節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

ホリエモンさんは起業なんて簡単って言うけれど…会社続けるのはやっぱり難しい!

ホリエモンさんは起業なんて簡単って言うけれど…会社続けるのはやっぱり難しい!
 AIの台頭による仕事の自動化、雇用情勢を巡る法律の変更、それに伴う働き方の多様化など様々な要因が重なり、今年の春は起業ブームが起きそうです。「起業なんて簡単」とホリエモンさんをはじめ、起業家の多くは言いますが、10年で9割の会社が潰れるのも現実です。経営の勉強をちっともしない、おまけに独自の戦略論を持たない、たとえば資格バカみたいな普通の人が会社を続けるのは困難です。

普通の人は基本的に起業にあまり向いていない

 2018年も冬が終わって、春が来ましたね。今年4月くらいから、また起業ブームが来るな…と感じております。

 今日は「起業できないは恥ではない」というテーマでお話しします。

 周りが起業しちゃうから自分も焦っちゃう、っていう気持ちもあるかもしれませんけれど…

 あのね、普通の人っていうのは基本的に、基本的にですよ?基本的に起業とかは向いていないんですよ。

 というのも、もともと皆さんお金を稼ぐために働いているっていう人が多いじゃないですか。

 私もそうで、お金が無かったので一生懸命働きまくったんですけれども。

 お金を手に入れるには、「稼げるところで働く」要するに勤め人ですね。勤め人が1番確実にお金を稼げるわけですよ。

 その時に稼げる所っていうのはもっと簡単に言うと、「儲かっている会社」とか「儲かる仕組みを持っている社長さん」とか、そういう所で働くのが最もお金が稼ぎやすいです。

 ですからお金を稼ぐのが目的だったら起業開業っていうのは、あんまり向いてないんじゃないかな…って思うんですね。

資格で足場固めして起業⇒ナンセンスな思考

 普通の人の思考というのは、資格を取って更に良い条件の会社さんとかに転職するとか、あるいは一国一城の主になりたいから資格をとって起業するっていうね。

 こういう思考パターンの人が多いわけで、これがいわゆる多数派の人の常識的な考えなんです。

 私はもう17年位、社長さんとしか付き合わなくなってから、これが如何に多数派の考えで、そして如何に多数派の考え方が起業家に向いてないかっていうのが分かりました(笑)。

 ハッキリこの傾向がある「え!チョット待って…自分まさにそうなんだけど!」という方は、向き・不向きでいうと、あんまり起業に向いてません。

 実際、私の妻は税理士法人の代表税理士っていうのをやっていますけれど、その妻もハッキリと「自分に商売の才能があったら、税理士なんかになってません」て言っています(笑)。

 つまりね、税理士とかの資格を取ってしまうと、その業務でしかできないんですよ。

 ところが商売っていうのはね、色んなことができるんですよ。

商売人は困ったを解決して自由に仕事がしたい

 色んなことが自由にできるっていうのは、とにかく人が困っていたら、その困った!を解決してあげる商品・サービスを提供して、そして相手からお金をいただくっていうふうなことだけを考えれば良いわけです。

 別に「資格」とかにとらわれて、役所でがんじがらめになって(笑)、色んな制約を受けながら自由にできないっていうことが無いんですよ。

 普通の商売っていうのは。

 本当に困っている人を助けて、そして相手からお金をいただけるっていうね、こんだけの話なんですね。

 ですから、商売人の考えからすると、どうして資格なんかにとらわれて、やりたくもない仕事をやったりとかね、本当にお客様に別に喜んでもらってもいないようなことやってんのかな〜、って不思議ちゃんなわけですよ。

