節約 社長
有馬 樹里
有馬 樹里恋愛・婚活スタイリスト

ホームページ

コミュ障で女性と会話しても全然続かないのだが…一体、俺の何が悪い?!

コミュ障で女性と会話しても全然続かないのだが…一体、俺の何が悪い?!
 女性と会話が苦手な男性の皆さん!キッツいかもしれませんが、顔がブサイクとか、女性と接点がもともと少ないとか、そんなことよりもっと気にすべきことがあります。女性と会話が続くか続かないかは、会話の主体を誰にしているか?で大きく変わります。あなたが彼女に提供しているテーマの主体は誰ですか?

コミュ障で女性と何を話せば良いかわからない

 今日は、「モテるのは簡単!苦手な会話を克服する方法」というテーマでお届けいたします。

 女性との会話が苦手、女性と何を話したら良いのかわからない、女性に話かけてみたけれどスベってる気しかしない…

 こんな悩みを抱えていらっしゃる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 男性同士だとそんなに会話に困らないのに、女性(特に意中の女性)と一緒にいると会話に詰まる。

 でも大丈夫。女性との会話が苦手な人には苦手な理由があります。苦手な理由がわかれば克服することも可能です。

女性と会話できない人は気づけば話題がいつも「僕」

 まず、苦手な会話を克服する方法は、「相手のことをとにかく好きになること」です。

 「いやいやいやいや、相手のことを好きだから会話したいのに、いざやってみると上手くできないんですよ!」という反論もあるかと思います。

 これが微妙に違って、反論されている方は「相手に自分のことを好きになってもらいたい」という思いのほうが強いんです。

 こういう方を客観的に見ると自分の話ばかりしてしまう傾向があります。「僕は〜」「俺は〜」「自分は〜」という形で、会話の始点がいつも自分なんです。

 したがって、会話の矢印が自分ばかりに向っていて、自分に質問してもらいたがっている会話になっています。

  僕の趣味は〜…仕事は〜…生まれは〜…

 まだ、あなたのことを何も知らない、興味もさほど持っていない女性にとって、これほど苦痛な会話はありません。

 「自分のことを好きになってもらいたい」というアピールが、かえって女性の口を閉ざしてしまいます。

 もし女性との会話が苦手だと思うなら、それは、あなたが単純に女性の口を閉ざしてしまっているだけかもしれません。

相手を好きになって会話の主体を「あなた」に変えよ!

 ところが相手のことを好きになると、
  • この人って一体どんなことが好きなんだろう?
  • この人どんな趣味があるんだろう?
  • 今、どんなことを考えているのかな?
  • 〜についてどう感じるのだろう?
 ということが気になります。

 こうなると会話が「あなたは〜したら嬉しい?」「あなたはどんな〜が好き?」「あなたは〜についてどう思う?」と、会話の始点がいつも相手になります。

 人は自分に興味を持ってくれる他者、自分に好意を抱いてくれる人に、自分自身も答えたいと考えます。

 これを心理学では「好意の返報性」と言います。

 必殺技は、最初の切り口で相手を褒めるところからスタートすれば大丈夫です。

 「◯さん、とても〜(褒める)ですね!どうしてそんなに〜なんですか??めっちゃ聞きたいです」ここからでOKです(笑)。

 恋愛ではもちろん、職場の女性と良好な関係を築き上げたいと思っていらっしゃるなら、自分の話をするよりも、相手に興味を持って質問してあげると良いですよ。


 

2018年4月3日

コミュ障 女性と会話 自分視点 好意の返報性

有馬 樹里
有馬 樹里恋愛・婚活スタイリスト

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。