節約 社長
高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

イチローとバットの関係で考える〜マーケティング活動における最も愚かな間違い

イチローとバットの関係で考える〜マーケティング活動における最も愚かな間違い
 マーケティング活動における最も愚かな間違い、それは「道具が全てを解決してくれる」と考えることです。とかく売上が伸び悩む時期に私達は、◯◯集客術というものに目を惹かれがちになります。ところが、売上が伸び悩んでいる原因とツールに親和性がなければ、やったところで何も意味がありません。イチローのバットを持ったからといって、イチローになれないのと同じ話です。

売上落ちたからとりあえず〜を始めてみた

 今日のテーマは、「マーケティング最も愚かな間違い」です。

 今日のテーマを決めた理由は、こんな問い合わせをもらったことがきっかけです。

  「売上が落ちてきたので、とりあえずニュースレターをやってみました。でも、全く反応が取れません。やっぱりニュースレターはダメですね。」

 うーーーん。はい。

 意見をいただいた方には失礼なのですが、いただいた方の言葉には間違えがあります。それも幾つも。

売上が落ちたら最初にやることは原因を突き詰めること

 1つ目の間違えは、「売上が落ちてきたので、とりあえず〜をやってみた。」という言葉に現れています。

 売上が落ちてきたなら、まずは売上が落ちている原因や過程を突き詰めることから始める必要があります。

 売上が落ちたのは結果であって、売上が落ちたのには必ず原因があります。原因を踏まえたうえで、対策を選んで、打たなければなりません。

 客数が落ちたから?客単価が落ちたから?リピート率が落ちたから?社内の人間関係で風通しが悪いから?それとも…ホスピタリティが低下したから??

 原因を踏まえず行う対処療法には何の効果もありません。

 たとえば、あなたが具合が悪くなって病院に行ったとしましょう。

 ところが、医者が診断もしないで、いきなりメスを握ったら、いきなり薬を処方したら、僕たちはどう感じるでしょうか?

  ふざけんなよ、この野郎!

 こう感じるのではないでしょうか?

 ところがビジネスの世界では当たり前のように多くの人が、原因を特定せずに改善策や打開策を選んで実行し、「うーん、今回もダメだった」とやっているわけです。

 だから、「売上が落ちてきたので、とりあえずニュースレターをやってみた。」は大きな間違えです。

マーケティング活動における最も愚かな間違い「道具が全てを解決してくれる」

 2つ目の間違え、これが今日のメインテーマです。

  「やっぱりニュースレターはダメですね。」

 ここには「道具が全てを解決してくれる」という、1つの大きな誤解があります。

 この誤解は、マーケティング活動における最も愚かな間違いです。

 ニュースレター、Facebook、YouTube、自社ホームページ、オウンドメディア、PPC広告はマーケティングではありません。

 これらは全て、マーケティングを実施するためのツール(道具)に過ぎません。道具が全てを解決してくれる?そんな馬鹿なことはありません。

 もし道具を使うことで問題が解決するなら、世の中はひっくり返ります。

 イチロー選手と同じバットを使えば、皆が4割バッターになれるのでしょうか?

 ミシュランシェフと同じ包丁を握れば、同じような料理を作ることができるようになるでしょうか?

 そんなことはあり得ません。

 でも、僕たちはつい、ビジネスの世界では「道具が全てを解決してくれる」と考えがちな状態に陥ります。

 だから、ツールを使う集客で儲かる人がいるわけです。「LINE@集客術」「必殺!インスタグラム集客法」みたいなものの人気があるわけです。

 原因を追求した結果、必要なツールだと感じたうえで、そのツールを使った集客術を学び、実践しようとするなら、それは良いこと。

 ところが、ほとんどの人は、「みんながやっているから」「トレンドだし」「何かやらないと」という理由で、ツールを使おうとします。

 だから僕たちは、「道具が全てを解決してくれるなんてない」という現実を知る必要があります。

最初から大当たりしてあなたを儲けさせるツールなどない
次のページへ >>

2018年3月20日

バット イチロー PPC広告 オウンドメディア 自社ホームページ YouTube Facebook ニュースレター ツール マーケティング

高橋 伸夫
高橋 伸夫ブリッジワーク

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。