節約 社長

ソフトバンク

上手くいってる中小企業は社長が自分の◯◯◯である程度まで勝負している

上手くいってる中小企業は社長が自分の◯◯◯である程度まで勝負している

 成功している大企業もその昔は中小零細企業でした。彼らに共通する成功要因の一つに、ある程度まで、社長の顔、社長の人気が会社を支えたことがあります。会社の認知が無い段階では、お客さんの立場から... 

吉野家無料クーポンで並ぶ人と似た価値観を持つ経営者は大抵儲かってない

吉野家無料クーポンで並ぶ人と似た価値観を持つ経営者は大抵儲かってない

 ソフトバンクがスーパーフライデーめがけて、吉野家の牛丼380円分が無料で食べられるクーポンを発行し、これを利用しようとした人による1時間〜2時間待ちの長蛇の列がニュースで話題になりました。自分の... 

ソフトバンク子会社上場と300年ビジョンに思う自律分散型組織の台頭

ソフトバンク子会社上場と300年ビジョンに思う自律分散型組織の台頭

 ソフトバンク携帯子会社が上場を目指していることについては、賛否両論が上がっています。一方で、投資家目線から見た時に、親会社単体だけでなく、成長するであろう子会社へ投資できるなら、それは投資... 

親子上場するソフトバンクを金の亡者と批判したところで何も変わらない

親子上場するソフトバンクを金の亡者と批判したところで何も変わらない

 ソフトバンクグループが子会社を上場させることに対して、各方面から批判の声が上がっています。たしかに法律のグレーゾーンを抜いて、70%もの子会社株を保有したまま、子会社を上場させることは、他の... 

Uberへ1兆円投資 ソフトバンクの投資スタイルが変わり始めた理由

Uberへ1兆円投資 ソフトバンクの投資スタイルが変わり始めた理由

 ソフトバンクの運営する投資ファンドが、米配車サービス最大手・Uberへ1兆円規模の出資を検討していると報じられました。これまでのソフトバンクはアーリーステージへの投資を得意としてきましたが、最... 

株価10倍以上に達するテンバガー“Ten Bagger”銘柄を見つける3つの方法

株価10倍以上に達するテンバガー“Ten Bagger”銘柄を見つける3つの方法

 投資家にとっての憧れ、それは株価が10倍になるようなテンバガー“Ten Bagger”銘柄の初期初動に投資し、高値で売り抜けることではないでしょうか?そこで今回は、テンバガー銘柄にHITする可能性の高い投資... 

ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

 消費者庁は7月27日に、ソフトバンク(株)が供給する「Apple Watch(第1世代)」に関する表示に対し、「おとり広告」の違反により、景品表示法の措置命令を行いました。おとり広告とは、「商品・サービス... 

ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

ソフトバンクが「いい買物の日」キャンペーンで景表法措置命令「おとり広告」って何?

 消費者庁は7月27日に、ソフトバンク(株)が供給する「Apple Watch(第1世代)」に関する表示に対し、「おとり広告」の違反により、景品表示法の措置命令を行いました。おとり広告とは、「商品・サービス... 

ホールディングスを作る5つのメリットと3つのデメリット

ホールディングスを作る5つのメリットと3つのデメリット

 ホールディングスとは、日本名でいうところの持ち株会社で、グループ会社の株式をホールド(Hold=保有、保持)するところから名付けられています。1997年の独占禁止法改訂により、持株会社を作ることが... 

ソフトバンクのスプリント株一部売却検討はM&Aの優れたお手本

ソフトバンクのスプリント株一部売却検討はM&Aの優れたお手本

 ソフトバンクが2013年に2兆円強の大金を投じて買収したスプリント株の一部を、ライバルであるTモバイルの株主であるドイツテレコムへ売却検討しているという報道が先週されました。一部ではスプリントの... 

【徹底解説】ARM買収とIoTの未来に掛けたソフトバンク孫正義氏の大勝負

【徹底解説】ARM買収とIoTの未来に掛けたソフトバンク孫正義氏の大勝負

 ソフトバンクグループによる、3.2兆円にも及ぶイギリスの半導体大手ARM買収観測が、大きなニュースとなっています。ところがARMの売上高は年換算したとしても約1,600億円程度です。孫正義氏が大勝負を仕... 

