節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

ゴールデンウィークぼけ?仕事やりたくねー!マーケティングの「五月病」と闘え

ゴールデンウィークぼけ?仕事やりたくねー!マーケティングの「五月病」と闘え
 「このマーケティング活動だ!これをやればうちは強くなる!」こんなふうにマーケティングと出会った瞬間をあなたは覚えていますか?そして、継続してそれを続けていますか?多くの人は新しくマーケティングに挑んでみたは良いものの、ツールや人のせいにして、十中八九は成果を出す前に止めていきます。マーケティング活動でも起こりうる「五月病」と闘うには、どうしたら良いのでしょうか?

出逢った瞬間は感動するのに、すぐに止めてしまうマーケティング活動

 組織で動いている大きなビジネスと違い、僕たちのような小さなビジネスではビジネスオーナーの「心」の状態が、そのまま「結果」に直結する場合が多いものです。

 マーケティングの「五月病」は、あなたの会社の業績に直結します。

 マーケティングと出会った瞬間をあなたは覚えていますか?

 たとえば、コピーライティングと出逢い、「おー!これは!」刺激を受けて猛然と取り組みを始める。

 知れば知るほど新しい可能性に心が踊る。興奮する。

 ところが…猛然とした取り組みが、すぐには「結果」に転換されない。

 次第に刺激は疲労感に変わり、可能性は不安に変わり、やがて取り組みを辞めてしまう。

 結果、元の木阿弥。以前と何一つ変わらないビジネス。

 これ、悲しいですよね?

 でも、多くの人が新しくマーケティングに挑んでみたは良いものの、十中八九は成果を出す前に止めていきます。

マーケティングの五月病に打ち勝つには「行動」にフォーカスするしかない

 人は、もともと「変化」を嫌う動物です。何かと理由をつけて「現在」を守ろうとするのですね。

 僕たちが何かを「変化」させようとしたら、この動物としての本性に打ち勝つ必要があるわけです。

 マーケティングはマジックではありません。

 マーケティングとは売りやすい環境を作る活動のこと。つまり、「変化」させるべきは「環境」です。

 「環境」は1日2日で変わるものではありませんよね?「変化」には、一定の時間軸が必要なのです。

 マーケティングの「五月病」に打ち勝つ方法。

 それは、たった一つしかありません。

 「結果」にフォーカスするのではなく「行動」にフォーカスし、行動を継続させることです。

あなたの行動が半年後のビジネスを決める

 タネから新しい花を咲かせるうえで大切なことは何でしょうか?

 そう。毎日、欠かさず水をやること。

 「毎日、◯◯◯をやること」

 スタートアップでフォーカスすべきは「結果」ではなく「行動」です。

  「今日のあなたの行動が半年後のビジネスを決める」

 神田昌典さんのこの言葉が全てを物語っていますね。

 今日は月曜日。新しい1週間の始まりです。

 あなたは、半年後のビジネスのために今日、何をやりますか?

 マーケティングの「五月病」に絶対に負けないようにしてくださいね。

 それではまた!

2018年5月9日

マーケティング 5月病 スタートアップ 環境 行動 コピーライティング

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。