に始まり、マクドナルドの株売却騒ぎで暮れました。ガリバー(寡占市場において1社の市場シェアが圧倒的に高い状態)の動きは、少なからず... 

セブンがカフェ!?「白ヤギ珈琲店」の展開でカフェ業界へ進出

セブンがカフェ!?「白ヤギ珈琲店」の展開でカフェ業界へ進出

 セブン&アイHDといえば、かの有名なセブン-イレブンを運営するグループという印象が強いですが、実は総合スーパー事業にフードサービスに金融サービスにITサービスにと、様々な事業領域を有した流通サー... 

ファミマとサークルKサンクス統合がオーナー達に与える影響

ファミマとサークルKサンクス統合がオーナー達に与える影響

 10月半ば、ファミリーマートとサークルKサンクスを抱えるユニーグループとの“統合”が遂に発表されました。これにより、今月から2016年9月頃までを目処に「サークルKサンクス」の看板はなくなり、全てフ... 

ハウスのココイチ買収劇 2社の現状と買収に至った経緯

ハウスのココイチ買収劇 2社の現状と買収に至った経緯

 2015年10月末、『カレーハウスCoCo壱番屋(通称ココイチ)』を展開する壱番屋(愛知県一宮市)は、食品大手・ハウス食品グループに買収されることが明らかになりました。カレーは日本人にとって国民食で... 

「俺のシリーズ」が大きな方針転換!当初の“俺”と今の“俺”

「俺のシリーズ」が大きな方針転換!当初の“俺”と今の“俺”

 飲食業界の慣習をことごとく覆してきた高級料理店といえば、俺のシリーズ各店(運営:俺の株式会社)に他なりません。高級食材を単価は安く、立ち食い形式で顧客回転率を高めに設定することで利益を得て... 

丸亀製麺はなぜアフリカでうどんでなく照り焼きチキンを売る?

丸亀製麺はなぜアフリカでうどんでなく照り焼きチキンを売る?

 セルフ式うどんチェーン「丸亀製麺」で有名なトリドールが、日系外食チェーン初のアフリカ進出を果たしましたが、なんとその業態は「teriyaki japan(テリヤキ・ジャパン)」という照り焼きチキンのお店... 

貴方にとって危険なフランチャイズ本部を見極める方法

貴方にとって危険なフランチャイズ本部を見極める方法

 独立を考えている方や、新たな分野の事業を始めようとしている経営者の方々の中には、フランチャイズへの加盟を考える方がいらっしゃるかもしれません。そこで本稿はズバリ「危険なフランチャイズ本部を... 

群馬県民のグンイチパンがメロンパン専門店のFC展開を開始

群馬県民のグンイチパンがメロンパン専門店のFC展開を開始

 群馬県民(特に伊勢崎市民)なら誰もが知っている、有名なパン屋さん運営企業があるのを皆さんはご存知ですか?それは「グンイチパン」です。グンイチパンは自前ブランドでの成功ノウハウを元に「メロン... 

コンビニって儲かるの!?コンビニ経営のメリット・デメリット

コンビニって儲かるの!?コンビニ経営のメリット・デメリット

 今や全国どこの街に行っても必ずあるのがコンビニエンスストアです。コンビニエンスストアのオーナーとなるきっかけは人それぞれですが、もしコンビニエンスストアの経営を行うのであれば、メリットとデ... 

コメダ珈琲店が過去最多の出店数 背景に他社との競合激化

コメダ珈琲店が過去最多の出店数 背景に他社との競合激化

 大手カフェチェーン、コメダ珈琲店の出店が加速し続けています。2016年2月期の出店数は90店弱になる見通しで、実現すれば過去最多です。更にはコンビニ向け商品として「まろやかミルクコーヒー」を販売し... 

日本ブランド アジアにおける実りの時期を迎えるのはこれから

日本ブランド アジアにおける実りの時期を迎えるのはこれから

 現在、世界の成長市場といえばアジアであり、アジアは近代的小売りの発展が存在する世界でも稀な地域である。 一方で日本のブランドにとって国内市場は飽和ぎみだが、アジア各国における「日本」ブラン... 

粗利のあげやすさは世界で5本の指 ベトナムでビジネスが今熱い

粗利のあげやすさは世界で5本の指 ベトナムでビジネスが今熱い

  ベトナムが今、世界中から熱視線を浴びている。8780万の人口は、急速な都市化で2020年には約9600万人に達すると見られており、ベトナムは世界でもっとも利益のでる小売市場ベスト5とうたわれている。中... 

業務スーパーの姉妹チェーンが輸入食品専門店「GALLEON(ガレオン)」のフランチャイズ展開にのりだす!

業務スーパーの姉妹チェーンが輸入食品専門店「GALLEON(ガレオン)」のフランチャイズ展開にのりだす!

 業務スーパーを手がける神戸物産が始めた「GALLEON(ガレオン)」という輸入食品扱う専門店をご存知ですか?2015年7月現在、神戸と大阪のみに店舗があるようです。ガレオンのようなライフスタイルストア... 

新規参入狙うなら成長性バツグンの介護FCビジネスが吉!?

新規参入狙うなら成長性バツグンの介護FCビジネスが吉!?

 現在日本における高齢者(65歳以上)は『約4人に1人』で、この数も2015年には『3人に1人』となると言われています。介護サービスの需要は拡大することが見込まれており、多様なサービスがフランチャイズ... 

コンビニ各社のM&Aが活発化するも落し穴あり

コンビニ各社のM&Aが活発化するも落し穴あり

 今や全国に5万店を超える店舗数のあるコンビニ、読者の皆様にとって必要不可欠なものではないだろうか。3月はコンビニエンスストア各社の買収報道が相次ぎ、大手3社の規模は拮抗、コンビニ戦国時代は最...