節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

ビジネスは恋愛と同じ~あなたは商品に恋をし過ぎていませんか?

ビジネスは恋愛と同じ~あなたは商品に恋をし過ぎていませんか?
 クリスマスに恋人へプレゼントをあげる際、あなたは彼女にどんなプレゼントを渡しますか?彼女が嫌煙家なのに、良い商品だからと高級ジッポをプレゼントすることはまさかありませんよね?ところが、ビジネスとなると、こういうことが日常茶飯事に起きています。なぜなら、売り手が商品に恋をしすぎているからです。

貴方が恋すべきなのは商品ではなくお客様である

 こんにちは、ブリッジワークの高橋です。

 この記事をご覧になってる貴方は、きっと自分が扱っている商品が大好きだと思います。

 それは当然のことです。

 苦労してこれまでたくさんの時間・たくさんのお金を費やして、やっと手に入れたスキル。

 「これは売れるぞ!」選びに選び抜いた商品。

 好きにならないはずはありません。

 自分の商品に自信を持てなければ、堂々とお客様に勧める事は出来ないし、自分の商品が好きでなければビジネスを続けていくのは困難です。

 でも、この商品が好きということが、時として『罠』になります。

 商品・商品・商品、Me・Me・Me。

 自分が売っているもの主体になってしまうと、ビジネスはどこかでつまづいてしまいます。

 なぜなら、貴方が恋すべきは商品ではなく、『顧客』『お客様』だからです。

ゲイリーハルバートに学ぶビジネスで成功するための絶対原則

 ある有名な逸話を一つ紹介したいと思います。

 自分の事を「世界一のコピーライターだ!」と言っていたゲイリーハルバートというコピーライターがいました。

 彼はあるセミナーで聴衆にこう尋ねたんですね。

 「貴方がハンバーガーショップを開業したら、商売が成功するために何が欲しいですか?」

 すると聴衆は、例えば「どこにも負けない美味しい秘伝のソース」「優れた立地」「誰もが知っているブランド力」といった具合に色んな要素を答えたわけですね。

 ところが、それを聞いていたゲイリーは、こう言いました。

 「わかりました。それらすべてを貴方達に差し上げましょう。でも私は貴方達を打ち負かす事が出来ます。あるもの一つだけ私にくれたら。」

 秘伝のソース・優れた立地・誰もが知ってるブランド力諸々より、大切なものとは何でしょうか?

 「腹を空かせた群衆。これさえあれば私は貴方達を打ち負かす事が出来ます。」

 そうなんです。

 お客様さえいれば、商品がなくてもビジネスを立ち上げる事は出来ます。

 お客様を集めて、お客様が欲しいものを用意すればいいからです。

 もっと極論を言ってしまえば、お客様さえいればお金がなくてもビジネスを始めることは簡単です。売ってから商品を仕入ればいいわけですから。

あなたはお客様に恋をして相手を知り尽くしているか?

 つまり、貴方がビジネスの中で一番頭を使って考えるべきことは、『顧客』です。

 なぜお客様が貴方の商品を欲しいと思っているのか、本当の理由を貴方は知っているでしょうか?

 お客様が抱えている「思い込み・先入観」を貴方は知っているでしょうか?

 お客様が貴方の商品に対して抱く不満を理解しているでしょうか?

 僕達が恋すべきは商品ではなくお客様です。

 実際、恋をした時で考えてみてください。好きになった相手の事は全部知りたいと思いますよね。

 同じように『お客様に恋してほしい』んです。

 お客様は商品を差し出したらお金をくれる機械ではないのだから、一人の人間としてしっかりとお客様について理解しましょう。

 クリスマス間近です。街行く恋人たちは相手が何を欲しがっているのか真剣に考えています。

 ビジネスでやるのも同じこと。簡単に考えれば良いと思いません?


 
(執筆者:高橋 伸夫)

2018年12月19日

顧客 商品

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。