節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

お客様を振り向かせるビジネスに必ず散りばめられてる5つのメッセージ

お客様を振り向かせるビジネスに必ず散りばめられてる5つのメッセージ
 『自分のビジネスをうまく表現する事が出来ない』『自分の商品やサービスをうまく伝える事が出来ない』あなたはこんな悩みを抱えていませんか?セルフブランディングがますます重要なこれから、この悩みを解決せずビジネスを成功させることはできません。そこで本稿は、お客様を振り向かせるビジネスに必ず散りばめられてる5つのメッセージをご紹介します。

あなたは自分のビジネスをうまく表現できていますか?

 昨日、メルマガの読者の方からこんな質問を頂きました。

 『自分のビジネスをうまく表現する事が出来ません。何かコツはあるでしょうか?』

 シンプルな質問ですけども、奥が深いというか、これ誰でも恐らく経験があるんじゃないかなと思います。

 今は”自分のメディア”を簡単に持てる時代ですよね。

 そして、この”自分のメディア”の使い方が、マーケティングにおいてはとっても重要な要素を占めてるわけですよね。

 ”メディア”というのは情報を伝えるツールだから、主役になってるのはやっぱり情報・メッセージです。

 「文章が苦手です」なんていうのは言っていられない時代。

 そうすると、この方のように『自分のビジネスをうまく表現する事が出来ない』『自分の商品やサービスをうまく伝える事が出来ない』こんな悩みにぶち当たるわけですよね。

「5W1H」より「(for whom)誰の為の」で表現する

 でね、この質問。

 試しに国語の先生あたりに聞いてみると、十中八九ですね、このフレームワークを教えてくれるんじゃないかななんて思います。

 そのフレームワークっていうのは、「5W1Hを使って整理してみて下さい」ってヤツですね。

  「いつ(When)、どこで(Where)、なにを(What)、だれが(Who)、なぜ(Why)、どのように(How)

 この六つの要素を使って、情報伝達する内容をまとめましょうねっていうノウハウですよね。

 でもこれ、マーケティングやコピーライティングでは、ちょっとこれじゃあ駄目なんですよね。

 マーケティングやコピーライティング、自分の商品や自分のビジネスを表現するに当たって、最も重要なのが、この『5W1H』の中に入ってないんですよ。

 最も重要なもの。それは何かというと、「(for whom)誰の為の」です。

 自分のビジネス・自分の商品は『誰の為の』ビジネスなのか、商品なのか、サービスなのか。

 実はマーケティングやセールスメッセージ・コピーライティングっていうのは、ここからなんですよね。

 残念ながら『5W1H』には、「(for whom)誰の為の」が入ってないんです。

「(for whom)誰の為の」でビジネスを表現するための5つの問い

 そこで、『自分のビジネスや商品・サービスをうまく表現出来ない』という方は、以下5つの問いに答えることで、自分のビジネスやサービスの表現方法を見つけてもらえればと思います。

1:誰の為のビジネスなのか?誰の為のビジネスではないのか?

 これ、ターゲットの選別って言います。

 人というのは自分の為に向けられた情報以外っていうのは、これだけ情報が氾濫してるから、脳というのが勝手に「あっ、これ貴方のための情報じゃないよ」って感じると、もう見えなくしちゃうんですよね。

 人間の脳の処理能力には限界があるわけだから、脳は自分を守る為に必要な情報しか見えないような機能を持っているんですよね。

 ということは、『誰の為』というのが表現されてないと、お客さんは読む気にすらならないわけですよね。

 『誰の為のビジネスなのか』『誰の為のビジネスではないのか』このターゲットの選別というのは、ビジネスをやってく上で、マーケティングを展開していく上で、コピーライティングの上で、最も重要な要素です。

 これがシンプルに明確にわかりやすく、ちゃんと伝える事が出来ているかどうかをアウトプットしてみてください。

2:どんな価値を、どんな結果を提供するビジネスなのか?

 二つ目は、『どんな価値を、どんな結果を提供するビジネスなのか』です。

 貴方の商品やサービスを利用すると、どんな結果が得られるのか。お客さんは、何が出来るようになるでしょう?どんな気持ちになれるでしょう?

 お客さんは、この結果を手にする為に財布を開くわけですからね。

3:どんな方法で、その結果を提供しているんですか?

 三つ目は『どんな方法で、その結果を提供しているんですか?』です。

 人というのは、何か自分に対するメリットや自分に対する何かを、変化を求められると必ず『何で?』って考えます。

 『何で?』って、自然にこれ出てくるわけですよ。だからちゃんと根拠・理由を伝えなきゃいけないわけですよね。

4:何故、貴方から買わなければいけないのか?

 四つ目は『何故、貴方から買わなければいけないのか』です。

 世の中には似たような商品が沢山あります。

 その中で、なぜわざわざ貴方を選ばなくてはいけないのかが伝わらないと、選んでくれないわけじゃないですか。

5:何故、今買わなければいけないのか?

 五つ目は、『何故、今買わなければいけないのか』です。

 実は僕達が発信するメッセージは、ブログであれFacebookであれTwitterであれ、セールスレターであれ集客チラシであれ、何であれ、全ては最終的に『売る』ことを目的にしてます。

 つまり、常に僕達が発信する情報は、行動の変化を求めることを目的としていますよね。

 今やってもらわなかったら、もうそのチャンスは来ないと思ってください。だって「あとから買います」って、僕達もよくやるじゃないですか。

 Amazonあたりでいって、「これいいな」っていって、カートの中に保存してた商品。

 実はこのカートの中に保存した商品って、そこから再び買ってもらえる確立がめちゃめちゃ低いんですって。

5つの表現の主語を『貴方』に変えればお客さんは振り向く

 今、『うまく表現できない』っていう所を何を表現するのかっていうのをこの五つでっていうんだけども、次は『どのように表現するか』っていう事を一つだけ言っときたいと思います。

 それは、主語を『貴方』、つまり、お客様にして表現することですね。

 たとえば、自分のビジネスを表現する時に多くの人は『私達は』とか『この商品は』とか『このサービスは』。

 要するに『売り手は』っていうことを言ってるわけですね。

 でも、お客さんって売り手のことなんか全然興味ないですよね。

 お客様にして伝えるっていう事なんですよね。

 この主語をお客様にして伝える方法っていうのはあるんで、これはまたどっかの機会でお伝えしたいなとは思うけれども。


 

2018年8月1日

サービス 商品 表現 ビジネス

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。