節約 社長

サラリーマン

「働き方改革」は「リーマン改革」生き残りたいサラリーマンに求められるもの

「働き方改革」は「リーマン改革」生き残りたいサラリーマンに求められるもの

 『働き方改革』が中小企業に求める条件は、中小企業経営者が人を雇用することを非常に困難にするものばかりです。従って、働き方改革が徐々に浸透していくことにより、中小企業経営者は社員に対して更に... 

個人飲食店は料理がテキトーでも「維持」可能なコミュニティがあれば勝てる

個人飲食店は料理がテキトーでも「維持」可能なコミュニティがあれば勝てる

 商売はなんでもそうですが、顧客さえ先にいれば、何をやっても儲けることが可能です。しかし、それを知らないで多額のお金をかけて飲食店を初める人が沢山います。開業3年で廃業率は70%という調査結果... 

雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

雇われないロックな生き方をしたいなら勉強をする少数派になれ!

 日本人のサラリーマンの殆どの人は、ビジネスに対する自己投資、つまりは勉強をしません。単純な作業ができるようになっただけなのに、仕事ができると思い込んでますが、勉強をしていないので、いつも難... 

仕事に行き詰まったら一旦フワッと浮いてみよう「ヘリコプター理論」のススメ

仕事に行き詰まったら一旦フワッと浮いてみよう「ヘリコプター理論」のススメ

 仕事が猛烈に入って忙殺されている時、思うように仕事が上手く行かず「行き詰まり感」を感じる時、人はどうしても頑張ってその状態を脱しようと必死にもがき、結果として負の連鎖に陥りやすいものです。... 

「使えない部下」を作りたくないなら「おまえ、頭使えよ!」はナンセンス

「使えない部下」を作りたくないなら「おまえ、頭使えよ!」はナンセンス

 使えない部下に対して、「少しは頭使ってくれよ!!!(怒)これじゃあ、ダメでしょ」と言ってしまったことはありませんか?しかし、経営者自身はそもそも、和を大事にする人々の中で自らリーダーになり... 

大人が毛嫌いする場所とやり方で、いつの間にか膨大な資産とビジネスを作る若者達

大人が毛嫌いする場所とやり方で、いつの間にか膨大な資産とビジネスを作る若者達

 2017年に発表された「中学生の将来なりたい職業ランキング」で、男子第3位はユーチューバーでした。ところがこれに一部の大人は激怒し、専門家を利用してまで、彼らの夢をストップさせる論調を展開しま... 

サラリーマンが会社を買う時代がやってくる〜これからの起業トレンド

サラリーマンが会社を買う時代がやってくる〜これからの起業トレンド

 日本の中小企業経営者の年齢が60〜70代に差し掛かっています。今は彼らが元気でも、後継者不在の会社が半数近くを占め、体力的にも10〜20年後を考えれば、今と同じ状態で事業継続するのは難しそうです。... 

大企業のサラリーマンは勝ち組?!身分変えない限り出勤時の顔は死んだまま

大企業のサラリーマンは勝ち組?!身分変えない限り出勤時の顔は死んだまま

 たまに「自分は◯◯社に勤めている」「◯◯業界に携わっているんだ。すげぇだろ。」と、まるで自分が勝ち組のように言い放つサラリーマンがいます。しかし、サラリーマンである限り、絶対服従、時間を切り分... 

年収240万円でエリート?!個人事業者がちっとも儲からず貧乏なワケ

年収240万円でエリート?!個人事業者がちっとも儲からず貧乏なワケ

 個人事業でやれる商売は基本的に、店を構えるか、請負作業くらいのものです。「数は力」の論理を活かして、顧客数を増やしストック収入を作ろうとしても、個人事業であるがゆえに自分の手数が限られてい... 

「金持ちの子は金持ち、貧乏の子は貧乏」から抜け出して逆転エリートになる方法

「金持ちの子は金持ち、貧乏の子は貧乏」から抜け出して逆転エリートになる方法

 世の中には、「金持ちの子は金持ちになり、貧乏の子は貧乏になる」という常識が出来上がりつつあります。一方で日本の税制度が、学があろうが無かろうが、親が金持ちだろうが貧乏だろうが、リスクを取り... 

サラリーマンの“サラリー”の語源は古代ローマで珍重された“ある調味料”にあり!

サラリーマンの“サラリー”の語源は古代ローマで珍重された“ある調味料”にあり!

 日本では働く人、特に会社勤めの人のことを、英語の“salary”(給料、俸給)、“man”(人)をかけ合わせた和製英語の「サラリーマン」と呼びます。実は、この和製英語の“salary”という言葉の語源を調べてい... 

「景気が悪いから売れない」と口にする経営者は不景気催眠術にハマっている

「景気が悪いから売れない」と口にする経営者は不景気催眠術にハマっている

 新聞やテレビ、雑誌は盛んに不景気を吹聴する情報を流します。しかし、今の日本は本当に不景気のどん底状態にあるのでしょうか?真実は逆で、売れてるところではちゃんと商品が売れており、これを示す良... 

「お役所マーケット」は超優良顧客〜いつ攻略するの!?今でしょ!!

「お役所マーケット」は超優良顧客〜いつ攻略するの!?今でしょ!!

 たとえば、サロン、接骨院、食品、クリーニング…とにかく色んなものがお役所マーケットではバカバカ売れます。本稿では、なぜお役所マーケットが魅力的なマーケットなのか、その理由について島倉さんが詳... 

【勤め人必見】株や不動産の副業収入が会社にバレるのはどんな時?