孫正義とバフェットの共通点は数分で大きな決断ができること

孫正義とバフェットの共通点は数分で大きな決断ができること

 問題を解決せず持ち越してしまう会議は、時間とコストの大きな無駄です。毎度同じように会議の結果が「持ち越し」になるのであれば、その組織はいずれ崩壊する運命にあると言って過言ではないでしょう。... 

マクドナルド・500円おてごろセットを阻害する3つの障壁

マクドナルド・500円おてごろセットを阻害する3つの障壁

 日本マクドナルドが先週末、ハンバーガーメニューの刷新を発表しました。新バーガー3種にサイドメニューとドリンクをつけた「おてごろセット」(500円)が来週末から全国でメニュー展開されますが、消費... 

シンガポールは半額以下 日本の高すぎる携帯料金事情

シンガポールは半額以下 日本の高すぎる携帯料金事情

 9月11日に、安倍首相が経済財政諮問会議で日本の携帯電話の料金が高すぎると発言して、大手通信会社の株価が軒並み下落しました。政府による携帯電話各社への値下げ要請が一気に始まった背景には、海外と... 

分社するなら抑えておきたい3つのメリット・デメリット

分社するなら抑えておきたい3つのメリット・デメリット

 分社とは、既存企業が存在している場合に、ある事業を行うために新たにもう一つの会社を設立しすることを言います。分社を考えている方向けに3つのメリットと3つのデメリットをご紹介いたします。分社し... 

不当解雇を金銭解決できるようになる未来が示すもの

不当解雇を金銭解決できるようになる未来が示すもの

 政府の規制改革会議は不当解雇と判断された際、「労働者から申し立てがあれば金銭補償で解決する制度」の導入に向けた有識者の会議を設けることを決定しました。お金のある企業や成長欲の高い企業ほど、... 

ソフトバンク後継者指名で知るゴーイングコンサーン

ソフトバンク後継者指名で知るゴーイングコンサーン

 300年継続する企業宣言、時価総額を現在の5倍である45兆円にする宣言、後継者に入社後わずか一年足らずのインド出身アローラ氏を登用するなど、ソフトバンク孫社長が企業を継続させるために示す強い意思... 

2015年フォーブスが発表した世界と日本の大富豪

2015年フォーブスが発表した世界と日本の大富豪

 アメリカの経済誌「フォーブス」により、毎年恒例の世界長者番付が今年も発表されており、日本円で合計1200億円の資産を持つ世界の大富豪1,826人が名を連ねている。世界のトップ5は顔ぶれが変わっておら... 

贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

贈与税・相続税の改定を活かし今から事業承継と向きあおう

 2014年における経営者の平均年齢は、60.6歳に到達した。経営者の高年齢化が進んでいる大きな理由として、後継者がいないことが社会的な問題となっている。いつまでも後継者が生まれない経営者層では赤字... 

ソフトバンクは即完売 無担保社債はなぜ高利回りなのか?

ソフトバンクは即完売 無担保社債はなぜ高利回りなのか?

 4,500億円にも及ぶソフトバンクの第二回無担保社債が、1月26日(月)から販売されはじめ、2月6日(金)終了となった。年利回りが2.5%と高利回り設定されていたこともあり、証券会社によっては、販売開始... 

再生エネ優遇見直し 太陽光発電の今後

再生エネ優遇見直し 太陽光発電の今後

 太陽光発電エネルギー施設の設置コストはかなりの割合を経費で落とすことが可能である。節税対策としてソーラーパネルを導入する企業も多いが、電力会社が新規買取を一旦保留するなど業界は混迷を極める... 

孫正義のスプリント買収劇 600億の節約方法

孫正義のスプリント買収劇 600億の節約方法

 ソフトバンクが米国携帯第三位のスプリント社を買収し一年が経過したが業績は相変わらず芳しくない。しかし買収時にソフトバンクは600億円の節約を行っており、過去の歴史を紐解いてもお買い得な買収と出...