節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

「一生懸命病」で利益を失う経営者 ブラックベリーの凋落に学ぶ、そのリスク

「一生懸命病」で利益を失う経営者 ブラックベリーの凋落に学ぶ、そのリスク
 一生懸命であることは成果を出すための必要条件であり手段です。当たり前に必要なものであり、なくてはならぬマインドです。ただし、ビジネスを成功させるには、これを上回る絶対条件を僕たちは満たさねばなりません。それは、「正しい方向で一生懸命頑張ること」です。たとえば、スマホの元祖ブラックベリーの凋落に、一生懸命だけではいけない理由を見出すことができます。

多くの社長がかかる病の名は「一生懸命病」

 今日のテーマは、「ある社長の病」です。

 僕が、この言葉を自分が口にした時、ちょっとした嫌悪感を自分に覚えることがあります。

 それは「一生懸命頑張っています」です。

 そう思うようになったきっかけは30年ほど前。広告代理店に勤めていた頃の苦い思い出にあります。

 僕はまだ若くて血気盛ん。なまいきざかりで、でも現場ではちょっと仕事のできる、エースみたいなポジションにいました。

 僕はあるプロジェクトのリーダーをやっていたのですが、部下が致命的なクレームを起こしました。

 努めて冷静に(笑)、ことを収めようとはしていたのですが、部下のある一言に感情のスイッチが入ってしまいました。

 「なんで僕が悪いんですか?こんな一生懸命頑張っているのに。」

 そんな部下に対して僕は、「お前なんか一生懸命やらなくたって良いんだよ!」と、雨もあられもなくブチ切れてしまったのです。

 今思い返しても自分が本当に恥ずかしい。物凄く後悔している一言を、その時僕は部下に発してしまいました。

 僕がやるべきだったのは、「間違えて頑張っていることをいち早く見つけて、即座に成果が出る方向に修正すること」でした。

一生懸命は手段であり「正しい方向」で一生懸命頑張らねば意味が無い

 一生懸命。

 これは何事をやるにあたっても、成果を出すためには必要条件です。

 ただし、ビジネスを成功させるには、これを上回る絶対条件を僕たちは満たさねばなりません。それは、「正しい方向で一生懸命頑張ること」です。

 正しい方向で一生懸命頑張ること、実は、これが多くの人にとって困難を伴うことです。

 間違えた方向で一生懸命頑張っているのに、それに気がついていながら止められない。多くの社長さんが、「一生懸命病」という病にかかっています。

 一生懸命頑張ることって、実は凄く気持ちいい。一生懸命頑張れば充実感があります。達成感も感じるから一日の終わりのビールも美味しい。

 でも、一生懸命というのは単なる手段であって、成果を得ることができなければ、はっきり言って、その一生懸命は無駄です。

 社員に安い給料しか払えないのに一生懸命頑張っている社長よりも、毎日ゴルフ三昧だけど、社員に高い給料を払えている社長のほうが、正しい方向で頑張っているわけです。社員にとってみたら、ずっとありがたい。

 間違ったことをやって一生懸命頑張るくらいなら、鼻くそほじってテレビでも見ていたほうが、ネットサーフィンしていたほうが、まだコストがかからない。

 僕たちビジネスオーナーは、「一生懸命やっている」ということを、今の結果に対する言い訳としてはいけません。

「正しい方向で一生懸命頑張る」の定義〜ブラックベリーの失敗

 では、「正しい方向で一生懸命頑張る」の定義についても考えてみましょう。

 「正しい方向で頑張る」というのは、「今やるべきこと、やってはいけないことを明確に区分けできていて、最大の成果が見込める方向に動くこと」です。

 たとえば、少し古い例かもしれないですけれども、ブラックベリーという携帯電話を開発していたRIMという会社を例にあげて考えてみましょう。

節約社長

 彼らは2000年代後半に、最先端の機能を兼ね備えた携帯電話、いわゆるスマホの元祖を作り出し、世の中に大きな衝撃を与えていました。

 全盛期となる2010年第1四半期には、スマートフォンのシェアでノキアに次ぐ世界2位にまで登り詰めています。

 ところが、彼らはその後、正しい方向では頑張らなかった。2000年代後半にスマホ市場シェア50〜70%を独占していたにも関わらず、2014年には1%以下にまで落としてしまいます。

 なぜ?

 アイフォンの登場により、スマホユーザーがタッチスクリーンを求めるようになったにも関わらず、彼らは相変わらず物理キーボードの機能向上にこだわって、一生懸命な開発を続けたからです。

 初期型アイフォンのバッテリー寿命の短さ、セキュリティの脆弱性、キーボードが無いことをブラックベリーは批判し、アップルからシェアを奪い返すために、大規模なキャッシュバックキャンペーンまで行いました。

 これらは全て間違った努力でした。アップルが狙っていたのは、タッチスクリーンが生み出す経済圏です。

節約社長

 少なくともアイフォンの登場した2007年当時、「今やるべき正しい一生懸命」は、タッチスクリーン携帯電話への移行、スマホが産んだ巨大な経済圏へ食い込むことでした。

 一方で、他社、たとえばサムソンは「今やるべきこと」に躊躇なく、タッチスクリーン機能に多額の開発費用とマーケティング費用を投じ、スマホ市場で顧客を獲得していき、収益を拡大させることに成功しました。

 あなたは、ブラックベリーのように、今やってはいけないことに一生懸命に時間を費やして、「一生懸命頑張っている」と思っていませんか?

 今一度、自分が「一生懸命病」に罹っていないか、チェックしてみてくださいね。


 


Photo credit: Janitors on VisualHunt / CC BY

Photo on VisualHunt

2018年5月22日

経営者 ビジネス Apple サムソン ブラックベリー 正しい方向 頑張る 一生懸命

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。