 ところが、本人たちはね、やっぱりそれが自分たちが選んだ道で、「資格」が無いと不安で不安でしかたないって。

 そして資格を取ったら、たまたまですけれど、うちの奥さんの場合は税理士ですから、税金の申告の独占業務っていうのを与えられています。

 税金の申告書を書いたり、今は全部パソコン使いますけどね、そういう業務ができるっていうだけであって、そこに限られているんですよ。独占業務って。

 ところが商売人っていうのは、とにかく自由に商売ができることが、楽しくてしょうがない。

 困ったを解決してお金をもらうのが楽しくてしょうがない!っていう、こっち側で物事を考える人は起業家の方に向いています。

けれども…知っとくこと知らないと会社は簡単に潰れる

 会社時代にそこそこ仕事してますと、独立開業したときも半年くらいはご祝儀仕事っていうのがあって、店なんかでもご祝儀来店っていうのが結構あるんですね。

 ところが営業の基本としまして、私自身もそうですが、半年後…半年後!って考えながら営業しています。

 もう常に「半年かかる」。結果とか成果が出るのに半年かかるから、開業した瞬間から次の営業、次の営業…ってやっておかなきゃいけない。

 こういうのも、知っているか・知っていないかで全然違います。

 調子に乗って、「いい感じじゃん!」って喜んでいたら、ご祝儀の1期目が終わるか終わらないかのうちに、急にガクッと新規の仕事が減るのでね。

 先に仕事を用意しておかなきゃいけないんですよ。

 あとは、これも怖いです。「顧客償却」です。

 これも知っているか・知っていないかで、全然違います。

 顧客償却の考え方っていうのは、吉岡憲章さんっていう経営コンサルタントの方の意見なんですけれども、皆さんはご存知ですか?

 私もこれ実際にあるなぁ〜って、その怖さに気がついたのですが、年に2割!何にもしなかったら売上げが減ってしまうし、受注で言ったら2割受注が減って前年の8割しか受注が無い。

 これはね〜、本当に怖いです!

 ですから常に新規のお客様も増やしていかないといけないし、既存のお客様にもより多く買っていってもらわないといけない。

 そうしないと、この顧客償却っていうのは必ず起こるんです。

 業種によっても違います。

 堅い堅いと言われている会計事務所でも、どんなに少なくても、100社の顧客先があったら顧客償却は年に5社くらい起こります。

 堅い商売でもそのくらい起こるんだから、常に新しいお客様を取っていかないといけない。

 普通の商売だったら、より多くの既存のお客様に、より多く買っていただこうと思ったら、ほとんどがトップ営業ですよ。

 要するにボスがトップ営業で既存のお客様に“より多く”買っていただく。

 こういうことを知っているか・知っていないかです。

 本当にね、「うちは常連さんだけでやっていけるから〜」なんて馬鹿なこと言ってっから、会社を簡単に潰すんだって話なんです(笑)。

ホリエモンは起業なんて簡単と言ってるけれど、続けるのはやっぱり難しい

 怖いことをもう1個話しましょう。

 これは戦略論に近いところがあるんですが、どの場所(どこ)でどんな商売を誰が始めるか?っていうのがしっかりしていないと、そもそも始めた瞬間に「アウト!」って負けが決まるようなことがあるんですよ。
  • どこ ⇒まずは競争相手がなかなかいないところ
  • どんな商売 ⇒需要がある商売
 ってところはもちろんなんですが、やはり「誰が始めるか」っていうのが1番大きい!

 自分がやるにしても、それから自分の従業員さんをリーダーにしてやらせるにしても、この「誰が」で負けにくいのは、とにかく「変える人間・変えていく人間」です。

 ですから、この負けにくい人間をリーダーとして据える方が安全です。

 私がいつも「社長の引退の時期」として言っているのが、「変えることができなくなったら、もう社長は引退した方が良い」と。

 それくらい、変え続けて行くことっていうのはとても大事なんですよ。

 ですから、本当に失礼な話なんですけれど中小企業というのは、たった月に1このカイゼンをずっとやっていくことすらもできない。

 たった月1カイゼンですよ?

 年に12こカイゼンするだけなのにできないんです。だから会社潰すわけですね。

 そうやって、よく知らずに会社を潰すくらいだったら、最初から起業前にもっと慎重に勉強して自分は起業家として向いているか向いていないかってそういう判断もしてね、自分は勤め人の方が向いているよな!とか、それで良いと思うんですよ。

 ですから、私は起業を奨めている方なんですけれど、ホリエモンさんのように誰もが起業するのはカンタンだっていうふうには、あんまり言いにくいので(笑)、起業難しいですよ〜、っていう感じのことも伝えておこうと思います。


 

2018年3月12日

カイゼン 戦略論 トップ営業 顧客償却 底辺 顧客選択 顧客 経営者 経営

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。