節約 社長
有馬 樹里
有馬 樹里恋愛・婚活スタイリスト

ホームページ

デートの最中で「会話が続かない」と感じた際の必殺テクニック

デートの最中で「会話が続かない」と感じた際の必殺テクニック
 好意を抱く女性と会って間もない頃、相手のパーソナリティも深く知らない場合、沈黙が怖くなってしまい、つい爆裂トークに走ってしまうことがあります。しかし、女性は爆裂トークに対しては冷めた目で見ていたり、その内容に興味を持たないことがほとんど。もしも会話に困ったら、どうすれば良いのでしょうか?

沈黙が怖いから爆裂トーク→女性が冷める

 今日は、『女性をドキッとさせるモテ男の極秘テク』というお話をさせて頂きたいと思います。

 好意を抱く女性と会話している時、特に出会って間もない頃って、「沈黙が怖い」とか「もう何喋っていいか分かんない」ってパニックになっちゃう男性が多いようです。

 沈黙が怖いから、話題をとにかくつないで、逆に爆裂トークになっちゃったりする人もいらっしゃるみたいです。

 でも、爆裂トークをされた女性の側から見ると、話の間は持ったかもしれないけど、そんなに楽しいと思ったりしない時が多いようです。

沈黙が怖いなら「一瞬の沈黙」で間合いを取る

 まだ相手との会話が掴みにくく「沈黙が怖い」時に、男性はどう対応したら良いのか?

 その答えは、少しだけ黙ってみることです。

 もちろん、ずっと黙ってちゃ駄目ですけれど、会話の中に『間合い』を取ってみましょう。

 実は、「沈黙は金なり」ということわざにもあるように、会話の中で少し黙って相手の目を見るなどの行為は、沈黙する側の人間が自信を持った人である、余裕を持っていると、相手に感じさせる心理効果があります。

 少しの沈黙に女性は、「えっ」って思うわけですよね。

 相手の興味がありそうな話題を掘り下げて会話の緒(いとぐち)を探りながら、無理に喋ってしまいそうな時は、逆にふと黙ってみてください。

 そうするだけで、「えっなんだろう?」「この人には余裕を感じるな」と女性が惹きつけられるんですよね、一瞬の間っていうのは。

 やばい、会話が続かなそう…と会話の中で感じた際は、自然な笑顔で一瞬黙ってみましょう。


 

2018年10月24日

男女 恋愛 コミュニケーション 沈黙 間合い 会話

有馬 樹里
有馬 樹里恋愛・婚活スタイリスト

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。