節約 社長
有馬 樹里
有馬 樹里恋愛・婚活スタイリスト

ホームページ

当たり前だけど実践は難しい モテたかったら「◯◯なイメージ」を女性に抱かせよう

当たり前だけど実践は難しい モテたかったら「◯◯なイメージ」を女性に抱かせよう
 誰も最初から自分の深い部分、本当の中身など見てくれません。だから、自分が他者に与える印象(イメージ)は、モテる・モテないにとても大きく影響します。では、女性に対して、どんなイメージの男性がモテるのでしょうか?答えは当たり前なものですが、意外と実践が難しいものでした。JURIさんの解説です。

相手の抱くイメージでモテる・モテないは決まる

 今日のテーマは、「こんなイメージを抱かれている男性はモテる!」です。

 人は主観で物事を判断します。特に異性を恋愛対象とするか・しないか?のスタート段階では、特にそうですよね。

 だから、自分が他者に与える印象(イメージ)は、モテる・モテないにとても大きく影響します。

 今日お伝えする「モテる男性が他人に与えているイメージ」は、きっと多くの人にとって、「あぁ、なんだ。それかよ。」って言われるかもしれません。

 でも、多くの人が出来ていないことだと思いますので、ぜひ共有したいと思います。

明るいイメージを抱かせる男性が女性にモテる理由

 では、どんなイメージの男性がモテるかというと、「明るいイメージ」の男性です。

 なぜ、明るいイメージの男性がモテるかというと、どんなに時代が移っていっても、女性は男性に基本的に頼りたいと本能的に思っています。

 明るい男性に対して女性は、「何かあった時でも、こんな明るい人なら一緒に乗り越えられる。」と、未来を描けるんですね。

 たとえば、「あいつ、俺よりテキトーなくせに、なんで女性からはモテるんだ!(怒)」という、あなたから見るとチャラい男性っていませんか?

 これも実は同じことで、テキトーなチャラ男に見える人って、だいたい底抜けに明るいイメージがありますよね。

 明るい人で一緒にいると楽しい。一緒にいるとなんか乗り越えられそう。

 じゃあ、チャラ男と一緒にいて、その先がどうなるかは全く別の話なのですが(泣)、女性はチャラ男に対して実は希望とか頼り甲斐をどこかで感じるわけです。

 要は明るいイメージが錯覚を女性に起こすんです。

相手に抱かせるイメージは自分で形作れる!

 じゃあ、「自分は明るくない」「根暗だ」って方は、ここで悲観して、意中の女性にアタックできない、人生お先真っ暗か?ということになると、それはありません。

 要は明るいイメージを持ってもらえればよいのですから、最初は「明るく振る舞う」ことをつとめて意識すればよいのです。

 役者になりきったつもりで、「へぇ!」「凄いじゃん!」「偉いね。」って、明るく相槌を打つとか、そういうところから始めれば大丈夫です。


 

2018年5月15日

明るい イメージ 恋愛 異性 男性 女性 モテナイ モテる

有馬 樹里
有馬 樹里恋愛・婚活スタイリスト

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。