節約 社長

ファミリーマート

ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

 消費者庁は7月27日に、ソフトバンク(株)が供給する「Apple Watch(第1世代)」に関する表示に対し、「おとり広告」の違反により、景品表示法の措置命令を行いました。おとり広告とは、「商品・サービス... 

ツルハHDがドラッグストア業界の首位へ〜業界再編の余波は調剤薬局業界へ

ツルハHDがドラッグストア業界の首位へ〜業界再編の余波は調剤薬局業界へ

 ドラッグストアをチェーン展開するツルハHDが、静岡県で78店舗のドラッグストアを運営する杏林堂を買収し、ドラッグストア業界で売上高首位に立ちました。M&Aによるドラッグストア業界の寡占化が進むと、... 

2016年・節約社長の人気記事ベスト10を大発表!

2016年・節約社長の人気記事ベスト10を大発表!

 今年もいよいよ年末となりました。節約社長は2016年に約900記事を配信いたしましたが、その中でも特に読者の皆様からご公表いただいた記事を発表したいと思います。来年も更に企業の節約や効率化... 

大苦戦…それでもコンビニがドーナツを売り続ける2つの理由

大苦戦…それでもコンビニがドーナツを売り続ける2つの理由

 大ヒット商品となったコンビニコーヒーに対して、コンビニドーナツは未だヒットの兆しを見せていません。それでも各社はしのぎを削って、ドーナツの開発を続けています。これほど各社がドーナツにこだわ... 

ローソンとファミマ 経営統合で2位を奪取するのはどちら?

ローソンとファミマ 経営統合で2位を奪取するのはどちら?

 コンビニ業界の2位につけるローソンと3位につけるファミリーマート、両者の戦いがついに始まります。それぞれ他社との経営統合を行っていますが、その思惑は全く性格の違うものとなっています。更に経営... 

大胆予測!統合後のファミリーマートはこんな変身を遂げる

大胆予測!統合後のファミリーマートはこんな変身を遂げる

 コンビニ大手3位のファミリーマートがサークルKサンクスと経営統合し、今後どのような店舗作りを行うかに注目が集まっています。業界第一位のセブン・イレブンと比較した平均日販には大きな差が生じてい... 

ローソンとスリーエフの資本業務提携はなぜ延期になった?

ローソンとスリーエフの資本業務提携はなぜ延期になった?

 近年業界の再編が進むコンビニ業界。ファミリーマートとユニーグループの経営統合は、昨年末の一大ニュースとなりました。そしてもう1つの再編の目玉として、昨年から取り上げられているのが、ローソンと... 

2016年経済に影響を及ぼすイベント〜下半期6選〜

2016年経済に影響を及ぼすイベント〜下半期6選〜

 「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」今年一年の計を今のうちに建てておくことは賢明です。昨日は「2016年経済に影響を及ぼすイベント〜上半期6選〜」と題して、上半期に経済へ波及するであろう... 

2015年 節約社長記事ベスト5発表〜企業分析編〜

2015年 節約社長記事ベスト5発表〜企業分析編〜

 今年もいよいよ年末となりました。節約社長は2015年に約600記事を配信いたしましたが、その中でも特に読者の皆様からご公表いただいた記事を発表したいと思います。当記事では「企業分析編」の人... 

ファミマとサークルKサンクス統合がオーナー達に与える影響

ファミマとサークルKサンクス統合がオーナー達に与える影響

 10月半ば、ファミリーマートとサークルKサンクスを抱えるユニーグループとの“統合”が遂に発表されました。これにより、今月から2016年9月頃までを目処に「サークルKサンクス」の看板はなくなり、全てフ... 

ミスタードーナツが差別化へ舵取り コンビニに宣戦布告!

ミスタードーナツが差別化へ舵取り コンビニに宣戦布告!

 ミスタードーナツが今後5年間で全国1300店のうち最大で1000店舗について、ドーナツの調理作業が見える専門店型の改装を目指すことを発表しました。いよいよミスタードーナツがドーナツ専門店として質に... 

セブン-イレブンの圧倒的な強さを支える3つの秘密

セブン-イレブンの圧倒的な強さを支える3つの秘密

 日本のコンビニエンスストア業界で覇権を握る企業といえば、セブン-イレブンです。店舗数こそ今月15日に経営統合を発表したファミリーマート・ユニー連合に越されたものの、1店舗あたりの日商ではトップ... 

コンビニ本部のロイヤリティ徴収はどんな仕組みなの?

コンビニ本部のロイヤリティ徴収はどんな仕組みなの?

 コンビニ業界用語として頻繁に聞く「ロイヤリティ」とは、加盟店がフランチャイズ本部の商標や蓄積してきたノウハウを使用できる権利を得る代わりに本部へ支払う対価です。コンビニ各社のロイヤリティ率... 

淹れたてコーヒーで分析するコンビニ各社の顧客獲得戦略

淹れたてコーヒーで分析するコンビニ各社の顧客獲得戦略

 今や各社合計で年間19億杯の消費をもたらしているコンビニの淹れたてコーヒー。コーヒーがコンビニエンスストア各社の戦略を左右するほど、その存在はとても大きな存在となりました。顧客が純増するわけ... 

コンビニ各社のM&Aが活発化するも落し穴あり

コンビニ各社のM&Aが活発化するも落し穴あり

 今や全国に5万店を超える店舗数のあるコンビニ、読者の皆様にとって必要不可欠なものではないだろうか。3月はコンビニエンスストア各社の買収報道が相次ぎ、大手3社の規模は拮抗、コンビニ戦国時代は最... 

コンビニコーヒー 各社コーヒーを独自評価

コンビニコーヒー 各社コーヒーを独自評価

 2013年は「コンビニコーヒー元年」と言われ、セブン-イレブンの号砲を合図にしのぎを削る展開となった。大手カフェチェーンと違い、原料をその場で高性能マシーンでドリップすることで高品質のコーヒーが...