【勤め人必見】株や不動産の副業収入が会社にバレるのはどんな時?

 会社にサラリーマンとして勤めながらにして、その年収以上に稼ぐ人は沢山います。通常、副業収入が給与収入でないなら、副業がバレることは殆どありません。ただし、なぜか会社に副業がバレてしまう場合... 

特定支出控除がサラリーマンの節税手段として浸透しない2つの理由

特定支出控除がサラリーマンの節税手段として浸透しない2つの理由

 平成24年に使いやすい制度に改良された、サラリーマン向けの節税対策「特定支出控除」ですが、平成27年時点で全国の利用者はわずか1800人程度しかいません。当初はスーツなど衣料費も控除の対象... 

借金のある会社を継いでくれる社員がいる場合に現経営者ができること

借金のある会社を継いでくれる社員がいる場合に現経営者ができること

 「子供は会社を継いでくれなさそうだけど、社内のあいつならやってくれるだろう。だけど、借金があるんだ。あいつを社長にしたら借金の連帯保証人をやってもらわねばならないんだ…」こんな悩みを抱えてい... 

起業家でサラリーマン根性な人って何がしたいの?大衆は常に間違っている!

起業家でサラリーマン根性な人って何がしたいの?大衆は常に間違っている!

 ビジネスにおける大衆はサラリーマンです。どれだけサラリーマンが大衆かというと、サラリーマンが88%、起業家が残りの12%と、圧倒的にビジネスの世界ではサラリーマンのほうが多いわけです。起業... 

経営者も従業員も副業でワザと赤字を出す確定申告は税務署に狙われます!

経営者も従業員も副業でワザと赤字を出す確定申告は税務署に狙われます!

 給与収入が2,000万円以下で、かつ事業所得が20万円以下、つまり副業の売上から経費を引いた利益が20万円以下の場合には、確定申告を行わなくても良い規定があります。しかし、この規定を悪用すると、ワザ... 

ピンチが君を大きくする〜借金2千万?火事場の馬鹿力で余裕のクリア☆

ピンチが君を大きくする〜借金2千万?火事場の馬鹿力で余裕のクリア☆

 2千万円の借金が突然振ってきたとしたら?借金の原因は様々で、当初は悲しくてやりきれませんが、思い立った後は死に物狂いで事業を回し、一刻の猶予もなく返済期限に借金を返す、そんな日々が始まりま... 

100年前のサラリーマンが会社からもらえた出張手当の金額は?

100年前のサラリーマンが会社からもらえた出張手当の金額は?

 サラリーマン社会が形成されて約1世紀。昭和3年(1928年)に前田一(まえだ はじめ)が著した「続・サラリーマン物語」には、今と変わらず仕事に悪戦苦闘しながらも、一方でちゃっかり出張手当を浮かそ... 

100年前のサラリーマンが会社からもらえた出張手当の金額は?

100年前のサラリーマンが会社からもらえた出張手当の金額は?

 サラリーマン社会が形成されて約1世紀。昭和3年(1928年)に前田一(まえだ はじめ)が著した「続・サラリーマン物語」には、今と変わらず仕事に悪戦苦闘しながらも、一方でちゃっかり出張手当を浮かそ... 

サラリーマンとしての経験は本当に起業後でも役に立つものか?

サラリーマンとしての経験は本当に起業後でも役に立つものか?

 起業を検討する人がよく抱く疑問の一つに「起業にサラリーマン時代の経験は生きるか?」というものがあります。ところがキミアキ先生は、サラリーマンの時の経験は、多くの人が思っている以上に役に立た... 

会社登記に必要な印紙代を半額にせよ!スタートアップの節約術

会社登記に必要な印紙代を半額にせよ!スタートアップの節約術

 インターネットの進化によって、創業時の会社設立手続きに掛かる人件費は大幅にコストダウンできるようになりました。ところが、真正面からぶつかるとコストダウンできない費用もあります。その代表格が... 

サラリーマンVS個人事業主 2,000万の収入ならどちらを選ぶ?

サラリーマンVS個人事業主 2,000万の収入ならどちらを選ぶ?

 年収2,000万円のサラリーマンと年間収入2,000万円の個人事業主では、どちらのほうが多く稼げるのでしょうか?それぞれが税金をどれくらい支払う必要があるのかシュミレーションしてみました。独立を検討... 

節約・節電しながら暑さを凌ぐ効率的な方法を5つご紹介!

節約・節電しながら暑さを凌ぐ効率的な方法を5つご紹介!

 少しずつですが、汗ばむ季節になってまいりました。ノルド社会環境研究所が、300人のサラリーマンを対象とした「暑さ」に対する意識調査によると、職場を含む屋内で暑さにより体の不調を感じた人は35.3%... 

サラリーマンでも衣服や飲み会で節税できる特定支出控除

サラリーマンでも衣服や飲み会で節税できる特定支出控除

 「経費を使って節税」と言えば経営者や個人事業主の行うもので、サラリーマンが節税できるのは限られた範囲しかないと諦めている方は多いかと思います。しかしサラリーマンは、取引先とのゴルフ接待や後... 

過去30年で2番目の低さとなったサラリーマンのお小遣い

過去30年で2番目の低さとなったサラリーマンのお小遣い

 「サラリーマンのお小遣い調査:2015年版」が発表され、男性会社員のお小遣い額は月額37,642 円と前年比1,930 円減少する結果となりました。また過去30年の調査では日経平均株価の上昇にお小遣いも上昇連...