節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

ご存知ですか?潰れそうな会社が最後に実践する「ホープ・マーケティング」

ご存知ですか?潰れそうな会社が最後に実践する「ホープ・マーケティング」
 人は時に明らかに不合理なことを平気でやったりします。たとえば、自らのビジネスが目の前で沈もうとしているのに「何もしていない」人があまりにも多くいます。ある調査によると、廃業してしまったビジネスの約7割が、潰れてしまうまで何の手立ても講じていなかったそうです。潰れそうな会社が最後に実践する「ホープ・マーケティング」にハマらぬよう、私達にはひたすら行動が求められます。

何の問題も存在しない時=ビジネスを辞めた時

 人は時に明らかに不合理なことを平気でやったりします。

 これは小さなビジネスの不都合な真実。悲しき実態です。

 とても残念なことですが、ビジネスを行なっている限り、僕たちの目の前から「問題」がなくなることはありません。

 順風満帆、、目の前には何の不安も存在しない。これは幻想です。こんなことはありえない。

 常に目の前には課題があり、不安があり、ストレスがある。

 もし、何の問題も存在しない時が来たとしたら、それは、ビジネスを辞めてしまった時でしょう。

廃業ビジネスの7割は潰れる前に何の手立ても打たなかった

 僕はこれまで、何千人というビジネスオーナーが抱える問題の相談に乗って来ました。

 30年間、マーケティングを通じて沢山のビジネスの行く末を見て来ました。

 すると問題の「本質」が見えて来ます。

 最も多い問題の原因。

 これ、何だかお分かりですか?

 それは、「何もしていない」ということです。

 ビジネスが座礁に乗り上げているのに、ビジネスが目の前で沈もうとしているのに「何もしていない」。

 事実、ある調査によると、廃業してしまったビジネスの約7割が、潰れてしまうまで何の手立ても講じていなかったそうです。

 では、何をしていたのでしょうか?

 「今日もまたお客様が来なかった・・・・」

 こうつぶやいては、ただただじっと待っていただけ。事態が改善することを願ってただただ祈っていただけ。

  これ、あまりにも悲しいことだと思いませんか?

靴と2本の足さえあれば僕たちはいつだって動ける

 たとえお金がなくたって出来ることはあるはずです。靴と2本の足さえあれば営業することができます。

 たとえ数百枚だったとしても手作りチラシを配ることができる。

 目の前に電話やメールがあれば既存顧客にセールスすることだってできる。

 ブログを書き始めようと思ったら、今すぐに始めることができる。

 でも、「何もしていない」なら何の変化もやって来ない。

 待っているだけでは、頭を抱えて唸っているだけでは何も変わらない。これまでと同じ状態が続くだけ。

 これは小学生だってわかることですよね?

 にも関わらず、目の前の問題や不安やストレスは時に、人の体を縛り付けてしまいます。

 硬直させてしまうのですね。

何もしないのは史上最悪の「ホープ・マーケティング」

 ただただじっと変化を待っている。

 これ「ホープ・マーケティング」と呼ばれる、言わずと知れた史上最悪のマーケティングです。

 あなたの目の前には今、どんな問題が存在していますか?

 どんな不安やストレスを抱えているでしょうか?

 動きましょう。何か事を起こしましょう。本来、不安やストレスはビジネスを大きく動かすドライバーなのです。

 一歩足を踏み出せば見えるのは違う景色です。

 「何もしていない」この史上最低の選択だけはしないでくださいね。
 
 さあ、あなたは今日、何をやりますか?

2018年5月15日

倒産寸前 倒産 お金 経営 マーケティング

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。